TOP > CATEGORY > 1-2 ハウスメーカーの比較~決定まで
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 東日本ハウスと本契約 

2006年08月31日 ()
今日は本契約の日です。
いよいよ家作りという事実から逃げられなくなる確定日です。(苦笑)
思い起こせば数ヶ月前、嫁さんがネットでガレージたっぷりの中古住宅を見つけ出したのがきっかけで様々な出会いを繰り返し、そしてついに本当に家を注文することになりました。
不思議なモンです。
1年前の今日の自分は、1年後に家の契約をするなんて夢にも思っていなかった訳です。
有識者の方だと「衝動買いに近いぞ」と警鐘を鳴らすかもしれません。
ですが、そんなこと「ほっとけ!」です。
ちゃーーんと建ててもらって、ちゃーーんと払いきってみせますよ。(笑)
風神からの迷言。
「結婚も家作りも、考えるよりも生むが易し。どっちもある意味勢いだー!心配していても何も始まらない!」

実印を持って、いざ東日本ハウスへ。
M田さん、私達をミーティングルームに案内する途中で、何度も「いや~良かったですね~」を連発します。
テーブルにつくと間もなく、背の高いちょっと三浦友和似(!?)の男性がやってきました。
「どうもはじめまして、設計のA部です」。
む・・・・・・・。
どこかで見たことあるぞ?
あ・・・・わかった!東日本ハウスのHPに顔出てた人だ!!
東日本ハウスのHPには、設計士の紹介のコンテンツがあるのですが、そこに4人の方が代表して載っています。
記憶違いでなければ、そこに出ていた人に違いありません。
そこで、恐る恐る・・・・、「あのぉ、公式サイトに出ていた方ですよね?」と聞いてみると、
「あぁ、あれですね・・・。ああいうの、ホントは余り好きじゃないんですけど・・・。見なかったことにして忘れてください」と、ぶっきらぼうな感じで返答がありました。
第1印象は、"はにかみ屋"でしょうか。

そのA部課長から設計図面の詳細についての説明がありました。
「風の流れと採光性を重視しました」
「まだまだ手直しできますので、どんどん言ってください」
そう言ってくれるのはありがたいのですが、私自身は間取り自体に大きな変更点は余り無いような気がします。
しかし!嫁さんは違いました。
「やっぱりバルコニーが欲しい」
「キッチンの奥からも納戸に出入りできるようにしたい」
「本当はウォークイン・クローゼットも欲しい」
「キッチンから外に出て、下に降りられる階段が欲しい」
そこで話し合いが開始されました。
まず、バルコニー。
「付けられるには付けられるけど、デザイン的にはマイナス要素が大きい」とのこと。
M田さん、横から「金額的にも結構高くなっちゃいますしね」と横槍(笑)。
キッチン奥からの納戸の出入り。
「冷蔵庫の置き場所を変えれば、基本的には全く問題なくできますよ」と。
「ただし、冷蔵庫がダイニングから丸見えになっちゃいます・・・」
ウォークインクローゼット。
「寝室の居住スペースを削れば何とか可能ですね」。
キッチンから直接外に降りられる階段。
「これは止めておいた方がいいです。防犯上も良くないですし、意外に使わないと思いますよ」。
実は嫁さん、私の母から「キッチン周辺に、一時的にゴミを置いておける場所があると便利よ~」と洗脳されていたのです。
その候補として"キッチンから納戸への出入り"と"キッチンから直接外へ降りられる階段"を考えたようです。
その他には、リビング天井のアクセントとして"構造梁表し"、アルミ階段を止めて、もっとシンプルな感じの階段を鉄骨で造作する、以上の事が決まりました。
ちなみにアルミ階段をやめて鉄骨造作にしたのは、「アルミだと強度の問題である程度ゴツい感じになるので、よりシンプルな感じにしたいのであれば鉄骨造作の階段の方が勧められる。しかし、仕上がり自体はアルミ製品の方が細部は綺麗に仕上がる」とのA部課長の意見があったからでした。
外壁はフルタイル仕上げ、1階部分が黒で2階部分が白、破風は白もしくはシルバー。ガレージのシャッターもシルバー。サッシは最近人気のあるプラチナステンは値段が高いので、とりあえずグレーで。
・・・と、ここまで話したところで、いよいよ本契約の運びとなりました。
ちなみに本契約後も、色々な部分の変更はして良いとの事でした。
ただし、建築確認申請を9月17日に出す予定なので、今日から10日間くらいまでに・・・だそうです。

