TOP > CATEGORY > 2-3 各種工事(上棟後)
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 引渡し 

2007年02月22日 ()
今日の9時の引渡し式をもって、正式にこの建物が私のモノとなります。
もうドキドキのワクワクです。
しかし、数日前から急ピッチで進めていた引越し作業(というか、必要なモノと不必要なモノに分ける分別作業)に思いのほか手間取り、私も嫁さんも寝たのが午前5時過ぎ。
「こんな大事な日だから、緊張で起きれるだろ」と思っていたのが間違いの元でした。
ベッドに入って・・・・ふと気付くと時計は8時半を指しています。
慌ててM田さんに電話を入れます。
「ごめんなさい、寝坊しました。9時15分くらいまでには到着します!」
電話の向こうのM田さん、明るく「大丈夫ですよ~。現地でお待ちしてますね~」と言ってくれましたが、きっと「またかよ・・・」と苦笑していたに違いありません。(汗)

急いで現地に向かい、到着したのは予定通り(!?)の9時15分。
到着してすぐに、リビングの隣の和室で引渡し式が始まりました。
東日本ハウスが用意したテーブルの上には白いクロスが敷かれ、物凄いふかふかの座布団も2枚用意されています。
その座布団の上に私と嫁さんが案内され、私から見て正面に営業のM田さん、その右手には我が家の設計を担当したA部課長が座り、左手には現場監督をしてくれた?俣さんが座りました。
テーブルの上には書類が置かれています。

「それでは、風神様邸の引渡し式を行います」と、M田さんの挨拶で引渡し式が始まりました。
「色々・・・・特に土地探しなどでの苦労もありましたが、無事に今日の日を迎えることが出来て、本当に嬉しいです。今後長いお付き合いになりますが、よろしくお願い致します。本日は本当におめでとうございました。」と、まずはM田さんが挨拶。
続いて設計のA部課長が挨拶をします。
「この家の設計にあたっては、風神さんや奥様からコンセプトが非常に明確に出されていたので、とてもやりやすかったです。私自身としても非常に満足のいく良い家になったと、自信を持って言うことができます。」とコメントを頂きました。
しかし、話はそれで終わらなかったのです。
「・・・・・あと、設備か何かの検索をパソコンでやっていた時に偶然なのですが・・・・・風神さんのブログを発見しまして・・・・。」

な、な、なんですと!?
A部課長がここを見ていたのですか!?
たしかに、アクセス解析で東日本ハウスのドメインがチラホラ見えていたのは知っていましたが「どうせ、東日本ハウスの本社の誰かが、ネット上の評判を気にして色々検索しているうちに辿り着いたんだろうなぁ」と思っていました。

「ブログ、写真も沢山あって判り易かったですし、文章を読んでいてもとても面白かったですよ。」と言ってはくれましたが、悪口まではいかなくても、思ったことや感じたことをツラツラと書き綴っていたので、正直、A部課長のこの話には額に汗が吹き出ました。
もっとも私自身、「○○さんが見ているから、文章の書き方を変えよう」というタイプではないので、記事の書き方や内容について左右される事は無かったでしょうけれどもね。(苦笑)

そして現場監督の?俣さんが最後に挨拶。
「おめでとうございます。色々なトラブルもありましたが、最後はこうやって何事も無く無事に引渡しが出来て非常に嬉しいです。今後長いお付き合いになりますが宜しくお願い致します。」とのコメントを頂きました。
?俣さんとは、まだ付き合いが浅かった頃は、営業のM田さんのスピードと?俣さんのスピードの差に違和感を覚え、正直「工事の担当者を変えてもらった方が良いのではないか」と思ったこともありましたが、打ち合わせの回数が増える毎に?俣さんの良さもどんどん見えてきて、結果としては?俣さんが現場監督で良かったと思っています。
ある意味、一番お世話になったのは、この?俣さんかもしれません。

挨拶がひと通り終わったところで、今度は書類の確認・捺印です。
資金関係の詳細が記された書類の説明を受け、返金時期とその金額の説明を受け、署名捺印。
あとは引渡し関係の書類数枚に署名捺印して、引渡し式は無事終了しました。

引渡し式が終了した後、設計のA部課長に「ブログ・・・・東日本ハウスのドメインで数人見に来ているようなのですが、他は誰なんでしょうかねぇ・・・?」と訊いてみたところ、「あ~、それはきっと”?俣さん”ですよ(笑)」と言われ、2度ビックリ!!
?俣さんにとっては辛い記事が多かったでしょうから、きっと心中穏やかでは無かったに違いありません。
しかし、私と直接会って打ち合わせをしていた時にも、そんな感じは全く見せていなかったので、まさかココを見ているなんて想像だにしていませんでした。

引渡し式が終わったあとは設備関係の説明を1時間半ほど受けて、無事引渡しは終了しました。

中古住宅探しから始まった我が家の家造りも、様々な障害やトラブルはありましたが、無事にひと段落つける事ができました。
残工事も残っていますが、これからは少しノンビリと構えてこの家と付き合っていこうと思います。

追伸
せっかくなので、施主としての私から、東日本ハウスの担当者さまへのメッセージを残しておきます。(笑)

M田さん
M田さんが居なければ、きっと我が家の建築計画は頓挫していたかもしれません。
特に土地探しや銀行融資関係では色々とご尽力いただいて本当に感謝しています。
今後もその熱意とスピードを武器に活躍してくれることを祈っています。
商品知識や提案力はもっとスキルアップした方が良いと思います。(笑)
あと平面図を使っての間取りの説明なんかする時に、もっとお客さんの想像力を書き立てるような手法を採られるともっと良いかと・・・・。(笑)


A部課長
素敵な家になりました。
光の採り入れ具合、風の流れなどをはじめ随所に工夫が見られ、とても満足しています。
腰壁の高さや天井の高さを生かしての空間取りなど、専門家でなければ絶対に思いつかない発想を沢山”魅せて”頂きました。
素晴らしい設計、本当にありがとうございました。

?俣さん
行き違いがあったりで、たぶん?俣さんから見ると「ウルサイ客だな」と思われていたかもしれません。
しかし、工事開始後の変更などにも非常に柔軟的に対応して頂いたり、特にガレージに関しては、一種異常とも言える私の注文に嫌な顔一つせずお付き合い頂いた事、本当に感謝しています。
我が家の工事、監督は?俣さんがベストだったんだなと思える仕事、ありがとうざいました。
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.22(Thu) 23:58] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(5) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

おめでとう御座います(^^) by Mちゃん
無事満足のいく家が出来て本当に良かったですね!(^^)

車庫もすっかり良くなったみたいで尚良しですね(^^)

ウチも早く完成しないかな~楽しみだ。

祝! by てつ
ご新築おめでとうございます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

家具配置後の写真もそのうち拝見できますか?







