TOP > CATEGORY > 1-5 構造などに関して
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 断熱とホワイトウッド~その2~ 

2006年12月30日 ()
東日本ハウスのHPや、東日本ハウスで建てた方の建築記録やブログを読ませて頂くと、その殆どが土台や梁そして柱に「檜」を使っています。
ところが我が家は土台に米ヒバが使われ、それ以外の柱や梁や大引にはホワイトウッドが使われています。
以前、我が家に使われる木材が集成材を主とするという事を知って、設計のA部課長に「何故、集成材を使うんですか?無垢材は使わないのですか?」と質問したところ、「寒暖の差が激しい北海道では狂いや割れの関係で、無垢材はほとんど使っていない」との事でした。
この時は完全に勉強不足で、使われる木材の樹種までは、全然頭が回っていませんでした。

「ホワイトウッドって何だろ?何で檜使わないんだろ?」と、ちょっと不思議に思って樹種について少し調べてみました。
ネット検索で「ホワイトウッド」と入力し、出てきた結果を見てみると・・・

悪い話ばっかりじゃないですか!(苦笑)

湿気に弱い、シロアリに弱い・・・と随分叩かれていますが、その記事を大々的に載せているのは国産材を扱っている業者の文章が殆どです。
逆に「ホワイトウッドを使った木のお墓(当然無塗装で風雨に晒されている)を、10年以上前から建てていますが全然腐っていませんよ」という話も出てきたり・・・・と、様々な意見が飛び交っています。

数十箇所のサイトを拝見させていただいての、私なりの感想を少しだけ述べますと、
「マーケットを圧迫されている国産材の業者が、そのシェアを守る為に書いているのではないか」というのが印象として残っています。

ただ、さすがにちょっと心配になったので、M田さんにその旨を連絡すると、「?俣さんに聞いた方が早いですね・・・」と逃げられました。(笑)
入社2年では、実績を挙げるのが最優先で、そこまで勉強してないかもしれませんね。

そこで早速?俣さんに電話をしました。
するとどうでしょう~!色々質問しても即答で答えが返ってきます!

まず「ホワイトウッドが湿気に弱い」ということについて質問してみました。
コレに対しては「防水・防湿の対策はきちんと採っているので、問題はありません。ただ、土台だけはホワイトウッドでは問題が出てくる可能性があるので、米ヒバの集成材を使っています。」

「何故、檜を使わないの?」という質問に対しては、
「北海道の気候の特性上、ホワイトウッドで問題無しとしているからです。本州ではホワイトウッドではなく、檜を中心に使用しています。地域によっても工法や材料を変えているので、北海道仕様はホワイトウッドだと思って頂いてイイです。ただ、どうしても檜を使いたいという場合は別ですが・・・」

「シロアリに弱いって聞いたけど?」に対しては、
「道南地区などはまた別ですが、札幌での東日本ハウスの物件に関してはシロアリの被害報告例がありません。それに伴って以前は施工していた1階の柱などの防虫処理も現在は行っていません。防虫剤を使うことのメリットとデメリットを考えた結果、札幌では実施していません」との事。

「それでは、ホワイトウッドの集成材を柱などに使用し、札幌の場合は防虫処理は行っていないというのが、東日本ハウスの標準仕様と受け取ってイイのですか?」の質問には、
「はい、そうです。札幌仕様と思って頂いて問題ありません。ただ、道南はまた違いますけどね・・・」との返答でした。

また、「万一、シロアリの食害があったとしても、躯体保証の対象なので、問題ありませんよ」と。
当初10年間は躯体に関して保証がありますし、そして10年以降は、10年目に有料工事(防虫処理、ベランダ防水、その他東日本ハウスが必要と認めたメンテナンス)を実施した場合は、保証期間が20年まで延長されるので、まぁ何かあったとしても何とかなるでしょう。
(10年目の有料工事が結構な金額になりそうな予感はするのですが、実際のところはどの位かかるのでしょうね・・・・。)

ただ、あるサイトでシロアリの分布図を見てみると、道東や道北を除く地域ではシロアリの食害例が報告されています。
本当のところ、札幌でのシロアリ被害って、どの程度あるものなんでしょうねぇ。

