TOP > CATEGORY > 1-3 設備・仕様決め
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 玄関とポーチを 

2006年11月01日 ()
追加伝票を切りに東日本ハウスに行ってきました。
伝票を切って早々に引き上げようと思っていたら、M田さんから「風神さん、こんなのどうかなぁ~って提案あるんですけど」と引き止められました。
何かと思って聞いてみると"玄関とポーチのタイルを変更してはどうか?"との事。

玄関とポーチのタイルに関しては、標準の100mm角からINAXのデザレート300mm角(IF-300/DR-11M)に変更していました。
それ以来、玄関のタイルには全く見向きもしなかったのですが、M田さんから「和のエッセンスを入れるなら、これはアリだと思うんですよね~」と勧められたのが"御影石"でした。

「御影石って値段が高いんじゃないの?」と質問してみると、
「確かにそうなんですけどね。でもデザレートとそんなに変わらない金額になると思いますよ?」
との事でしたので、まずはショールームにあるサンプルを見せてもらうことにしました。
白っぽい石、赤っぽい石、白黒の斑になっている石、そして黒っぽい石の4種類。さらに表面仕上げが鏡面仕上げとバーナー仕上げの2種類。
トータル8種類の中からの選択のようです。
実際に見てみると、やはり高級感は漂います。
"和のテイストを少し入れる"というコンセプトには実にピッタリかもしれません。
しかし、そこで気になるのは値段です。
早速M田さんに詳しい金額を調べてもらいます。
結果、やはり1万5000円くらいの差額は出るとのことでした。
標準の100mm角のタイルと比べると6万5000円の差額になります。
さて、どうしたものかと腕組みをしながら考えていたら、M田さん「判りました。差額無しで行きましょう!」と、何だかまた張り切っています。(笑)
「絶対御影石の方が格好良いですって!差額無しでこれで行きましょう!!」
どうやらM田さんが御影石を気に入っているようです。
そういうことならば・・・と、お言葉に甘えて玄関とポーチのタイルは御影石に変更が決まりました。

ポーチと玄関を縁取るように、鏡面仕上げの石を配置して
御影石(鏡面)


それ以外はバーナー仕上げの石で仕上げます。
御影石(バーナー)


ちなみにデザレートはこんな感じです。
デザレート


デザレートから御影石に変更することによって、玄関の印象がかなり変わりそうです。
フローリングも色はブラックなので、この方が統一感はあるでしょうね。
実際に建ってみてからの印象が楽しみです。
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.01(Wed) 23:24] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク カーテン・ロールスクリーン 

2006年10月24日 ()
先日選んだカーテンやロールスクリーンを紹介していこうと思います。
実際のモノの質感や生地の感じが上手く伝わらないのが残念ですが、とりあえずこんなモノを選びましたよ~ということで・・・。


まずはリビングからです。
至近距離で見るとこんな感じで・・・・
リビング・ロールスクリーン

少し離れるとこんな感じに見えるモノです。
リビング・ロールスクリーン2

メーカーはタチカワブラインドです。


和室にはこんな感じのモノを・・・
和室ロールスクリーン

少し離れるとこんな感じです。
和紙っぽい生地が気に入ったので、これにしました。
和室ロールスクリーン2

これもタチカワブラインド製です。


寝室には遮光タイプのモノを入れました。
昼間でも爆睡できるようにです。(笑)
寝室

遠くから見るとこんな感じです。
寝室2

メーカーはSINCOL(シンコール)です。


寝室のレースカーテンはこれを選択しました。
寝室レース

下の画像はパネルスクリーンですが、生地は私達が選んだモノと同じです。
寝室・レース2

これもメーカーはSINCOL(シンコール)です。


ダイニングとキッチンにはこのタイプを採用です。
ダイニング・キッチン・ロールスクリーン

これはタチカワブラインド製です。


ガレージにはこれを採用です。私の1番好きな色でもあり、イメージカラーでもあります。
ガレージ・ロールスクリーン

メーカーはタチカワブラインド。


子ども部屋には、この2つを。
息子のナワバリは青系で、娘のナワバリには赤系です。
これを選ぶのに5分掛かりませんでした・・・・。(苦笑)
子ども達よ、こんな父親でスマン。
子ども部屋カーテン