本契約に際しての契約書面の読み上げがしばらく続き、そしていよいよ署名・捺印です。
あれこれ書類に住所・氏名を書いては、それに捺印・・・・。
やっぱり何千万の買い物になると、書かなきゃならないところや印鑑を捺さなきゃならないところが沢山あります。
あんまり沢山ありすぎて・・・・えぇ、途中から惰性でハンコ捺しまくっていました。(苦笑)

ひととおり書類作成が終わる頃、M田さんの携帯が鳴りました。
電話に出たM田さん、いつものように「はい!M田ですっ」と言った後、
「お疲れさまです」
「えぇ、えぇ・・・・・・はい」と何か話し込んでいます。
そのうち「はい・・・ええっ!?」と急に声のトーンが上がりました。
そして電話を切ったM田さんから、一言。
「水道の引き込みのなのですが、南側道路の反対側に水道管が埋まってまして・・・・工事するのに41万4000円かかります・・・・」。

なんですか!それは!!!

「土地の概要に"上下水道”って書いてあったじゃん!」と猛烈に抗議する私に、「すみません・・・少しでも安くなるように頑張ってみますから・・・」と苦しそうにM田さんが答えます。
どうも土地の概要説明の欄に記載されている"上下水道"というのは、"上下水道がすぐ側まで来てますよ~"というのも"敷地内に引き込んでありますよ~"というのも、同じ表現で記載されている事が多いそうです。
「私も敷地内に引き込んでいるのかと思っていました・・・」。
そう力無く話すM田さんが、何だか可愛そうにも見えます。
「とにかく少しでも安くなるようにして!」とだけ伝え、この話は終わりました。

こうして約4時間に及ぶ、"私が家造りから逃げられなくなる契約"は無事終了したのです。

さぁ、これから2週間でプランを煮詰め、仕様を決めていきます。
想像以上にハードで大変だろうとは想像できますが、夢と希望を持って頑張ろうと思います。

スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.31(Thu) 23:51] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ビルダー決定 

2006年08月30日 ()
ビルダー、決定しました。
東日本ハウスさんにお願いすることにしました。
決め手は、M田さんの「熱意」「スピード」でした。
M田さん、プレゼンは決して上手では有りません。
しかし、純粋なまでに真直ぐぶつかってくる猪突猛進型の営業スタイルは嫌いじゃありません。

営業として、今までに3000件以上の商談を重ねてきた私は、最後はやはり「人」でビルダーを決定するに至りました。

もちろん他にも優れた営業の方はいました。
プレゼンの上手さはセキスイハウスのM越さん。
営業力は東日本ハウスJエポックのT所長。
この2人に関しては、友人として付き合いたいな、と思わせてくれる方々でしたし。
結局、ハウスメーカー4社の色々な営業さんと、様々な形で話をしましたが、最終的に良い印象だったのは、この3人でした。

逆に嫌な思いにさせてくれた営業マンも居たおかげで、この3人が際立って良く見えているのかもしれません。
土屋ツーバイの管理部次長さん、ダイワの?江さん、M野さん、ある意味感謝してますよ。
(ライブヒルズのモデルハウスで、お客さんが来ているのに平気で車の中で寝ていて、客が来たことにすら気付かないダイワハウスの営業さんは論外ですけどね・・・。)

午後。
セキスイハウスのM越さんに電話を入れました。
ビルダーが東日本ハウスになったことを伝えると、「セカンドプランの図面だけでも見てくれませんか?」と問いかけてきますが、これ以上私の為に無駄な時間も過ごして欲しくない気持ちもあり、丁寧にお断りさせて頂きました。
我が家にもう少し予算があれば、M越さんのプランもじっくりと練ってもらう事もしたのでしょうが、残念ながら私にはセキスイハウスさんにお願いするだけの予算力がありません。
「M越さんがダメだった訳では無いですから。ウチにもっと予算があればM越さんにお願いしていたと思いますよ。断る私が言うのもなんですが、これからも自信持って仕事頑張ってくださいね」とのセリフを最後に、電話を切りました。