by 風神
>Mちゃん
ありがとうございます。
無事引渡しも終わり。ホッと一息・・・というところです。
Mちゃんとこも、随分工事が進んでいるようですね。
どんな家になっていくのか、我が家の建築と同じくらいワクワクドキドキで見守らせて頂きますよ~。

>てつさん
ありがとうございます。

家具配置後の写真もいくつか撮ってはいるのですが、仕事が超多忙につき、更新が遅れております。(汗)
キッチン編、リビング編・・・という感じで、近日中にアップする予定なので楽しみにしていてください。

・・・・・っていうか、直接見に来たら?(笑)

おめでとうございます! by COEL
完成&引渡しおめでとうございます。
風神さんこだわりのガレージハウス、感無量のことでしょう。
土間も直って、使うのが楽しみでしょうね。

引越し・片付け・手続きなど、またお忙しくなると思いますがお体に気をつけてくださいね。(私も引越し準備頑張ります(^_^;)

by 風神
>COELさん
色々な事がありましたが、おかげさまで無事に引越しも終わり、ようやっと一息つくことができました。
引越しと同時に、元々住んでいた家にあった不用品を廃棄したのですが、その数ダンボールで軽く20箱以上。
いかに不必要な品に埋もれて生活していたかが判りますよね(笑)
COELさんのところも引越しが近づいていますよね。
準備、大変でしょうが頑張って下さいね。

コメントを閉じる▲

リストマーク 引渡し前日 

2007年02月21日 ()
引渡しを明日に控え、室内ではあちこち手直しが入っています。

壁紙の修正
壁紙は一部剥がされ・・・・

壁紙とボイラー
ボイラーも一時的に外され、汚れのあった壁紙が全て剥ぎ取られています。

フローリングの修正道具
更に、フローリングの傷やヘコミはこんな道具を使って修復が行われていました。
ちょっとビックリしたのは、フローリングを修繕していた職人さんが女性だったことです。
こういう細かい作業は、もしかしたら女性の方が向いているのかもしれませんね。
修正された箇所を目を皿のようにして見ても、その痕跡すら残っていません。

玄関土間
これは玄関の土間ですね。
階段下に框が付けられ、そこに鏡面の御影石が貼られました。
イイ感じです。

ガレージ土間
そして、完全にやり直ししてもらったガレージの土間。
すっかり生まれ変わっています。
コテを使っての仕上げも非常に丁寧にされていますし、スリットの感じもとても良さそうです。
ガレージに関しては細々とトラブルを抱えましたが、最終的には思った通りの施工をして頂けた事、非常に嬉しく思います。
まぁ、最初からトラブルが無ければもっと良かったとも言いますが・・・。(笑)
東日本ハウスとしては、最もコストが掛かるはずの「完全打ち直し」での対応となった訳ですから、現場監督の?俣さんや営業のM田さんあたりは上司に怒られたんじゃないかなぁ・・・。

何万点という材料を、何人もの人が来て組み上げたり造ったりする訳ですから、当然行き違いやミスも付き物だと思います。
ただ、そのミスや行き違い、クレームなどをどう対処するかで、そのハウスメーカーの姿勢が受け取れると思いますが、今回の東日本ハウスの対応は結果として非常に満足いくモノでした。

さて、明日はいよいよ引渡し。
多分、私の人生に於いて最初で最後のイベントです。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.21(Wed) 23:24] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 瑕疵のチェック 

2007年02月18日 ()
現場監督の?俣さんが、瑕疵のチェックをするという事だったので、ベッタリと貼り付いて見学させて頂きました。(笑)

モップでひと通り掃除した後に、フローリングや壁紙を中心に汚れや傷などが無いかを探して、問題がある箇所が見つかると、青いテープをペタペタと貼り付けていきます。
私も4~5箇所は見つけていたのですが、?俣さん、流石にプロですね、私が気付かなかった所もドンドン発見してペタペタと貼っていきます。 青テープ


青テープ

それと同時に、息子の新たな能力も発見しました。
?俣さんが気付かなかった、床の僅かなヘコミと和室の吊り押入れの下側の壁紙の汚れを発見したのです!
どちらかというと、普段はボケーっとしたタイプの息子なので、そんな注意力が彼に備わっているとは思いも寄りませんでした。
探し物は不得意なハズで、いつもそれで嫁さんに叱られているのにねぇ・・・。
アラ探しだけは得意なのでしょうか。(私に似たのかな?^^;)

しかし、一見キレイに見えても意外と汚れや傷ってあるんですね。
気が付けばあちこち青いテープがだらけになっています。(苦笑)
これを全部修正してから引渡しに臨むそうです。

修正といえば、コレも修正(塗りなおし)されていました。
寝室のパソコンカウンターなのですが、以前は中段と上段のカウンターの塗装色が木の肌の関係もあってか若干茶色掛かった感じに見えていて、1番下の引き出し式のカウンターと比べると、色も質感も違っていたのですが・・・・
~Before~
寝室・パソコンカウンター

~After~
寝室・パソコンカウンター

上下の写真を見比べていただくと判ると思うのですが、明らかに引き出しカウンターの色に酷似して塗ってあります。
近づいて見てみると、思わず「ほぉーっ」と溜息を漏らすほどの仕上がりです。
これが腕の差っていうヤツですよね。

修正の話とは違うのですが、今日、こんなモノが取り付けられているのを見てビックリしました。
それはキッチン廻りをチェックしていた時に発見しました。
キッチン・湯沸しスイッチ
こんなところにモニターやインターホンの類を付けた記憶は全くありません。

よくよく見てみると・・・
キッチン・湯沸しスイッチ(拡大)
「お話し」?「ふろ自動」??
実はコレ、2階のキッチンから遠隔操作で1階の風呂のお湯張りなどを操作したり、モニターを通して通話が出来るらしいです。
スゲーっ!!
ちなみに現場監督であるはずの?俣さんに「コレ、何?」と聞いた時に「いや、実はコレ・・・あまりやったこと無いので・・・・・・スイマセン、勉強不足なんです(汗)」と返答に困っていました。
まぁ、引渡しの時点ではしっかりとした説明がもらえることを期待しています。(笑)

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.18(Sun) 23:04] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

こんにちは~ by Mちゃん
そういえば今日は土間コン打つ日ですね~。

今回はもうばっちりだったんじゃないですか?