赤系だと、こんな感じになります。
子ども部屋カーテン2
メーカーはリリカラという会社。

どうせ、何年もしないうちに「父さん~!俺の(私の)部屋のカーテン、違うのにしてよーっ!」って言われるだろうと、見越しています。(笑)

以上が今回装着になるカーテンやロールスクリーンたちです。
最悪、カーテンがミスマッチならば買い換えれば良い話なので、もしも「あー、これは変だな」と思ったら、住み替えてから変更するかもしれません。
そうなると、また余計な出費にはなりますがね・・・・。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.10.24(Tue) 22:28] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 設備・仕様の整理 

2006年10月20日 ()
「ここをこれに変更したい」「こっちはそれに変えますね」
ファーストプランで提示されたモノから、今まで仕様・設備をあれこれ変更してきました。

私自身、何をどのように変更したのか思い出すのも大変なので、ここまでの時点で変更・追加したモノをまとめてみようと思います。
以下、ファーストプランに対しての変更点です。

【フローリング】
 ・オリエントからラフォレスタ・タフテクトに変更
【建具】
 ・モダンセレクトからラフォレスタG2(モダンシンプル)に変更
  ⇒フローリングと建具合計で差額14万9200円

【玄関、1Fホール】
 ・階段の壁裏側(トイレドア前)にニッチ追加⇒サービスの為無料
 ・YKKアルミ階段(4段)⇒20万円
 ・玄関収納をオリエント・W=1200・ニの字型からYKKモダンシンプル・W=1200・コの字型に変更
  ⇒差額8300円
 ・ポーチと玄関のタイル(8?)をMAX100からデザレート300角に変更⇒差額4万9600円

【寝室】
 ・延床面積1?プラス⇒6万5300円
 ・パソコン用カウンター造作⇒2万円
 ・天井間接照明⇒1万円
 ・南側サッシをPHT16517からPHT18320(掃出)に変更⇒差額1万6200円

【トイレ】
 ・INAXのベーシアからPita手洗付P2に変更⇒差額7万8000円
 ・カウンター造作⇒2万円
 ・ペーパーホルダーをINAXのCF-22HからFKF-32C/Cに変更⇒サービスの為、差額無し
 ・タオルリングをINAXのKF-80からCKF-10に変更⇒サービスの為、差額無し

【洗面所】
 ・洗面化粧台をオフトからピアラDS・W=750・2面鏡に変更⇒差額3万900円
 ・物干用ステンパイプ(2本)⇒5000円

【ユニットバス】
 ・INAXのルキナBSDN-1818LBEL-EJCLからエアウォーター・エモトのHSX-1818-Lに変更
  ⇒差額▲8万6400円
 ・アクセントパネル⇒1万5000円
 ・ランドリーパイプ⇒2500円

【リビング】
 ・構造梁表し(床色と同色に塗装)⇒アルミ階段を鉄骨造作に変更した上で、相殺。差額無し。
 ・和室との間仕切り建具を、造作からYKKスクリーンパーテーションに変更⇒29万1000円
 ・シナ合板貼付取りやめ⇒差額▲4万2700円
 ・西側のカーテンボックス取りやめ⇒差額▲4000円

【和室】
 ・ダイケン・タタミフロアー(4枚)1万1000円から生織縁無しタタミ(4枚)に変更⇒差額5万2000円(単体:6万3000円)

【キッチン】
 ・INAXのオーヴァからサンウェーブのPITTOに変更⇒差額23万4900円
 ・PITTOのワークトップを、ステンレスから人工大理石(フロストホワイト)に変更⇒6万3500円
 ・食洗器(深型フルオープン)⇒16万2700円

【ガレージ】
 ・床塗装(水谷ペイント・ボウジンテックス5000U)⇒16万8000円
 ・INAXの小型多目的流し(S-17/SN7、床排水Sトラップ)追加⇒6万2000円
 ・タオルリングINAXのKF-10A追加
 ・化粧棚INAXのKF-85追加⇒KF-10Aと合わせて8200円
 ・壁紙施工⇒8万円
 ・軽量電動シャッター(23万8100円)から三和シャッターのクッキー(オーバースライダー)に変更
  ⇒差額39万2000円(単体:63万100円)
 ・サッシをPXV16512から変更PXD16020に変更⇒差額3万5000円
 ・天井付換気扇⇒6万円