そしてM田さんに電話します。
「はい、M田ですっ」
いつもの口調でM田さんが電話に出ます。
「M田さん~、どこに頼むか決めたわ~」
「セ、セキスイさんは・・・・断ったんですか?」と、M田さん緊張気味の声に変わります。
「あのね・・・、それがさぁ・・・・」
私の悪い癖が始まります。(笑)
M田さんが電話越しに緊張しているのが、手に取るように判ります。
「・・・・東日本ハウスにすることになったんだよねぇ」
「え・・・・?あ・・・ありがとうございます!!!!」
「ということで、宜しくお願いしますね。今そっち(ショールーム)に向かっていますから」
「はい!お待ちしてますっ!」


ショールームに着くと、もう嬉しくて仕方ないって顔してるM田さんから、温かい出迎えを受けました。(笑)
そして設備や仕様の追加・変更の2回目の話し合いをしました。

・玄関収納をYKKモダンシンプル(コの字型)に変更⇒8300円
・玄関ポーチのタイルをMAX100角からデザレート300角に変更⇒差額4万9600円(8?)
・YKKapオープンリビング階段⇒差額20万円
・ガレージ換気扇(天井付け)⇒6万円

・・・・なんだか、どんどん凄いことになりつつあります。

そして、明日本契約をすることに最終決定しました。
明日、我が家を設計してくれた設計担当の方にも会えるそうです。
どんな人なんでしょうね・・・。
ちょっぴり楽しみだったりします。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.30(Wed) 23:58] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 悩む・悩む・悩む 

2006年08月29日 ()
今日は、帰宅してからずーーーーっと、嫁さんと色々な話をしていました。
もちろん家の話です。

実は数日前に土屋ツーバイのK山さんから電話が来ていました。
「他の銀行を使って、もう1度事前審査を流したい」との事でしたが、彼女自身が帯広支店に転勤になったそうで、その話の続きは例の管理部次長から電話を入れるということでしたが・・・・・それから数日たった今日になっても未だ連絡がきません。
何をどう考えてるのか判りませんが、土屋ツーバイホームがとにかくいい加減な会社であることだけは、これでハッキリしました。

実際、現時点で話が進んでるのは東日本ハウスとセキスイハウスだけ。
これ以上他のメーカーを入れての相見積は必要ないとの意見が嫁さんと私の間で、一致しました。
まずセキスイハウスさんの事から、色々と話をしました。
・営業のM越さん自身が無類の車好きということで、プラン自体は東日本ハウスより勝るものを持ってくる可能性が高いこと。
・しかし値段は相当高いものになりそうなこと。
・私達の払える金額で建てるとなると、相当な制約を受け、好みのプランが出てきても、そこからの引き算になる可能性が高いこと。

そして東日本ハウスさんについても話をしました。
・嫁さんはM田さんに好印象だということ。(M田さんはいつも「大丈夫ですっ。何とかしますっ」と言って、本当に何とかしてくれる事に凄く安心感を抱いているようです)
・プラン自体は及第点以上の出来であるということ。
・仕様変更を加えると、提示された金額よりも上がるのは間違いないが、足し算のプランが出来るということ。

出来上がったプランから、あれを抜いてこれも抜いて、これは我慢して・・・・。
これだと満足いく家は建てられないのでは?というのが最終的な私達の考えでした。
ベースとなるプランから、こうしたいな、ああしたいなと思い悩みながら作っていく方が、悩みも大きいでしょうが家作りを楽しめそうです。

数時間にわたる話し合いの後、今日寝て明日起きたときに気持ちが変わっていなければ、東日本ハウスに決めよう。
そう結論を出しました。
セキスイハウスさんからのセカンドプランはまだ連絡が来ていません。
きっとそれなりに工夫したプランをまた作成してくれるでしょう。
でも、更に・・・の引き算は・・・・やっぱり嫌です。
後ろ髪は多分曳かれるのでしょうが・・・・。