この調子でいけば土間の塗装以外は全て引渡しまでに終わるんじゃないですか?(^^)

by 風神
>Mちゃん
そうです!今日が土間コン打つ日だったのです!
詳しくは記事の中でお伝えしようと思いますが、終始かなーり丁寧な作業をしてくれたようです。

引渡し後の残工事としては、犬走りの施工と玄関前のポーチの石貼り、基礎立ち上がり部分外側のモルタル塗りが予定されていますが、まぁ雪が解けるまでしばらくの辛抱の様です。(笑)

コメントを閉じる▲

リストマーク 床の養生が外されました 

2007年02月16日 ()
午前中に?俣さんが現場に来てくれるというので、仕事が休みの嫁さんを連れて行ってきました。

玄関に入ってすぐに気付いた変化は、コレです。
造作階段
イナズマ型の造作階段に塗装が施され、踏み板も付けられていました。
階段の下には白い玉砂利を敷いて、何かの照明をチョコンと置こうかと思っています。
当初はH鋼をベースにして造ってもらうことになっていたのですが、住宅関係の雑誌を捲っていた時に、こんな感じの階段を付けているお宅を見つけ、こちらに変更しました。

そして、床一面に貼られていた養生が外され、黒いフローリング材が姿を現しました。

寝室
寝室はこんな感じに。


リビング
リビング。いつもの角度からの撮影です。

リビング
これもリビングですが、この角度からの撮影は久しぶりかも。(笑)
こうやって養生が外されると、「建築現場」という雰囲気は全く影を潜め、完全に「住宅」という感じがするから不思議なモノです。

和室・照明
和室の照明です。
コレを見た瞬間、嫁が思わず声をあげました。

「・・・・・・・でかっ!!!」

この照明はデカイからイイのだよ。
しかしカタログで見る限りは、ここまで大きいと思わないのが普通かもしれません。
サイズの表記があっても、それを見て即座に大きさを想像するのもなかなか出来ないですしね。

そして問題のガレージですが、水曜日から土間のやり直し工事が始まる予定でしたが、予定がズレて明日から土間の撤去作業が始まるそうです。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.16(Fri) 23:09] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by COEL
うわ~かっこいい!
白と黒のコントラストが素敵ですね。
新しく購入した家具もバッチリ合いそう。

by 風神
>COELさん

ありがとうございます。
白黒の家なので、イメージ的に冷たい感じがしなくもないですが・・・(苦笑)

家具、上手く合いそうですかね?
家具の選考にあたっては、その殆んどが私の最終判断で選んだモノ(当然嫁さんの意見も重視していますが)ですから、「ホントにこれで大丈夫なのか?」と結構ドキドキしているんですよ。
カーテンと照明を選ぶ時はコーディネーターさんが居たので割りと安心して選べましたが、壁紙や建具、床、そして家具は完全に私達の好みとセンスで選んだので、もしもマッチングが悪くても誰にも文句を言うことができません・・・。
合わないからといってポンポンと買い換えるだけの財力もありませんしね。(^^;)

コメントを閉じる▲

リストマーク 現場にて 

2007年02月12日 ()
午前中、営業のM田さんから「?俣さんが、今日現場で打ち合わせすると思いますよ~」携帯に連絡がありました。
多分ガレージに関しての事についての打ち合わせでしょうし、ここ2~3日現場に行っていなかったので、私達も行くことにしました。

現場に着いてみると、?俣さんと塗装屋さん(前回の職人さんではなく、そこの社長さん)が車の中で昼食を摂っている最中でした。
軽く挨拶を交わし、差し入れの缶コーヒーを手渡してから早速中へ侵入です。
とは言っても、内装や設備の搬入は大方終わっていますので、殆んど変化は無いはずですが・・・。

1階部分での新たな変化は、寝室のパソコンカウンター。
寝室・パソコンカウンター
下側のカウンターの下に、スライド式のカウンターが追加されました。
スライド式の方は化粧板仕上げなので、木目が目立つ中段と上段のカウンターと色や質感が多少違うのが少し気になりますが、まぁ問題無しでしょう。
ここは嫁さんのパソコンスペースとして活躍することになります。

続いて洗面所。
「どこも変わったところが無いなぁ~」と思いながら洗面所を出ようとした瞬間、頭上に見慣れない大きな箱が!
謎の箱
何なんだ?これは一体!
好奇心を押さえられずに、その箱に手を掛け空けて見ると・・・・・

その箱の正体はブレーカーBOXでした。(笑)
謎の箱の正体(ブレーカーボックス)
最近のブレーカーって、こんな風にボックスに納められているんですねぇ。

あとはスケルトン階段に踏み板が付けられていた位で、他に大きな変化はありませんでした。
そして、ここで昼食を終えた?俣さんが合流。

続いて2階です。
和室に大きな変化がありました。

まず床の養生シートが一部剥がされ、畳を貼る準備が進んでいました。
和室・床
?俣さんから「ここに置く畳の色なんですけど、本当に黄色っぽい感じのと緑っぽい感じのモノの組み合わせで良いんですか?」と聞かれましたが、イイんです、敢えての2色遣いなんですから。
「どうしても変だったら、2枚買い足して貼りますから・・・」と伝えると、何だかホッとしていました。
変じゃない(むしろカッコイイ)と思うんですがねぇ。

吊押入れの下にはヨシズが貼られていました。
和室・ヨシズ
畳を敷いただけでは「和」の要素が薄いと思われたので、ヨシズを貼りました。
幅木がちょっと邪魔なのが気になりますが、まぁイイんじゃないですかね?
(どなたか、「幅木のところをこんな風にするとイイかも・・・」ってアイディアがあれば教えて下さい)

和室の天井は、グリッド天井です。
和室・グリッド天井
写真中央のブタの尻尾みたいなところ(笑)からは、こんな照明が吊り下げられます。

そして待望のパーテーションが遂に取り付けが完了し、その姿を現しました!
和室・パーテーション
明かりも入ってきます。
アクリルパネルの向こう側がちょっと透けて見えるので、昔よくTVのワイドショーなんかでやってた「最初は優しかったんですけどぉ~、だんだん暴力を振るう様になってぇ~・・・」(音声は変えてあります)みたいな雰囲気になっています。(笑)
このパーテーションを引くと、リビングは完全に「モダン系」になりますし、パーテーションを開けるとリビングと和室を合わせて「和の雰囲気を持ち合わせた空間」になるので、かなり満足しています。

また、以前ここの記事にも書いた「塗装仕上げ部分の塗り方が雑」というクレームを受け、その職人さんの会社の社長さんが、休日にも関わらず現場で手直し作業をしてくれていました。
リビングの表し梁や腰壁や階段の笠木など、ありとあらゆる所をチェックし、社長自身が気になったところ全てを手直ししてくれているようでした。
その仕上がりは・・・・・・・「素晴らしい」の一言です。
最初から社長が塗ってくれれば良かったのに・・・。

そして、気になるガレージのこと。
?俣さんとの今日の打ち合わせで、
・ガレージ土間の全面をやり直す事で正式に決定。
・方法は鉄筋が出るまでハツって、そこにコンクリートを打ち直し。
・塗装に関しては、ジェットヒーターによる強制乾燥よりも、自然乾燥のほうが仕上がりが良いので、雪が解けて気温が上がってからの時期に施工する。
・今週の水曜日から土間のやり直し工事を開始。