多分、これからも小変更はあると思いますが、今のところはこんな感じの仕様で予定しています。
沢山の予算があれば、全てにおいて更にグレードアップしたいところですが、あっと言う間に何百万もの差額が出てしまうので、ガマンです。
上記の変更でも、ウチとしては結構一杯一杯です。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.10.20(Fri) 23:23] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(8) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

プラマードだ! by てつ
昨年はお世話になりました。
本年も宜しくお願いします。

久々にお邪魔させていただいたら、
懐かしい記号が!
約1年前、スクリーンパーティションとかラフォレスタとか、
受注する側だったので~。
カタログを手に苦しんだ記憶が蘇りますe-263

素敵な『家付きのガレージ』建てて、
気が向いたら私にも拝見させてくださいね~(物件好き)




もしかして・・・ by 風神
昨年はお世話になりました。
今年もお世話になりますので、よろしくw

プラマードってどこかに書いたかかな・・・と思い返してみたのですが、書いた記憶がありません。
品番で商品名割り出すとは・・・(^^;
というか、てつさんが建材関係の仕事をしていたなんて、初耳でした。
もっと早く知っていれば、色々相談してたのにぃ~。
エクステリアを含め、アドバイスとかあれば教えて貰えると嬉しいです。

頭のPはプラマードのP~ by てつ
>品番で商品名割り出すとは・・・(^^;

プラマードは主力製品ですからe-319
発注書の品番だけで製品を割り出さないと
何冊ものカタログから探せないのです。

『住』に絡む仕事が多かったのです、が、
アドバイスできるほど知識はありませんe-330
何か出来ればいいんだけど、役立たずですみません・・・

うちの実家も去年新築して、プラマードとラフォと
スクリーンパーティション使いましたー。

なるほど~ by 風神
>うちの実家も去年新築して、プラマードとラフォと
>スクリーンパーティション使いましたー。

ということは、我が家の選択は間違いではなかったということですね?
ちょっと安心しました。

by てつ
>ちょっと安心しました。

何が不安だったんですか?(笑)
プラマードは他社の同等品より変色が少ない、って報告を聞いたことが。どの企業もそんなもんでしょうけど(笑)
木質(ラフォ)は他社との品質の差はわかりませんが、
施工者の好み(使い慣れ)もあるようなので、他社品を
使う例も多い、と私は認識してます。
まぁ、私ごときの言うことなので(笑)
他社製品の情報は殆ど入って来なかったからなぁ・・・。
もっと勉強しておけば良かった~!

by 風神
建具にしても、床材にしても、あれだけ色んなメーカーで色んな種類を出されたら、どれが良くてどれがダメとかって、全然判らないじゃないですか。(苦笑)
しかも東日本ハウスの営業担当と仕様決めしている時に、ラフォレスタとか選ぶ人、少ないみたいな事言われたんで・・・。
ラフォレスタのビターブラックが気に入ってしまったのが導入のきっかけです。
プラマードは最初からその仕様でしたけどね。


by てつ
>ラフォレスタとか選ぶ人、少ない

実際、そうです(笑)
かといって、特に品質的な問題が発生したとか、
そういったことは聞こえてはきませんでしたよ。
少ないとは言っても、サッシ受注物件数に比べて、
なので、ラフォの発注が『珍しい!』というほどに
極端ではなく、それなりに受注量はあります。

他社メーカーではキッチン等も扱ってるので、そういった
ものも含めて発注することで安く出来る、という利点が
あって注文を集めてることも。
品質と受注量が比例するとは一概には言えないかと
思います。

気に入ったデザインで、満足する家が出来れば、
それが一番いいですよ。







by 風神
タフテクトを選んだのは、その耐久性やメンテナンス性もそうなんですが、幅広のフローリングであることと、やっぱりあの"色"でした。
黒を選んだのですが、何とも言えないシブイ色だったので。

建具は他のメーカーのドアハンドルを動かすと"ガタ"が多少なりともあったのですが、YKKの製品は"ガタ"がほとんど皆無だったのです。
こういうちょっとした質感で建具もラフォになりました。
デザインも気に入りましたしね。

コメントを閉じる▲

リストマーク カーテン選び 

2006年10月13日 ()
私、嫁さん、M田さん、コーディネーターのN嶋さんの4人で、東日本ハウスのショールームにてカーテンの打ち合わせをしました。

まず最初の時点で私達が決めていたのは、寝室と子ども部屋以外は全てロールスクリーンでいくということでした。
金額面でもカーテンよりも安く(まぁ選ぶモノにもよりますが)、またリビングの雰囲気なんかも考えると、ロールスクリーンの方がスッキリとまとまるかな?と思ったからです。