明日起きたとき、答えはそこに待っているはずです。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.29(Tue) 23:52] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 東日本ハウスのショールームへ 

2006年08月28日 ()
仮契約に必要な、住民票(家族全員の分)と印鑑証明を持って、東日本ハウスの社屋に初めて足を踏み入れました。
1階がショールームになっていて、2回がミーティングルーム(商談・打ち合わせスペースですね)と会議室、3階以上が事務所になるのでしょう。

そして、いよいよ打ち合わせです。
・寝室にパソコンスペースを作る為、ポーチを1?削り寝室に1?プラスする。⇒差額6万5300円
・そのパソコンスペースにパソコンボードの造作⇒2万円
・トイレにカウンターの造作⇒2万円
・キッチンをヤマハからサンウェーブのピットに変更⇒差額さらに6万円
・洗面化粧台をイナックスのピアラに変更⇒差額3万円
・フローリングをYKKラフォレスタ・タフテクトに変更
・建具もYKKラフォレスタG2に変更⇒フローリングと建具で差額15万円
・ガレージ床塗装一式⇒16万8000円

・ガレージの壁の中にエアコンプレッサー用の配管を設置
・スケルトンのアルミ階段
・琉球畳
以上は後日打ち合わせることになりました。

ここで判ったこと。
その1. 「あら?ちょっと格好イイんじゃない?」と思ったモノは絶対に金額が高くなる。
その2. クルマなんかと同じか、それ以上にグレードによって差がある。
その3. 何を選ぶにしても種類が多すぎて、死にそうになる。

上を見ていったらキリがありませんし、何せ予算は限られてきます。
予算内でカッコイイ家を作るには、相当の努力が必要になるという事が実感できた日でした。
それに近い事をブツブツ言っていたら、M田さんに「壁紙やカーテン、照明選ぶのも大変ですよ~?何せ"替えよう"と思ったらどんどん替えていけるのが注文住宅の強みですからね~」と言われちゃいました。(苦笑)

そして、今日見れなかったモノや決められなかったモノは、30日にもう1度東日本ハウスのショールームで色々検討することになりました。

・・・・なんだか、もう、M田さんのペースになってきている気がするのは私だけですか?(笑)




人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.28(Mon) 23:09] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 設備・仕様の変更の見積り 

2006年08月27日 ()
東日本ハウスM田さん、今日も我が家に参上です。(笑)

今日は色々な金額が出てきましたよ~。
・キッチンをJエポックのヤマハ製(人工大理石トップ)に変更⇒差額約26万円
・電動シャッター⇒差額23万8100円
・ガレージ換気口(換気扇)⇒壁付けの場合4万円 天井付けの場合6万円
・寝室天井間接照明⇒1万円

・・・合計で50万円以上値段が上がります。

洗面化粧台は色々あるのですが、今日はカタログを持ってきていないとのこと。
そして嫁さんあこがれのスケルトンタイプの階段はアルミ製の物がいくつかのメーカーから出ているのですが、これもカタログを持ってきていないということでした。
ガレージの床塗装に関しては、塗装屋さんから返答が来ていないので、また後日お知らせしますとの事。

「色々と設備や仕様を変更されるのなら、絶対ショールームに見に来られたほうが良いですよ!明日、お時間取れませんか?会社(東日本ハウス)での打ち合わせでしたら、カタログも沢山あるので話が早いですし」と、一気に話を進めようとしているのがミエミエです。(笑)
さぁ、どうしたものか・・・と思っていたのもつかの間、M田さん、さらに勝負に出ます。
「出来れば明日仮契約(設計依頼)して頂けないでしょうか?」
普通は仮契約するのに100万円の入金が必要なはずです。
「手付金それはどうするの?」とM田さんに聞くと、「出来れば・・・・・・5万円だけ・・・預からせて頂ければ」。
「もし、本契約にならなかったらその5万円は?」
「当然、全額お返し致します」
今まで散々土屋ツーバイの悪口やダイワハウスの対応の遅さを非難してきた私が、セキスイハウスに関しては「ん~、あそこは良いねぇ」と言っていたものですから、M田さん相当焦っている模様です。(苦笑)
「絶対ご迷惑はおかけしませんから!」というM田さんに、殺し文句の一言を投げかけてみました。
「・・・M田さん、月末だからだろ?」
「・・・・・・・・・・・はい」