というのが決まりました。
皆様、色々とご心配をおかけしました。

残工事が出てしまいますが、納得行く施工をして戴けるならば焦らず待ちますよ~。


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.12(Mon) 22:50] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 設備搬入の続き 

2007年02月07日 ()
昨日の続きです。

洗面所には洗面化粧台、電気温水器、暖房用の電気ボイラーが設置されていました。

まずは洗面化粧台。ピアラDSの間口750mm引出タイプです。
ピアラDS
洗面化粧台のピアラにはピアラとピアラDSがあります。
ボウルのデザインや機能などは基本的には変わり無いのですが、色の選択幅やキャビネットのデザインやパネルの仕上げなどはピアラの方が優れています。
ただピアラとピアラDSでは、例えば同じ間口750mm 扉タイプで比較すると価格差が定価で7万近くあります。
”魅せる洗面化粧台”を目指してはいないので、ここは価格差を考えピアラDSを選択しました。
アレもコレもカッコイイのを!!と選んでいくと際限無く予算が掛かっていきますから、妥協するところは妥協しなくちゃ・・・です。

電気温水器ですね。
電気温水器
日立のセミオート460ℓタイプです。
予想通り結構な圧迫感があります。薄壁などでコレを隠してしまったり、全く別の場所に設置してしまう方も多いと思いますが、他に適当な場所も無かったので洗面所に置くことになりました。
ただ、あまり格好は良くありませんから、パーテーションか何かで隠す予定でいます。

次はトイレです。
商品名はINAXのPitaのP2タイプです。
pita
本当はサティスなどのタンクレストイレを希望したのですが、トイレ自体も高いですし、別に手洗いを設置したりするコストを考えると見送らざるを得ませんでした。
トイレは普通のタンク付きで行こうかと思っていた矢先、友人からINAXの住宅設備総合カタログ(全部で1052ページもあります)を頂き、その中にPitaを発見!
実際はタンク付きなのに、後ろのキャビネットにタンクが隠れている為にタンクレスに見えるという点を高く評価し(笑)迷わず採用しました。

そして玄関には御影石が貼られました。
玄関・御影石
施工直後なのでまだ汚れています。
清掃が終わった後がとても楽しみです。

嫁さん待望のスケルトン階段も付けられていました。
スケルトン階段
踏み板もまだ付いていませんし、塗装もされていません。出来上がりが楽しみです。

足場が外れて数日経ちますが、悪天候の為に撮影を断念していた外観部分の写真も、天候に恵まれた今日、撮影に成功しましたのでアップしておきます。(笑)
外観
デザイン的には全く変わった所の無い四角~い家です。
それぞれ好みはあると思いますが、シンプルな外観が好きなので満足しています。

・・・・・・・が、破風板はやっぱり白の方が良かったような気が・・・・・・。

破風板の色を選ぶ時に私と嫁さん、そしてM田さんの3人で色々話し合ったのですが、嫁さんとM田さんはグレーを推し、私は白を推したのですが、結局多数決でグレーを採用することになったのでした。
(設計のA部課長は白かシルバーを・・・と言っていたのですがねぇ)
嫁さんは「グレーでイイ感じだけどなぁ」と言っていますし、今更変更できる部分では無いので、まぁ良しとしま・・・・す。(苦笑)


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.07(Wed) 22:44] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by COEL
外観、かっこいいですね~!
奥様と同じで私もグレーの破風、良いと思いますよ。
階段も素敵ですね。出来上がりが楽しみ。

INAXにこんなトイレがあったなんて、初めて見ました。
タンクレスに見えますね~。

by 風神
>COELさん

あら、これで破風の色の多数決は3対1になっちゃいますね(笑)

階段は、当初普通のH鋼で作る予定だったのですが、私が雑誌を切り抜き「こんな風にしてください」と、勝手に変更したんです。
嫁さんには事後報告はしましたけどね。(^^;)

トイレは標準のモノから差額が+7万8000円だったのですが、タンクレス+手洗いを別に付けるよりは遥かに金額が安いので即採用しました。
あくまで”タンクレス「風」”ですけどね。(苦笑)
このトイレを選ぶきっかけになったカタログをくれたのは、実はコメントで色々アドバイスくれている本職Zさんです。
彼がカタログをくれなかったら、このトイレの存在なんて全く気付いていなかったでしょうね。
影の功労者です。

コメントを閉じる▲

リストマーク 設備搬入とガレージの修正 

2007年02月06日 ()
今日は随分と現場が賑やかでした。
到着してみると、4台のワゴン車が所狭しと停まっています。
設備屋さん、クロス屋さん、そして左官屋さんが家の内外で忙しそうに動き回っています。

まずは1番気になっているガレージへ。
ガレージ・土間修正
職人さんが2人、モルタルを塗っています。
これでキレイになってくれるんですね!

・・・・・と思いながら良く見てみると

あれ?
ガレージ・土間修正
何だか少し変です。
溝の幅は2?にしているはずなんですが・・・・・・。軽く5?以上ありませんか?

そこで、左官屋さんに声を掛けてみました。
「あの・・・・ここの溝、幅はこれで・・・・・?」
「はい、2?詰めてくれって言われていますよ!」
「いや、その・・・・2?詰めるんじゃなくて、2?の幅にしてくれってお願いしていたんですけどね」
「ええッ?いや、参ったなぁ」

・・・・・・・・・参ったのは私です。
ガレージの事はどうしてこうも上手く話が(工事も)進まないのでしょう。

ついでにこんな質問もしてみました。
「モルタルで修正して、強度とかって大丈夫なモンですかねぇ?」
返ってきた答えは、
「いや、コンクリよりは弱いよ。欠けるかもしれんし・・・」でした。
「ちなみに目地をもっと細く(2?に)したら、この状態よりも欠けやヒビが入りやすくなりますか?」
と聞いたところ、
「そうだね、ヒビは入りやすくなるだろうな」と。

ちょっと待ってください!
?俣さんには「コンクリートにヒビが入る事が多いのは知っていますけど、修正した部分だけ集中してヒビや欠けが発生するような事は無いでしょうね?」と聞いた時に「大丈夫です。きちんとした形で1番良い方法で修正しますから」と言われたんですよ?
明日以降どのような形で進むのか、少しの間だけ様子を見させてもらって、納得いかなければちょっと揉めそうな予感がします。
この辺り、有識者の方がご覧になっていらっしゃいましたら、アドバイス含めご意見を頂ければ・・・と思います。

ちなみに、ガレージにもクロスが貼られはじめました。
ガレージ・クロス
ガレージにもクロス貼るんです。
「えー?車庫に壁紙貼るの~?!」なんて声も聞こえてきそうですが、
イイんです、私の部屋なんですから。