しかし、いざ選ぶとなると本当に様々な種類の中から選ばなくてはいけないので、とても迷います。
どんな感じの家具を置くのかによっても、当然選び方は変わってきますしね。
1番良いのは、実際に家具を置いてしまってからカーテンをコーディネートすることが出来れば良いのでしょうけれども・・・・・。

だからこそ、ここでインテリアコーディネーターのN嶋さんの出番があるのです。
ガレージと子ども部屋以外は、「シンプルモダンでありながら"和"のエッセンスを2~3割入れる」というのがコンセプトでしたから、そのイメージに合うようなモノを一緒になって探してくれます。
ある意味、"センスの良い友人と連れ立って服を選びに行く感覚"と良く似ていると思います。

選択にあたって、主人公はあくまでも私達なのですが、時々「こんなのも意外性があって面白いと思いますよ?」とか「こんな感じのも良いと思いますよ?」とアドバイスを頂くことによって、選択の幅は広がります。
その一旦広がった選択肢から今度は絞り込む時にも有効にアドバイスを頂けたのは本当に助かりました。

M田さん、N嶋さん、4時間以上もお付き合い頂きまして、本当にありがとうございました。

どんなモノを選んだのかの紹介は、また後日・・・。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.10.13(Fri) 23:25] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 建具など内装に関して 

2006年10月02日 ()
土地が契約になった為、着工日が確定しました。
11月5日着工です。
その前に土地の残金の支払いやら登記やらが残っていますが、何も問題が起きなければ、大安でもあるこの日に着工するそうです。

今まで、土地探しに私の気力・体力の80%近く使っていたので、これからは少し家の設備や仕様の方に色々神経を注ぎたいと思います。
その結果、また仕様変更をしてしまうかもしれません。(笑)

仕様・装備などはたぶん、家を注文する方の多くが色々な情報を色々な形で集められ、更に色々と悩みながら選択したと思いますが、正直ウチの場合は、かなりアッサリ決めてしまっています。(それでも私なりには悩みましたが・・・)
建具にしてもフローリングにしても、キッチンにしてもお風呂にしても、東日本ハウスのショールームにあったモノを中心に(またはカタログ上で)選んでいますので、あちこちのメーカーさんのショールームの見学はしていません。
ですので、仕様や設備に物凄く拘っている方には、このブログは余り参考にならないと思います。スミマセン。

有識者の方には「せっかくの注文住宅なのにもったいない」と言われそうですが、ある一定以上のグレード以上のモノを見ると、どれを見てもカッコイイじゃん!って思ってしまうタチなので、敢えて必要以上に見ないようにしていたのも事実です。
(だって、どれもこれも今住んでいる家の装備以上なのですから・・・笑)

あとはM田さんが私達のコンセプトを良く理解していてくれてるので、ある程度商品を絞り込んでくれていたというのも、大きいと思います。

これから少しの間、時間がありそうなので仕様や設備に関してはおさらいを兼ねて、もう1度吟味はしてみようと思っています。


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.10.02(Mon) 23:53] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク パーテーション 

2006年10月01日 ()
M田さんに「無事土地契約になりましたよ~」とは、契約直後に電話で連絡を入れていたのですが、改めて今日、その報告と建具の打ち合わせの為に東日本ハウスへ行ってきました。
今回は、リビングと和室を仕切る建具をパーテーションに変更するかどうかが最大の目玉でした。

実は数日前、平面図をじーーーっと眺めていたところ、ちょっと気になる数値があったのです。
<内法高>
1F:外まわり-2128 室内-2000(特記ナキ折戸-2315)
2F:外まわり-2383 室内-2000(特記ナキ折戸-2315)

ちょっと待て・・・。
和室:CH=3012
リビング:CH=3012

・・・・ということは、もし和室とリビングの間を間仕切る建具が2000なら、和室の天井とリビングの天井の間に約1mほどの壁が出現することになります。
嫁さんに「気付いてたか?」と確認すると、嫁さんは判っていたようです。
ちょっと頭の中で想像してみます・・・。
別に「変」って訳では無いですが、私が求めていた「開放感」の弊害にはなる気がします。
そこで、そのことをM田さんに相談すると、「当初のプラン通りに建具を造作しても良いですし、それとも他に何か良い代わりになるパーテーション選んでも良いですし」という事だったので、今日改めて相談に行ったのです。