ここで何か違うことを言ったら、仮契約はしないつもりでしたが、私の性格を知ってか知らずか、多少躊躇したものの割りとあっさり認めました。その性格を信じて「M田さん、明日その他持っていくものある?」と聞いた瞬間、「あ・・・、い、良いんですか?」と逆に動揺するM田さん。(笑)
「良いよ、5万円なら今手元にあるから領収書持ってきてるなら預かっていって」

プレゼンテーション、話法、話術、どれをとってもセキスイハウスのM越さんに軍配は上がります。
しかし、こういうストレートな営業をしてくるM田さんも好きなのです。とにかく一生懸命、これが営業の基本中の基本ですしね。
そして「私達の住まい方」を何より重視して考えてくれたのは嬉しかったのです。
土地の金額を落として建物の金額を上げ、契約を取る。普通、営業ならそうするでしょう。
ただM田さんは、彼自身何も得にならないはずの土地の金額を上げ、建物の値段を安価にしてきました。
それは私と嫁さんが想像している「住まい方」を重視してくれたからだと思います。

そして明日は、いよいよというか、初めて東日本ハウスの社屋を訪れる事になりました。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.27(Sun) 23:12] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク セキスイハウスのファーストプラン 

2006年08月26日 ()
出てきました!セキスイハウスさんのファーストプラン。
東日本ハウスよりも立派な入れものに、東日本ハウスより綺麗な表紙をつけて、東日本ハウスよりカラフルな図面を目の前に出してきました。(笑)
セキスイハウスさん・・・・こんなところにも金掛けてるんですね・・・。(苦笑)

そして気になるプランの内容は・・・・・・・・・
素晴らしい出来映えです!!
リビングから車を眺めながら生活するというコンセプトで仕上げられてます。
玄関に入って車が見え、リビングに入ってからも車が見え、生活動線も非常に良く考えてあって、嫁さんなんかは「ん~~~、これ家事しやすいかも・・・」と唸っています。
2階に作られた和室も非常に凝ったデザインで、良い感じです。
しかも、スケルトン階段以外は全て私達の要望が取り入れられてます。
そこで見積り金額を聞いてみました。

建物だけで 2800万!!

私が絶句している姿を見て、M越さん、
「ウチはスキップフロアが出来ないので、要望全てを取り入れると建築面積が大きくなっちゃうんですよ。これは取りあえず出された要望中心に作ったのですが、間取り自体をもう少し縮小して出してみます。お風呂とか水周りは2階とかでも構いませんか?後はリビングの吹き抜け止めるとか・・・」と話し掛けてきますが、私の頭の中は金額だけがグルグルと駆け巡っています。

そう、全くもって私の出せる金額の範疇を超えてきています。
そして、M越さんが持ってきた土地は北向きの100坪。
東側は空地、西側には既に家が建っています。
そしてその土地の場所は、東日本ハウスのM田さんが持ってきた南西角の土地から、北へ道路2本分いったすぐ裏手。
M田さんは住まい方を考え、M越さんは建物と私達の要望を中心にプランを練り上げ・・・。
ある意味全く違ったプランがそれぞれから提示されました。

さて、じっくり両者を眺めながら混乱している頭の中を整理しなければなりません。

・・・が、しかし。

この日セキスイハウスの営業が我が家に訪問することを、うっかり私が口を滑らせてしまっていたため、夕方M田さんから私の携帯に連絡が来ていました。
「すぐ近くのお客さんのところに、21時くらいからお邪魔していますので、セキスイさんのお話が終わったら連絡くれませんか?」と。
「何時に終わるか判らないよ?」と答えると、「はい、何時でも良いので連絡下さい」って更に粘るM田さん。