今度は中の進み具合を見ようと、玄関に向かいました。
ふと見てみると、玄関土間に貼られる御影石が置いてありました。
玄関・御影石
鏡面仕上げとバーナー仕上げの2種類が施工される事になっています。
なかなかイイ感じになりそうな予感です。

そして玄関に入ると玄関ホールの壁に錆石が貼り終えられていました。
玄関・錆石
スケルトン階段の下に玉砂利を敷く予定なので、それと合わせて「何となく和っぽい?」という感じになるのを目指しました。

そしてリビングとダイニングの間には大理石が貼り終えられていました。
リビング・大理石
イメージでは「もうちょっと白っぽい石」だったのですが、これはこれでイイ感じなので問題はありません。

リビングからダイニング・キッチンを見るとこんな感じで仕上がりました。
ダイニング・キッチン
照明も付けられ、本当にもう完成間近という感じがします。

他は着々と進んでいるのに、どうしてガレージだけがいつもいつも・・・・。(涙)

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.06(Tue) 22:40] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(10) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

完成まであと一息? by den
あえてここに。

気にかけてくださって有難う御座います。全く以って元気なのであります。「転ぶな、打つな、力入れるな」は変わりませんけどw心配してくださって頂いたことが今となってはなんだか恐縮ですw

家一軒新築する際の延べ人数は軽く100人なんぞはは越えてしまいます。建物そのものに対してだけでもです。

その他、ご承知のとおりのメーカー営業さん、内勤の皆さん、各設計さんなどなど・・・・

少なからずともこの人達の「思い入れ」ってあると思いますね。 引渡し後に風神家の前を通りすがったこの人たちは間違いなく「ここ。俺がやった家」って言いますから(笑)


ところで、ダイニング。非常にお洒落なペンダントが下がってますが、このペンダントの「コード」上部フランジ部に800mmまで収納可能なのはご存知ですか?電気屋さんは天井からの下がりを指定してあげないと恐らくこのように縛って終わりだと思います。 お客さんの身長などによって見え方、明るさの感覚って結構人其々なんで。

自分で3台揃えて下げるのって結構面倒です。

お願いしてみては?

ちょっと、余計な一言でした~(にしては、長いww)



本職Z氏のPCにちょっと先日仕込んでおきましたww
と言った事出来るほどのPCのスキル勿論はないです。 ベニちゃんのとこから飛んできたんです~~~   

う~ん by Mちゃん
HMだけでなく工務店でもどこでもどうしてもイレギュラーな事に弱いんですよね~。(^^;)

通常やらないことをやるときは図面にしっかりがっちりどの職人さんが見ても分かるように書くとか、絵に描くとかしないとどうしてもミスは出やすいんですよね。。。

いや~でもここからどう対処していいのかは私にもよく分からないですね~。(;^_^A すみません。


ちなみにざっと読みましたが15cmの幅が5cmにどうやってしたのかよく分からなかったのですが、、、どこかの記事にありましたか?

by 風神
>denさん

流石は電気屋さん、見ているところが違いますね。
収納可能なのは知っていましたが、正直舐めてかかっていました。
「ま、簡単だろ・・・」と。
明日にでも現場監督に話してみようと思います。
その前に吊り下げの位置(高さ)を決めなくちゃ・・・ですね。


>Mちゃん
そうなんですよね。
本当は最初から図面に幅何?で深さ何?メートルときっちり入れて貰っていれば良かったのですが、「それは後からでも良いですよ」と営業に言われ、正確には車庫土間にコンクリートを流す3日前に指示を出したんです。(汗)
その後の伝達が上手く行かなかったようで、現場に「幅2?深さ2?」と伝わったのは既にコンクリートを流し込んで数時間後の事でした。

15cmの幅を5?に・・・・というのは、リビング天井の表し梁の事でしょうか?もしもその件でしたら12月20日~21日の記事で問題提起、12月23日の記事で問題解決として書いてあります。

ガレージのスリットの事であれば上記と重複しますが、
図面上は指定無し→現場監督に2?と指定→指示が来ていない現場では、図面を見た”感覚”でとりあえず10?幅で施工→施工の数時間後に現場監督から2?幅で指示が届いた。
こんな感じで推移しています。
ただ、不思議に思ったのは数値指定されていないスリットであれば、普通は現場監督にどうするのかを確認してから施工するのでは?と思うのですが、いかがなものでしょう。

by 本職Z
うむぅ。この見た目で5cm超の巾を2cmにモルタルでやるって事ですよね。

多分剥がれます。
これは、理屈だとか、設計値だとか言うより、経験で言えば間違いなく剥がれます。

セメントは骨材が無いに等しい上、筋も入らないのでポロっと剥がれます。(この隙間では)特にタイヤが乗るであろう方向には間違い無く。。また、コンクリ(筋入り)とセメントでは固さが違うので、収縮のしわ寄せがセメント側にクラックで現れます。


この状態から、どうやって思う方向と仕上がりを詰めるかが難しいですが、後でクラックが入っても「味」と割り切ることが出来るのであれば。

1)骨材の代わりという意味でセメントに、自然石やストーンネットを使い(五色でいいと思います)ノロで仕上げる。
こうすれば、巾もアクセント巾として利用できますし、そのかわり厚み(深さ)を1cm程度に抑えれば見た目はグッド
になると思います。ただ塗りを入れるんでしたよね確か。。
この石を入れると、押された圧力が石が微妙に吸収したり、割れたりするので、ほぼ分からんと思います。
塗りももし、クリアがあればそれで逃げるとすれば、OKだと思います。

2)このままモルタルでやるとなると、ご希望のスリットを生かすなら、V字で溝付けてやる方法をお勧めします。
どのくらいの深さでどのくらいってのは、断言できませんが、2cmの直角三角形位でいいと思うので、塀の上角に使う面木つかってくれや?とか言うといいかもしれません。

こうすると横からの圧力が微妙に逃げますのでCチャン状に溝付けるよりは効果的です。

ただし保証の限りではありません。

もしも俺ならですが、呼び18-24位のコンクリで一発仕上げで天板をパネコート(ツルツルのコンパネ)乗せて、このパネコートに面木くっつけてスリット入れます。
それをノロで平滑処理してからプライマー処理して塗装します。。

無論レベルの調整が非常に難しいのでそういうリスクは出ると説明の上、金額もそれなりに。と説明の上ですが。。

もし可能であれば、塗装は、最低気温が10度位になるまで待った方が無難です。地熱の関係でかなり冷えますんで。。

また、コレも余談ですが。剥がれたタイルは、恐らく「ハリマセン7000」とかそういう乾式タイル専用ボンドだと思うので、様子見ておいた方がいいです。どしても寒いと付が悪いので。ついてしまえば強力に付きます。
また、斜めにボンドを打ったか確認してみて下さい。この方式のタイルは、タイルの裏(鋼板)に水を流す方式なので、縦か斜めにボンドを流すが鉄則(要するに水を下に逃がす為)。