10年~20年で、シロアリに食われまくったり、柱が腐ったりするのでは私達も困りますが、保証するメーカーも困るでしょう。
そう考えると"20年くらいまでは大丈夫"だとは思われます。(苦笑)


・・・・・20年目以降はどうなんだろ・・・・・・・大丈夫なのかな(汗)
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.12.30(Sat) 13:56] 1-5 構造などに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 断熱とホワイトウッド 

2006年12月29日 ()
今日から年明けの1月6日までN棟梁も正月休みということで、しばらく工事は中断します。

しばらくネタが無いなぁ~と思っていたのですが、先日、断熱の事と建物に使われている集成材に関してM田さんや?俣さんと質疑応答があったので、その内容に触れてみたいと思います。

まず断熱に関してですが、東日本ハウスが採用している断熱方法は内断熱、断熱材はグラスウールなのですが、心配したのは"結露"でした。
実は、以前行ったダイワハウスのモデルハウスに、小さな水槽のようなモノに水を入れて、その中にウレタンとグラスウールの両方を入れて比較しているサンプルがあったのですが、グラスウールは水に沈み、ウレタンは水に浮いている・・・・というのを目の当たりにしていたのです。

それで、ちょっと心配になった私はグラスウールについて少し調べてみました。

・グラスウールは水に弱く、湿気を吸うので結露の原因になるというのはウソらしい。
グラスウールの繊維自体には吸水性は無いそうです。グラスウールやロックウールなどの繊維系断熱材は、繊維と繊維の間に空気が含まれているので、一時的に保水してしまうことがあるため、誤解を受けているようです。
また、保水しても短時間で乾燥してしまいますので適切な処置をとれば全く問題になるようなことは無いそうです。

そして気になる結露に関しては・・・・

・結露発生の原因は断熱材ではない。
結露が発生する最大の原因は「断熱性能不足」または「誤った断熱施工」にあるそうです。
結露には「表面結露」と「内部結露」という2つの種類があって、前者が「断熱性能不足」に起因する現象、後者が「誤った断熱施工」に起因する現象だそうです。

表面結露
表面結露は窓面や室内壁面が冷たい外気に冷やされて、露点温度より低くなったために発生する現象で、防止するためには住宅を断熱構造化することが重要になるそうです。

内部結露
内部結露は防湿が不十分で室内の湿気が壁体内に入り外気に近い部分で冷やされることによって発生する現象で、防止するためには、断熱材の室内側に防湿層をきちんと設けることが重要になるそうです。

結露発生を防止するために
表面結露が発生する原因は断熱性能不足で、これを防止するには、必要な断熱性能をきちんと確保するための断熱設計が重要になる様です。
また、内部結露が発生する原因は誤った断熱施工による壁体内への湿気の侵入だそうです。
グラスウール、ロックウールなどの繊維系断熱材の場合には、断熱材の押し込み施工、寸法不足などによる隙間がある施工、防湿層がきちんと施工されていないなどが原因で壁体内に湿気が侵入して排出されない状態となり外気で冷やされた結果、結露が発生することになります。
重要なことは、湿気を壁体内に入れないための正しい施工を行うこと、また何らかの要因で壁体内に入ってしまった場合には速やかに外気に排出する仕組み(通気層工法)を備えておく事だそうです。

そこで、東日本ハウスはどのような断熱工法を採用しているのか、M田さんに聞いたところ、設計開発部で作った「新木造システムの壁内結露に対しての考え方について」という書類のコピーを持ってきてくれました。
A4サイズで25ページにわたる資料だったのですが、結論としては、東日本ハウスの工法で採用されている「気流止め」と「通気層」により、壁内結露による被害は発生しないという内容でした。
様々な実験の結果で裏づけをきちんと取っているようです。

そして、私が見ている限りでは、断熱材の押し込み施工、寸法不足などによる隙間がある施工、防湿層がきちんと施工されていない・・・などはありません。
これでかなり安心しました。


集成材の話に続きます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.12.29(Fri) 22:57] 1-5 構造などに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク こんな葉書が届きました 