そしてセキスイハウスのM越さんとの話が終わったのは23時半過ぎでした。
「今、セキスイさん、帰りましたよ~(笑)」とM田さんに電話を掛けます。
「あ、実は近くに居るんで、お伺いして宜しいですか?」

・・・・・・・・やっぱり、相見積気にして家の近くで待機してたな?
近くのお客さんのところに居るっていうのはウソだな?(笑)

「M田さんの体力がまだ残っているなら、来てもらっても構いませんよ」と伝えると3分後には玄関のチャイムが鳴っていました。(笑)

「セキスイさん、どうでした?」ちょっと緊張気味の表情でM田さんが聞いてきます。
私は、嫁さんと顔を見合わせながら「うん、かなり良かったよ」と答えます。
「この前の(東日本ハウスの)プランよりもかなり良いですか?」の問いに「うん、良く考えてきたなって感じはしたよ」と答えながら、M田さんの顔を何気に見ると・・・・・明らかに焦った表情をしています。(笑)
その顔が余りにも可愛そうなので「でも、建物で2800万、土地は北向きで持ってきたよ。この金額はウチじゃぁ無理だよね」と話すと、今度はかなり安堵した表情に変わるM田さん。

あなた、面白すぎです!(笑)

いや、私も営業やってるので気持ちは凄く判るんですけどね。

そして、数日前にM田さんが持ってきたファーストプランの仕様・設備に関していくつか質問しました。
まず、"華"の標準よりも設備の仕様が落ちていることを質問すると、あっさりと「金額落とすのに設備を1ランクダウンしました」との返答でした。
そこで、私たちの方から
・Jエポックで採用していたヤマハ製の人工大理石のトップのキッチン
・洗面化粧台をW=750からW=900に変更
・寝室の天井に段差を付け、そこに間接照明を入れる
・ガレージのシャッターを電動に
・ガレージの換気口の増設
・ガレージ床の塗装(ウレタンで)
まず、これだけは絶対に変更したいとの旨を伝え、再度見積りをしてもらうことにしました。
その間にセキスイハウスのプランも色々煮詰めてもらって・・・・と思ったら、M田さん「それじゃぁ、明日新しい見積り持って伺いますね。ご主人明日のご予定は大丈夫ですか?」と、セキスイハウスの事を考える暇を与えません!(笑)
この人の最大の長所はスピード。
今まで話してきた他社メーカーの追従を許しません。
そりゃもう、必死さが伝わってきます、ビンビンと。

ということで、明日もM田さん、我が家にやってきます。


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.26(Sat) 23:06] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ファーストプランの粗探し(笑)。そしてダイワハウスとの決別 

2006年08月25日 ()
前日、M田さんが置いていってくれた図面と仕様書を徹底的に洗い出します。
図面に関しては良く出来ていて、大きな変更要望は私はありません。
しかし嫁さんは相変わらず「バルコニー欲しいなぁ・・・あの(Jエポックで見たスケルトン)階段欲しいなぁ・・・」と呟いています。
この辺は何とかしなければ、家が建ったとしても、その後の生活に色々支障が出てきそうです。(笑)

そして仕様書。
まず東日本ハウスのHPに出ている"華"シリーズのキッチンやバス・サニタリーと比較です。
「あれ・・・・・?」
HPに載っている写真と、手元にある仕様書の写真・・・・全然違います。
実際に見てきた"華"シリーズの建物にあったのはHPと同じもの・・・。
もう1度仕様書をよーーーく見てみると「クオライフ仕様」って文字が。
そうなのです。
設備のグレードを落としていたのです。
仕様書の写真を見る限りでは、正直余り格好良いモダンな感じの設備とはお世辞にも言えません。
「あー、これ良いね」と思ったのはバスルーム位なモンでしょうか。
しかし、M田さんの努力は認めます。
「"華"シリーズには「轟華(ごうか)」というビルトインガレージ付きのプランもあるのですが、それのガレージ部分を拡大したりするより、「麗華」に大幅な間取り変更を掛けた方が、結果安く済むのでそうしました」というセリフも昨日聞いていましたし。