良くタイルが落ちる(年数たった場合)のは、横引きでボンド打ってる場合です。

完成間近で、こういう事を言うのはどうか?とも思ったのですが何しろここを見つけたのが最近なんでご勘弁を。
また、横にボンドはった職人に「帰れボケ」と言った事があるので老婆心ながら。



by 本職Z
続き。
思い出したんですが。。もし、そのその巾が10cmあるなら、思い切って。

通称ロード民地を入れるというのも手です。
深さも10cm位いるんですが。。

これは民地石でロードヒーティングの融雪水を受け止めるために作られた民地石です。緩い窪み断面を持ってます。

団地民地(薄)を入れて、両側をスリットとして見るとかも可能かなぁ。。
エンジンカッター使えば薄くは出来ると思うし。

by 風神
>本職Zさん

細かなアドバイス、色々とありがとうございます!
明日にでも現場監督と話をして、また、できれば現場で施工される左官屋さんからのアドバイスも可能であれば頂きながら、HMと私にとって最善の妥協点を見つけたいと思います。
ガレージのスリット幅や深さも「2?」に拘るのを止めて、出てくるであろういくつかの可能な方法の中で、考え直す必要もありそうですね。

こんにちは~ by Mちゃん
私が間違えて土間の10cm->2cmの事を言ってました。

でも本職さんのアドバイスも先方に伝えて現場監督に相談するのが良さそうですね~。

さすが本職の人は凄いですね~(^^;)
凄すぎてもう私の口挟む余地も無いです。(笑)

納得のいく方法が見つかればいいですね~。(^^)

by 風神
>Mちゃん

色々心配して頂いて、ありがとうございます。
今日、営業と現場監督の両方と連絡を取り話をしましたが、良い方向で進みそうな感じです。
詳しくは本日の記事に書いてみようと思います。

Mちゃんのブログの「住宅業界はいい加減か!?」シリーズ、読めば読むほど痛く心に染み渡ります。
今後、家の建築を考えている方は必読だと、個人的に思っています。
デリケートな話題なので、話題を進めるのも大変でしょうが、頑張ってくださいね。

by やす
風神さん、どうも~。

ガレージに壁紙、うちと一緒ですね♪
良いじゃないですか、自分の城なんですからっ!

色々あるようですが、やり直しでご希望通りの「城」が出来上がる事を祈ってますよ。

by 風神
やすさん、こんばんは~。

ガレージに壁紙貼ったと言うと、大抵の人は「え?だってガレージでしょ?」と驚きを隠しません。
やすさんも同じような体験されているんじゃないですか?
やはり一般的には、ガレージ=車庫=物置?というイメージが離れないようです。

整備などでハードに使うなら、合板仕上げやサイディング仕上げで行くのが正統なんでしょうけどね。(苦笑)

コメントを閉じる▲

リストマーク 壁紙が貼られました 

2007年02月04日 ()
昨日はプラス4℃という、2月の札幌としては絶対考えられない暖かさだったのですが、今日は一転してマイナス4℃で吹雪模様。 最近の気候、少し変ですよね。
一昨日「足場が外れていたよ~」と嫁さんから報告を受けていたので、家の外観を撮影してココにアップしようと思っていたのですが、ホワイトアウトに近い猛吹雪の為、撮影を断念しました。(涙)

5日ぶりに訪ねた現場は、ガレージ以外の居室部分のクロスがほとんど貼り終えられ、
すっかり部屋らしくなっていました。

寝室には、こんな機械がありました。
壁紙の機械
この機械でカットしながら同時に糊付けするので、きれいに仕上がり、時間も短縮できるそうです。
機械の後ろの壁部分にシナ合板が貼り付けられていますが、クリア塗装をかけた為、以前の白い肌が褐色になっています。
色が濃くなるのは当たり前に判ってはいたのですが、こうやって改めて見比べてみると塗装前の方がカッコ良かったような気が・・・・・・・。

寝室の壁は塗り壁風のモノを採用しました。
ホンモノの塗り壁には敵いませんが、それなりの雰囲気は出ています。
寝室・壁紙
汚れても拭き取れるのがメリットでしょうか。(笑)
珪藻土の塗り壁には憧れますが、それに予算を廻せませんでした。

寝室の天井ですが、通常の高さのところは白で、低くなっているところはグレーっぽい感じで。
寝室・天井
壁紙を選んだ時は、もう少し濃いグレーのイメージだったのですが、
意外と色が散るようで薄く見えます。

トイレはこんな感じです。
トイレ・壁紙
この写真で見るより、実際はもっとスッキリとした感じです。思ったよりもイイ感じでかなり満足です!

そしてトイレの床はこんな感じで仕上がりました。
トイレ・床
パッと見ると「おぉ?大理石?」と思いますが、実際は大理石風のクッションフロアです。
当初私が「ここ(トイレ)の床はタイルで!」と希望したところ、M田さんから「汚れる部分でもあるので、タイルも大理石も止めた方が良いです」と言われ、悔しさの余り大理石風クッションフロアを採用した経緯があります。(笑)

続いて2階です。
スリットを入れてもらった腰壁は、こんな風に仕上がりました。
2階腰壁
腰壁の右上にある穴は、2階ホールのダウンライトのスイッチが付けられる事になっています。
怖がりの娘や寝呆ける息子が、夜中にトイレに行く時の事を考えてここに設置しました。

そしてリビングの天井はこんな感じになりました。
リビング・天井
アクセントとしては充分以上に存在感があります。イイ感じではないでしょうか。

子ども部屋の天井は、子ども達2人の強い強い希望があったため、こんな感じになりました。(苦笑)
子ども部屋・天井
明るい時は青空、暗くなると星が光るという仕様です。写真では雲がオレンジっぽくなっていますが、実際はちゃんと白い雲です。(笑)
私個人としてはリビングなどと同じ色にしたかったのですが、多数決の結果3対1で私の負け。
まぁ、家族以外の目に触れることも少ないでしょうし、あと5年もしたら「お父さん、天井のクロス違うのにして~」と言ってくるでしょうから、取りあえずこれでOKなのかもしれません。
娘なんかは、新しい家に移る事自体よりも、自分の部屋の天井にお星様が見えることを1番の楽しみにしているようですしね。

ただ今回、写真を撮りながらあちこちチェックしたのですが、塗装仕上げしてもらったところの殆どが、仕上げが非常に荒いです。
塗り斑があったり、あちこちに気泡が入っていたり、木クズが付いたままの状態で塗られているところも・・・・・・。
?俣さんに電話を入れ、塗装部分全てを確認して頂いた上で、塗装のやり直しをして欲しい旨の連絡をしました。
ついでに「ガレージの床塗装には、この職人さんを使わないで欲しい」とも。
特にガレージの吊り棚はまるで”かりん糖”みたいな感じになっています。
申し訳無いですが、プロの仕事には見えませんよ?