2006年12月11日 ()
基礎検査の葉書に続き、今日このような葉書が家に届きました。

構造・雨仕舞検査の葉書


前にM田さんに連れて行ってもらった現場のように、釘の打ってある場所がズレているとか、釘打ちの間隔が違うということは、私自身も目を皿のようにして探しましたが1箇所もありません。
大工さんは、釘打機で「タン・タン・タン」とリズミカルに、そして傍目から見ると適当に(!?)打っているようにも見えるのですが、近寄って見てみるとビックリするくらい等間隔で、隣のパネルと比べてもほぼ同じ位置に打たれています。
これが"職人芸"といわれるモノなんですね。

外壁の防風・防湿シートの上に付いている木材、「これでシートを押さえているのかな?」と思っていたのですが、色々調べてみるとこれが通気層になるということを知りました。
だからなんですね、それぞれに等間隔でクリアランスがあるのは・・・。

家作りに関して、私自身知識は皆無に等しいので、色々驚いたり感心したりすることが沢山あります。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.12.11(Mon) 22:35] 1-5 構造などに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 東日本ウッドワークスへ 

2006年10月09日 ()
行ってきました、白老の工場見学。

ところが朝からアクシデントがありました・・・・。
電話でM田さんと打ち合わせした時に「寝坊しないで下さいよ~」と言われたのにも関わらず、やってしまったのです、寝坊・・・。
起きたのは8時半。バスは9時には出ます。現地集合時間は8時45分。
慌ててM田さんに電話しました。
「M田さん・・・・今起きた・・・・・・」
「えぇっ?ホントですか?」
M田さん、半分笑っています。寝坊を予想していたのでしょうか。(苦笑)
「実は、私達もバスで移動する予定だったのですが、チャーターできたバスが余り大きくなかったので、自分の車で移動するんですよ~。判りました、迎えに行きますね!」
「ごめんなさい・・・・」

9時30分、M田さんが自宅に迎えに来てくれました。
「今、バスが平岡展示場を出たそうです。頑張れば途中で追いつきますね!」
何だかM田さん、張り切っています。(笑)

高速に乗り、東日本ハウスのチャーターバスに追いついたのは苫小牧に入る手前でした。
M田さんによると、チャーターしたバスは全面禁煙とのこと。
1時間半以上もタバコを吸えないなんて、愛煙家の私達夫婦にとっては地獄です。
それに引き換え、M田さんの運転する車の中は、タバコ吸い放題。(苦笑)
M田さんもタバコを吸われる方なので、お互い遠慮無しにプカプカ。
(嫌煙活動が盛んな中、すみません、時代に逆らっています)

とても快適に白老まで移動し、いざ東日本ウッドワークスへ。
ここの敷地面積は8109坪。木質系では全国最大規模の工場だそうです。
本当に広い敷地の中に大きな工場がドーンと構えています。
ソーラーパネルを工場の屋根に貼り、電力のかなりの部分を賄っているとの事で、地球環境にも優しい工場のようです。

2階の待合室に通され、待つこと15分。
いよいよ工場見学の開始です。
まず、会議室のようなところで、札幌支店長さんから挨拶で始まり、続いて工場長さんからのお話を聞きます。
簡単な会社概要から始まり、稼動状況や工場内部の配置などのお話があってから、営業さんの説明が始まります。
ヒノキ、ヒバ、ツガ、松、集成材、それぞれの特徴や使われ方や、建築時に使われる金物の説明や比較、その効果などを判りやすくお話してくれました。
私のような素人でも「ふ~ん、なるほどねぇ~」とうなずける内容でした。
ただ話の内容からすると、この工場見学会ってもう契約してしまった客ではなく、今現在商談中のお客さんに向けての見学会のようです。
ウチ、もう契約しちゃってるんですけど・・・イイんですか?(苦笑)