とりあえず、今度の打ち合わせのときに色々質問してみることにします。

そして昨日打ち合わせをする予定だったダイワハウスですが、今日の日中、M野さんから私の携帯に電話が掛かってきました。
開口一番「申し訳ありません、昨日ご連絡するお約束でしたが、お電話できませんでしたぁ~」と来ました。
・・・・・「違うだろ、昨日打ち合わせの予定で、ご連絡の予定じゃないだろ?」と言いたいところをグッと堪えます。
「それで、いつ打ち合わせなんですか?」と私が聞いたところ、「実は私がお盆休み頂いた後、入れ替えで?江がお盆休みを頂く予定だったのですが、実は?江が昨日まで研修に行ってまして、今日からお盆休みを頂いているんですう~」との返答が来ました。
「は?今日からお盆休み??それ事前に判っていなかったの?」と聞くと、「はい・・・判ってはいたのですが・・・ご連絡が遅くなり・・・・」。
「・・・・・・・・・・」そして無言の私。
「とりあえず?江が出社次第、打ち合わせの方はさせて頂きますので・・・」というセリフが終わらないうちに、私、キレちゃいました。
「?江さんに今すぐ連絡させて」と、静かに低い声で話します。
「いえ、それは無理かと・・・・・」
「ほ~ぉ、お前のところって随分面白い事やってんな?あんた俺をバカにしてんのか?」
「い、いえ・・・」
「いいから?江に電話よこせって伝えろや、お前じゃ話にならんわ!!」
「ですから、そのぉ・・・」
「あー!もう良い!!もう2度と電話かけてくるな!」

ダイワハウスと縁が切れた瞬間です。
客を客だと思わないその態度。
入○さん、宮○さん、ダイワハウスがどういう社員教育してるか教えてくれてありがとさん!

ハアハア・・・すいません、つい興奮してしまいました。(苦笑)

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.25(Fri) 23:43] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 新しい土地候補と東日本のファーストプラン 

2006年08月24日 ()
東日本ハウスのM田さんが持ってきてくれました!
ファーストプランの図面と、新しい土地候補を!

まず土地の方ですが、南西角地の100坪、近くに大きな公園あり、小学校までは700m、商業施設までも近い、という物件です。
写真を見る限りはかなり良さそうです。
これから売り出す予定の土地だったらしく、ネット上では検索できない物件ということでした。
「ご主人のコンセプトでいくと、やはり南向きの物件がベストと思いまして・・・」とM田さん、意気揚々で語り始めます。
前回、間取りの要望以外に「どんな生活、住まい方をしたいのか?」ということを聞かれていたのですが、私は「仲間が遊びに来た時に庭でバーベキューをしたい。敷地内に車が3~4台停めることが出来ると凄く嬉しい」「庭には芝生を植えて、子供達が走り回れるようにしたい」と話していたのです。

そして建物のファーストプラン。
「"華"シリーズの中の"麗華"を大幅に変更しました」と言いながら図面をM田さんがカバンの中から取り出します。
スキップフロアのリビングを持つ4LDK、ガレージの広さは4.0m×8.0m。
車を停めても、かなりのスペースが確保できるようになっています。
子供部屋も2つ合わせて約12帖。リビングは約12帖ですが約11帖のダイニング・キッチンを合わせてLDKとして見ると合計約23帖。
これにリビング続きの和室を合わせると30帖を超える空間になっています!!!!
しかもリビングの天井高さは3m21cmありますから、開放感は相当あると思われます。
嫁さんの要望していたリビングに階段、対面型のキッチンはクリアされてますが、スケルトンタイプの階段やバルコニーがありません。
「M田さん、バルコニーは?」嫁さんはちょっと不服そうです。
「それは、とりあえず今回は外しました(汗)」というM田さんに、
「Jエポックで見たあの階段が欲しいのにぃ・・・」と、さらに不満をブツけます。
「ガレージメインで考えたものですから・・・(大汗)」とのM田さんの切り返しに、ニヤニヤ微笑む私。
「いや、良いんだけどさ・・・ガレージメインだし・・・どうせ私の要望は後回しになるんだし・・・」
いけません、嫁さんがグレはじめてます。
とりあえずこのプランを叩き台に話を進めることになりそうですが、この時点での見積りは上手く予算内に収まっています。
というより、何故か麗華の標準価格より安くなっています。
「M田さん、これ・・・安くない?」と聞いたら、「はい、最初っからこれが限界です!っていう金額で出しました」との事。
「ちなみに、"粋華"が気に入ったとの事だったので(数日前に華シリーズを見学しにいったときに色々説明してくれた営業さんから、情報が入っていたらしい・・・)"麗華"のアイテムから"粋華"のアイテムに変更もしてありますから~」。
むむむ・・・・このあたりは抜かりがありませんな。