改めてサイズに関して質問してみると、やはり2000で設計されているとの事。
いくら頑張っても折戸サイズ(2315)までしか高さは上げられないという話でした。

「パーテーションはどの様なものがあるの?」と質問したら「これなんかが良いと思うんですけどねぇ~」と見せてくれたのはYKKapのカタログでした。
「結構な値段しますけどねぇ・・・」と少し脅されながら(笑)見せてもらうと、これがなかなかカッコイイんです。
気になる高さはというと、2142、2442、2732の3種類あります。
2732を選択すると、単純計算して天井からの壁は28センチほどになるということになります。
「どうします?これかなりカッコイイですけどねぇ~」とM田さん、私の目を見つめます。

1分後。

「決定です!これ入れます!」

それで、和室とリビングの間には、パーテーションが入ることになりました。
Nタイプのコンビパネル、カラーはビターブラック。
障子っぽく見えるTタイプと悩みましたが、結局これで。
フローリングにレールが付くのを嫌って、上吊タイプので決定です。


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.10.01(Sun) 22:31] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 最終打ち合わせ 

2006年09月15日 ()
建築申請書類提出の為、間取りなどの最終打ち合わせに行ってきました。

私、嫁さん、営業担当のM田さん、設計担当のA部課長、そして今日が初顔合わせの工事担当の?俣さんの5人で進めていきます。
今日を境に、間取りなどの大きな変更は基本的には出来なくなるとの事。
何十回も眺めた図面を、もう1度しっかりと確認します。
途中で数度、間取りなども変更を掛けてみたのですが、最終的にはファーストプランに戻った形になりました。
設計のA部課長の凄さが垣間見えたような気がします。
設備や建具などの変更は、もう少しの間なら大丈夫との事でしたので、もう少し悩んでみようと思います。

しかし、心配なのは土地のこと。
万一、土地が変わった場合は、最悪図面の引きなおしということにもなりかねません。
できればそれだけは避けたいのですが・・・・。
M田さんからは「明日までにはハッキリさせます」との事でした。
土地探しから不動産屋さんとの交渉まで、M田さんには迷惑を掛けっぱなしです。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.09.15(Fri) 23:39] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 照明の打ち合わせ・2 

2006年09月12日 ()
続いて2階部分に突入です。

・リビング
西側の壁面上部にこれを2つ設置します。
リビング西壁


・リビング
更に南側の壁にはこれを上下に並べて設置します。
セードの向きが360°回転するので、色々遊べそうです。
リビング南壁



・和室
天井からはこれをブラ下げます。イサム・ノグチのデザインだそうです。
本当は丸型を設置する予定でしたが、スイッチの設置場所の関係で角型に変更です。
和室メイン照明



・和室
和室の吊り下げ押入れの下にはこれを置くことにしました。
これも丸型から角型に変更。イサム・ノグチの作品です。
和室スタンド



・ダイニング
嫁さんの"これガラスっぽくてイイ"の一言でこれに決定です。
・・・・本当にガラスが好きですね。(笑)
これを3箇所、天井から吊るします。
ダイニング



・キッチン
当初、「普通の蛍光灯で良い~」と嫁さんが決めてしまったのですが、
私が猛反発。嫁さんが席を外している間に勝手にこれに変更しました(笑)
キッチン



・リビング及び2階ホール
リビングには合計で6個、ホールに2個天井に埋め込みます。
リビングのダウンライトは調光スイッチを付けて、照度を変化させることが出来るようにしました。
ムードを作りたかったのですよ、ムードを。 (ムード作って何か意味あるのかな)
これも大光電機さんのカタログには載っていません。
東日本ハウスオリジナルだと思われます。(実際の品番はDHN-019)
2階ダウンライト



子供部屋と納戸に関しては、現在住んでいる家で使っている照明機器を使う方向で考えているので、とりあえず施主支給ということにしました。
子供部屋は子供達しか使わないので、ここで予算をケチっておきます。
(子供達よ、こんな父親でスマン)
気が向いたら、どこかの家電量販店かネット販売で安いのを買うかもしれません。