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.04(Sun) 18:20] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(8) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 本職Z
お元気?
何かしらいいアイディアはないべか?と市内近郊限定でWeb検索してたら、見つけた。

「いい」

俺様の考えでは施主が良く分からんのに色々言うとロクな目にあわんというのがあるが、文面見ると、そこらは流石に良く分かってる。こだわる男だからなぁ(笑)

これね、全体公開した方がいいよ。

「あぁ俺って浅はか」って分かる人多いと思うよ。夢が広がリングで色々言う人に、なるほどここまでやらんと駄目かと現実を伝えるのに最適。

余談なんだが。。
トステムで出した玄関前とか窓上とかに付けるガラスのシェードってのか屋根ってのがかなりかっこいい。出幅300位の奴。付けられるか付けられないかは分からんけど、乾式タイル壁なら、躯体しっかりして間柱強いはずだから付くよ。

「超かっこいいよ」
「まだ札幌いないよ」
「白だとウルトラかっこいいよ」

見たところ、もう少しで完成ですね。春も早そうで楽しみです。

by 風神
これはこれは本職Zさん、よくぞ来てくれました!

本当は建てる前に色々勉強したり研究したりするべきなのでしょうが、つい勢いで「建てちゃうっ!」って所からのスタートだったので、不勉強なところが祟っています。

私としては、Zさんのようなプロが身近にいるので、”何かあってどうにもなりそうもない事”が発生したら、お力を拝借しようと・・・・。(笑)

色々拘りたいところも沢山あるのですが、何せ知識が乏しいものですから、色んな方のブログやサイトで勉強させてもらっている次第です。
あちこち読ませてもらっていると「ここまで拘るのかっ!」というような方も沢山居て、ホント面白いです。

我が家の建築もいよいよ最終ラウンド。
ただ「外構」という強敵がこの後に控えていますから、色々アドバイスとか貰えれば助かります。

追伸
トステムのガラスシェード・・・・なまらカッコイイっすね。
あ、歩道縁石の切り下げ・・・・・・・・。

余談 by 本職Z
余談しか話しない私ですが。(W

レンジフード横ってのか黒ってのが気になってるみたいですね。

まだ、キッチンのバックパネルを貼っていないなら、
横の見える部分だけ、本体の脱着部に合わせて(通じるかなぁ)貼ってもらうと結構イカシますよ。

耐熱パネルなんで、別にフードに貼ってもなんら問題ないです。

てか、どうにもならん家にこれ貼って(余ったやつ)かなり喜んでいたんで。

ふき取りも簡単だし。(W

是非。

ついでに by 本職Z
取り合いの部分、継ぎ目、小口は、アルミの平板10mm巾でマスクしてくれや。

というとプロっぽいです。


しつこい処が俺。 by 本職Z
そういえば、表札なやんでましたよ?

今、今年の8月にやる予定の物件の絵図考えてるんだけど。

unisonって会社のSIGNシリーズの
「プリエサインスティック」
「プリエサインシルエット」

っていう2種類かっこええよ。

多分気に入ると思うから、是非見つけてみて。

本職Zさん by 風神
今日の午前中に現場には行ってきたのですが、キッチンパネルが貼られているかは確認してません。
早速明日行って確認してみますね。
「取り合いの部分、継ぎ目、小口は、アルミの平板10mm巾でマスクしてくれや。」なんて私が言ったら、きっと皆が何かが降臨していると、ビックリするに違いありません。(笑)
ちなみにこれって、後からでも出来るモノなんですかねぇ。

ユニソンのサイト、今さっき覗いてきました。
スッキリした印象でカッコいいですね。
ところが・・・・・実は、一昨日に発注を掛けてしまったのです。(汗)
せっかく教えてもらったのにスミマセン。
ってか立水栓の「水凛」、これカッコ良くないですか?

by 本職Z
というか、何故denちゃんもほぼ同時に発見したのかが不思議。<俺の計算機にスパイとかいれてんのか?(w
あるいは、職人ベクトルが合ってるのか。。

まぁそれはいいとして。

バックパネル入れる時に設備屋さんに相談してみて下さい。現物、お茶、ビールとか握らせる(笑)とやってくれます。(その辺は営業さんですから、意味合いは分かりますよね?)
後から(バックパネル貼ったあと)やると、パネルそのものが高い(1枚サブロク板で定価2万位)ので、上手に余った端材を使わせてもらうといいです。

そうかぁ、残念だなぁ。かなりイケテルと思ったデザインだったんでご紹介したまで。と、いう事は俺が今頼まれてる家に使うと札幌初になるので、逆に。。。(笑

水凛。デザインはいいんですが、こういう水関係で仮に外で使う場合は、凍結地である事を考慮しないと駄目です。
見たところ水抜きが無いので、この立て部で凍ってしまいます。。

凍結地域の場合、こういう面倒なことを考慮しないと必ず面倒がそれこそ来るので、外に触れている部分の構造物は必ず考えないとならんのが、面倒なんです。。。

いいデザインでも使えない。これ結構悩みます。

散水用の立て水栓で、札幌お勧めって現実的には無いと思った方がいいと思います。(デザイン重視では)
仮に誰かがこの水凛が出来ると言っても、

「俺なら後々がおっかなくて出来ない」です。

んでは。これから極小キッチンの交換(しかもボルドーレッドとホワイトのツートン仕様で世帯主が70歳ってどうなのよこれ?)に行ってきます。(笑
薦めたのは俺だが、まさかこれにするとは。。。
マンション改装なんで引出タイプ使えないのが腹立つけど。まぁ仕方ない。



by 風神
現場行ってきました。
バックパネル・・・・貼り終わっていました。
しかも、今日は玄関土間の石貼りをしている職人さんしかいませんでした。
ちょっと難しい状況にかも・・・です。

私のような素人だと、どうしても「お!これカッコイイ!」とかってデザイン優先でモノを見てしまいますよね。
施工の際のリスクや施工後のリスクも教えてくれると、「あー、この人ってプロだな」って感じます。

っていうか、ボルドーレッドとホワイトのツートン仕様のキッチンって・・・、当たり前に「標準仕様」ではないですよね?w

コメントを閉じる▲

リストマーク 内部の塗装 

2007年01月30日 ()
仕事の合間を縫って、またまた現場に行ってきました。
2月からは新しいプロジェクトを抱えるので、仕事を抜け出して現場に行くということが難しくなりそうです。
予定ではあと3週間ほどで完成予定の我が家。
引渡しのその日まで、いや、もう少しの期間だけでも現場に足繁く通う事ができれば・・・と思っていましたが、余程時間を上手くやり繰りしなくては・・・・・・・。