とりあえずこの日は図面と仕様書を置いていってもらって、嫁さんと色々検討することになりました。





人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.24(Thu) 23:55] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 候補にしていた土地が・・・ 

2006年08月21日 ()
家を建てるにも、まずは土地が必要です。
私達が第1候補に挙げていた土地(土屋ツーバイさんが持ってきてくれた北西角地100坪)が売れていないか、M田さんに確認を取っていただいたところ、数日前に仮押さえ(予約)が入っていて、現在銀行の事前審査中との事でした。
ということは、その方の事前審査がダメにならない限り、もうその土地とは縁が無いことになります。
しかも、その仮押さえしている方は公務員らしい・・・との情報でした。
これは、ここの土地は頭から外した方が良いかもしれません。

「あららら・・・、あの土地気に入ってたんで残念です・・・」と少し寂しげ話す私。
そこでM田さん、とっても張り切った声で、
「大丈夫です!必ずそこよりも良い土地探しますから!」と言ってくれたので、まずはM田さんの探してくれる土地に期待するとします。

ちなみに、現在土地を所有していないということはセキスイハウスのM越さんにも伝えてあって、M越さんはM越さんで土地を探すということになっています。

実際私達も、ネットの不動産情報で色々探してはいたのですが、なかなかこれといった土地に巡り会えません。
ですから、こういう時はプロの力を利用したほうが早いと思われます。

さて、どんな土地がいくらで出てくるのか・・・楽しみ半分、不安半分で待つことにします。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.21(Mon) 23:01] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 東日本ハウスとの打ち合わせ 

2006年08月20日 ()
資金計画を詳細に打ち出すためと、間取りなどの要望の話で、M田さんに自宅に来てもらいました。しかも今日はO野主任という方も一緒に同行してきました。

まずはO野主任さんから、銀行から融資条件として出てきた事についての話をされました。
条件は・・・既往借入金を無くすという事でした。
要するに車のローンやクレジットカードの残債を全て綺麗にするという事です。
以前、銀行融資に関してネットで色々調べた時に、それを借入金を無くすことが条件になるのはごく一般的との記事があちこちにありましたので、そう驚きませんでしたが、そうなると頭金として用意していたお金が半分以上飛ぶことになります。
その点に関しては実際契約になった場合、色々な方法でどうにでもクリア出来る事だという返答がありましたので一安心です。

そして間取りの要望の話です。
私から出た要望では、
1.広いガレージ(最低3.5m×6.0m以上)。
2.開放感溢れるリビング(出来れば14帖以上)。
3.ダイニングやキッチンはリビングと別に。
4.吹抜けのリビングだと尚更良し。
5.モダンな感じの和室。

そして嫁さんから出た要望は、
1.リビングに階段を。
2.そしてその階段はスケルトンタイプの開放感あるもの。
3.ベランダかバルコニーが欲しい。
4.対面型のキッチン。

そんな話をしていたときに、M田さんから「今まで見てきた物件やモデルハウスで、こんな感じのが良いかなっていうのは有りましたか?」と聞かれたので、以前話のあった土屋ツーバイさんのガレージハウスの図面を見ていただきました。
「スキップフロアでも良いんですか?」とM田さんに聞かれ、
「開放感があれば・・・というか、天井が高いリビング好きなんですよね~」と答えると、「判りました。2~3日後にファーストプランを持ってお伺いしますね」と、この日の打ち合わせは終了しました。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.08.20(Sun) 23:51] 1-2 ハウスメーカーの比較~決定までTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。