さて、残されたのはガレージです。
N嶋さんに、「水銀灯かメタルハライドを入れたいんですよね」と言った瞬間、「え?何でですか?」と聞かれてしまいました。
長年コーディネーターをやっていて、そんなことを言ったのは私が初めてだそうです。
ん~、そんな変な事言ったつもりは無かったんですがねぇ・・・・。
「私、そういう関係の照明は全然判らないんです・・・」と自信無さげにN嶋さんが呟きます。
そこで、M田さんから救いの手が伸べられました。
「大光電機のライティングアドバイザーさんに来てもらいましょう!」
おぉ!心強い発言です!
ということで、9月14日に大光電機さんの方に来ていただいて、直接アドバイスを貰うことになりました。

そして1部、仕様変更をお願いしてきました。
・リビング西側のカーテンボックス取りやめ(ロールスクリーン設置の為)
・ガレージ天井を5?高くする
・ガレージに流しを付ける(10Lのバケツがすっぽり入るタイプの小型流し)商品はイナックスのS-17。
実はガレージに流しを設置するという件は、設計のA部課長に「凍りますよ?止めた方が良いです」と言われていたのですが、「ガレージ内にもキッチリ断熱材を入れておけば大丈夫だ」と工事課の方が言っていたというM田さんの話を尊重し、導入に踏み切りました。
冬の洗車、お湯が使えるととっても重宝なんですよね。
しかもこれで、ガレージの中で水が自由に使えるので、コーヒー淹れたり、カップラーメンにお湯を注いだり・・・・夢は広がります。(笑)
ただ、給排水の配管を引くことにより設置費用が5万円!
流しそのものの値段は1万2000円ですから、合計すると6万2000円の出費となりました。

心なしか、嫁さんからの視線が冷たく感じる今日この頃です・・・・。
「ガレージで生活するんでしょ?」なんてセリフも聞こえてくる始末です。


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.09.12(Tue) 23:29] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 照明の打ち合わせ 

2006年09月12日 ()
照明の打ち合わせで東日本ハウスのショールームに行ってきました。
事前に照明を予習してから臨もうと思い、前日と前々日の2日間、あちこちのサイトを見てまわりましたが、種類がありすぎて探すのに困り果て、結局は何もしないで当日を迎えました。(苦笑)

私と嫁さん、そしてM田さんの3人で打ち合わせるのかな?と思っていたら、何と今日はインテリアコーディネータさんが付くとの事です。
てっきり東日本ハウスの社員さんのコーディネーターさんだと思っていたら、外注で呼んでくれたらしく、ライフ設計事務所という会社のN嶋さんという方が担当してくれることになりました。

まず、私達がどんな風なイメージを持っているのか、どんな暮らし方をしたいのか等を聞かれ、それに答えるところからスタートしました。
・シンプルモダンが基本
・ダウンライトや間接照明を多用したい
・照明の光で"光の柱を作る?"みたいなこともしてみたい

まずはそれだけを伝え、カタログを見ることからの始めました。
一口に照明といっても、東日本ハウスが取り扱ってるメーカーはかなりな数にのぼります。
本当は全部のメーカーのカタログに目を通せば良いのでしょうが、そんな時間も気力もありません。(苦笑)
N嶋さんの話に依ると、「各社結構似たようなデザインのモノも多いのですよ」との事でしたので、M田さんオススメの大光電機さんのカタログから、まずは選ぶことにしました。
ガレージは1番最後に決めることにして、まずは1階部分から決めていきます。


・玄関
嫁さんが「ガラスっぽいのがイイなぁ~」と言ってこれに決めました。
玄関ポーチ



・階段
嫁さんの"光の柱っぽい"とセリフで、これを2つ設置決定(笑)
階段



・寝室
ベッド上部にはこれを
寝室


寝室天井の段差に隠す、間接照明にこれを2つ設置
寝室の間接



・ユーティリティ
またしても"ガラスっぽいの"ということで、嫁が決定
ユーティリティ



・ニッチ
上部に埋め込んで雰囲気を出せれば・・・と
ニッチ



・その他
ホールに3つ、トイレ1つ、寝室に2つ、これを埋め込みます。
(実際は、大光電機さんのカタログに載っていないDHN-018という品番のモノです。たぶん東日本ハウスオリジナルだと思います。)
断熱・遮音施工用とのことです。・・・何がどう違うんだろ