さて、次はいよいよ工場内部の見学です。
工場内部の第1印象は"綺麗"でした。
清掃状態が非常に行き届いていて、よくありがちな埃の類は全く落ちていません。
以前M田さんと一緒に自宅に来られたO野主任さんが、サンプルを示しながら、実際の土台や壁の工法や構造、そしてそのメリットを説明していました。
継ぎ手の加工やその他プレカットの作業の様子、パネルの釘打ち等を大型の機械を使って、物凄い精度で全て正確に行っている様子が間近で見ることができました。
釘も特殊なものを使っているそうで、M田さんが「記念に持っていきますか?」と1本持ってきてくれましたが、工場の隅にそっと置いてきました。(笑)
メーターモジュールと尺モジュールの違いを体感できる建物のサンプルなんかもあって、かなり勉強になります。

そして、その次はいよいよ白老牛。(笑)
食事の会場は「牛の里」でした。
工場から牛の里までの移動は東日本ハウスのチャーターバスです。
ただ、ここで少し嫌な思いをしました。
札幌から白老までの"行き"の時点で、座る席が暗黙の了解の中で決まっていたようで、行きのバスに乗っていなかった私達の座るスペースがありません。
後部座席の8人は座れると思われる場所には子供連れの4人家族がドーンと座っています。
その端に2人分のスペースを確保できたので、子供達をそれぞれ私達のヒザの上に乗せ移動を開始したその時でした。
「何だか狭くてイヤだね~」とその4人家族の方の子供が母親に話しています。
子供だから仕方ないのかな。ただ、ウチのガキがそんな事言ったらブッ飛ばしてますが。
ただ、本当の問題はその母親のセリフでした。

「そうだね、ホント頭にきちゃうよね。どういうつもりなんだろ」

な、なんだとーーっ!
こっちは遠慮して子供をヒザの上に乗せてるんだ!
あんたたち4人家族は、8人スペースのうちの6人分を占拠して、しかも1人の子どもなんて、横に寝そべっている状態だぞ!?
仕事柄、"最近の親"と商談する事が多い私は「あぁ、またか・・・」と我慢していましたが、ふと横を見ると・・・・・・

いけません、嫁さんの目が"殺すモード"になっています!

険悪な雰囲気の中、バスは無事に牛の里に到着です。(汗)

食事は美味しく頂きました。
和牛独特の食感が何とも言えず良かったです。
お土産にはM田さんオススメのハンバーグを買いました。

そして帰り、バスに乗り込んだまでは良いのですが、着座するや否や、例の奥さん、今度は私を睨みつける始末・・・。
このままじゃ、帰りの道中ずっと険悪な雰囲気になる可能性が高いですし、ヒザの上に子どもを1時間半乗せっぱなしも正直辛いです。
そこでM田さんにお願いして、帰りもM田さんの車で移動させてもらうことにしました。

今現在、東日本ハウスで家を考えている方がいらっしゃいましたら、是非とも工場見学をオススメします。
色々参考になりますし、牛も食えますから。(笑)

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.10.09(Mon) 22:04] 1-5 構造などに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク M田さんからのお誘い 

2006年10月04日 ()
午前中、M田さんから携帯に連絡が入りました。
「そういえば風神さん、工場見学行っていませんでしたよね?」
工場見学なんて初耳です。
「何の工場見学ですか?」と聞き直したら、「構造材のプレカット工場なんですけど、白老にあるんですよ。見学行きませんか?」との事。
1ヶ月に数回実施しているそうで、次回は10月9日(月)の祝日。
前日の8日はレースの予定があるので無理なのですが、9日なら取りあえず予定はありません。
「どうしよっかな」と迷っていたらM田さん、「昼食、白老牛なんですよね・・・。それでもいらないですか?」と。

「行きます。家族全員で行きます!」

風神家、肉には目がありません。
特に和牛食わせてくれるというなら、話は別です。(笑)

札幌から白老まではバス移動との事。
東日本ハウスの札幌支店と平岡展示場でお客さんを乗せて現地に向かうとのことでした。
「当日9時に東日本ハウスを出発するので、遅くとも15分前までには来てくださいね。寝坊しないで下さいよ~」とM田さん。
はい、肉食わせてくれるなら、9時でも8時でも7時でも行きますよ~。(笑)


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.10.04(Wed) 23:41] 1-5 構造などに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。