玄関を開けた瞬間、有機溶剤系の鼻を突く独特の臭いに襲われました。
どうやら内部の塗装をやっているようです。
打ち合わせでは、以下の内容で塗装が行われることになっています。
【 寝 室 】
パソコン用のカウンター⇒黒 シナ合板⇒クリア
【 トイレ 】
カウンター⇒白 上部棚⇒白
【リビング】
笠木⇒白 手すり⇒黒 天井の表し梁⇒黒
【子ども部屋】
シナ合板⇒クリア
【ガレージ】
吊り棚⇒黒

現場監督の?俣さんによると、「万一、色を後から塗りなおす場合、黒の上に白は出来ますが、白の上に黒はオススメできません」との事。
理由としては、白の塗装の場合は木目を完全に塗り潰すようになるので、その上に黒を載せた場合、ベターっとした感じになってしまうとの事でした。
言い換えると”木の質感が全く無くなって、悪い意味でプラスチッキーになる”という事らしいです。
また、当初は塗装無しで行く予定だったシナ合板ですが、華シリーズのモデルハウスのシナ合板が汚れが目立ち始めたらしく、先日?俣さんから「汚れ防止の為、クリア塗装しようと思うのですが」との申し出がありました。
棟梁からも「これ、子どもの手垢とかで真っ黒になっちゃうよ・・・・?何か塗ったほうが良いと思うけど」と言われていた経緯もあったので、間髪置かずOKを出しました。


リビングの梁表しの部分はこんな感じになりました。
表し梁
梁の表し具合も丁度良い感じがします。
当初のイメージどおり(15?前後)の表し量にしなくて正解だったのかもしれません。
設計のA部課長が1?で設計していたのも、今になると頷ける気がします。

ガレージの吊り棚はご覧の通りに。
ガレージ吊り棚


ガレージ吊り棚

黒だと埃などで汚れが目立ってしまうのですが、ガレージに関してだけは自己責任で頑張って掃除しようと思っています。

寝室のパソコンカウンターです。
寝室・パソコンカウンター

部分的に色の濃淡が出ているようなので(木目を生かすなら問題無し)、上塗りをしてもらって更に色を濃くするかを現在検討中です。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.01.30(Tue) 23:38] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク やっと現場監督らしくなってきた? 

2007年01月28日 ()
久々に嫁さんと子ども達を連れて現場に行ってきました。
そして今日は、現場監督の?俣さんも現地で落ち合うことになっています。
「15分ほど遅れて到着します。」と?俣さんから連絡があったので、とりあえず私達は現場で待機・・・・のハズでしたが、到着してみると塗装屋さんが私服で下見に来ていました。
塗装屋さんのイメージとはかなりかけ離れた(全国の塗装屋さん、スミマセン)ダンディな感じの方でした。
ちょうどガレージの下見に来ていたという事でしたので、これは丁度イイと思い、いくつか質問をしてみました。
 「水谷ペイントさんのボージンテックスを使うんですよね?」
塗装屋さん 「えぇ、公共施設でもよく使われていますからね」
 「耐久性はどうなんですかねぇ?」
塗装屋さん 「かなりありますよ。屋外でも大丈夫ですからね」
 「タイヤマークって付きますか?」
塗装屋さん 「あー、それは付きますよ」
 「何かイイ方法無いんですかねぇ?」
塗装屋さん 「う~ん・・・・・・・」
 「5000U(塗料名)の上にクリアを塗れませんか?」
塗装屋さん 「え?クリアですか?他ではやったことないなぁ・・・」
 「たしかボージンテックスの中に、上塗り用のクリアあったはずなんで、出来ればそれも塗ってください」
塗装屋さん 「わかりました。ちょっと調べてみますね」

ガレージ床塗装にタイヤマークはつき物ですが、出来ればそれは少しでも軽減しておきたいところです。
やっぱり見栄えも違いますしね。
整備メインのガレージならこんなところには拘らないのですが、「軽整備も出来る、魅せるガレージ」を目指しているので、ここは譲れないところです。
差額が出ないと良いのですが、もしかしたら・・・・・・。(汗)

そんな話をしているうちに、?俣さんが到着しました。
まずはタイルのチェックです。
まずは私と?俣さんが足場に上がり、壁面全体をチェックします。
例の2枚以外は一応大丈夫なようです。
ただ、もう1度業者にも確認させるとの事でした。
「剥がれた場合すぐに補修しますし、万一タイルが落下した際に、他の物に損害が出た場合も保障します」との事でしたので、とりあえずは安心してイイでしょう。
もちろん「剥がれ」が無いことに越したことはありませんが。

外壁をチェックした後、中に入ります。
嫁さんも、デジカメで私が撮った記録をいつも見ていますが、現場に入るのは久しぶりです。
あちこちで「あー、コレ良いね」とか、「ふ~ん、イイ感じじゃないの?」と感心しながら見て歩く嫁さん。
やはり家造りのもう1人の主人公抜きでは私も不安でしたので、丁度良い機会でした。

昨日までと変わった事といえば、壁紙の下地を整える為にパテがあちこちに塗られています。
壁紙下地のパテ
下地の石膏ボードのつなぎ目など、大き目の段差やクギ打ちした穴などを重点的に補修しているようです。

ガレージのオーバースライダーを内側から撮影してみました。
オーバースライダー(内側)


ガイドレールとオペレーターはこんな感じで付いています。
オーバースライダー・レール
スッキリと収まっていて大満足です。

オペレーター(エクセレレータ)のアップ画像です。
オーバースライダー・オペレーター
オーバースライダーの開閉時に、この中に内蔵されているライトが自動的に点灯します。
夜間の入出庫の際に威力を発揮してくれます。
作動後は約5分後に自動消灯してくれるそうです。

家の中をひと通り確認して歩いた後、ガレージの土間コンクリートの件に話が進みました。
基本的には「やり直し」ではなく「修正」でいくそうです。
表面部分をある程度削ってからモルタルで成型していくということでしたが、今度は本当に大丈夫なのか少し不安は残ります。
ただ、設備や施工の事、構造の話などを色々質問してもほぼ即答で答えが返ってくるのはとても安心が出来、また嬉しいことでした。
こういう機会が今までに数回でも設けられていたら、私の抱える家作りに関するストレスがもっと少なくなっていたのでしょうね。
やっぱり現場監督はこうであって欲しいものです。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.01.28(Sun) 19:37] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

こんにちは~ by Mちゃん
本契約直後までは読んでたのですが随分進みましたね~。
(^^)

今度じっくり読ませていただきます。

いらっしゃいませ by 風神
Mちゃんさん、こんばんは~。
いつも色々参考にさせてもらっています。
ウチの記事の中で「これって、こういうことかもよ?」とかありましたら遠慮なく教えてくださいね。

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。