1階ダウンライト


【2階へ部分に続く】

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.09.12(Tue) 23:10] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 配線打ち合わせ 

2006年09月08日 ()
本当は7日の予定が1日ズレて、今日配線の打ち合わせをしてきました。
東日本ハウスの社屋に到着すると、M田さんから配線関係を請け負ってくれるエコテックさんのK村さんを紹介され、3人での打ち合わせとなりました。
通常は、東日本ハウスの営業マンと客とで、配線の打ち合わせをするそうなのですが、実は私、ガレージにエアーコンプレッサー用に200V電源を引こうと考えていたので、M田さんが気を利かせてくれてエコテックさんを呼んでくれたようなのです。

とりあえず、平面図に記入された"基本的にこんな感じでどうですかぁ~?"的なプランを見せてもらいます。
しかし、やはり基本プランですね。相当あちこち変更を加えました。
事前にM田さんから「こことここにコンセント、ここにTV配線・・・・とかって、平面図見ながら奥さんとある程度話し合っておいてくださいね」と言われていたので、どんどん要望を出していきます。
「コンセントは多いに越したこと無い。あったほうがイイかな?って思ったら付けておけ」と家作りの先輩でもある私の父から散々言われていたのもあって、あったら便利だなって思うところにはどんどん追加です。
「これ、こっちに移動して、ここにコンセント追加ね」と図面に書き込んでいくのですが、書き込みすぎて図面がだんだんと見づらくなっていきます。(苦笑)ある程度煮詰めたところで、M田さんから「後は照明関係を決めたあたりでもう1度やりましょう」とストップがかかりました。
この時点で、最初に提案された基本プランの面影もありません。(笑)

またエコテックさんからは、「200V電源を引き込むにあたって、設置する機器を特定しなければならない(200V電源はその機器専用の電源とする事が約款で決められているそうです)ので、早めに設置するコンプレッサーの機種を教えて欲しい」とのことでした。

配線の打ち合わせが終わったところで、今度は仕様や設備の打ち合わせに入ります。
先日渡された間取りの書かれた平面図を元に、少し要望を加えました。
・寝室の窓を床まで下げる(掃出し窓に変更)
・リビング壁に予定していたシナ合板の取りやめ
・ガレージの壁にあとから釘が打てるように下地を作ってもらう
・ガレージ奥の天井に吊棚を設置

ここでM田さんから、お風呂が当初予定していたものが使えなくなったので、変更をして欲しいとの話がありました。
当初はイナックスのルキナの予定だったのですが、それを同じイナックスのPCXかエアウォーター・エモトのHSX(東日本ハウスのオリジナル?)に変更して欲しいとの事でした。
「何で?ルキナ、結構気に入ってたのに」と質問すると、「工事課の方で何かあったらしくて・・・それでルキナの扱いを急遽止める事になったみたいなんですよ」との事でした。
「絶対にルキナじゃないとイヤだ!って言ったら?」と更に質問を続けると、「絶対に!って言われたら設置は可能だと思いますが、私はオススメできません」とのこと。
何がどうなってるのかは判りませんが、勧めないと言っている物を強引に押し通す気は全くありません。
というより、むしろお風呂に関しては私の中でも嫁さんの中でもかなり優先順位が低い方なので(広くて綺麗だったら、とりあえずそれでイイやって感じです)、ここは予算をダウンしてエアウォーターエモトのHSX-1818にすることにしました。
ただ、そのままで・・・っていうのも何なので、とりあえずオプションでアクセントパネルをホライゾンブラウンに変更。床はグレー、浴槽(ベンチ付)はベージュ、ベースパネルはカイングレイ、エプロンはシックグレイってな感じのカラーを選択しました。
この色の組み合わせが吉と出るか凶と出るかは設置してみなくちゃ判りません。(苦笑)
この配色を選んだのは嫁さんなので、ダメだったら嫁さんの責任です。
工事が始まってお風呂の設置が終わったら写真をアップしたいと思います。

そして気になる土地の方ですが「売主さんの状態が日によって随分違うのでまだ何とも言えない」と、不動産屋さんから連絡があったそうです。
9月14日までには、最終的に売買が出来そうかどうか、はっきりとした返事がもらえる予定になっているそうです。
こりゃ、マズいかもしれませんね・・・・。

今度の打ち合わせは9月12日。
照明関係の打ち合わせをするそうです。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.09.08(Fri) 22:19] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。