TOP > CATEGORY > 1-6 ガレージに関して
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 土間にコンクリートが流されました 

2007年02月20日 ()
さぁ!いよいよです!!
遂に今日、待望のコンクリートの流し込み作業が開始されました!

・・・・しかし、午前10時半。
「もしかしたら流し込むところを見れるかも?」と期待して現場に向かったのですが、既にコンクリートはガレージ土間に流された後でした。(涙)
結局基礎コンクリートの打設から今回まで、1度もコンクリートを流す場面を見る事無く、我が家の家作りは終了を迎えようとしています。
あ~ぁ、1回くらい見たかったなぁぁ~~。

現場には?俣さんをはじめ、他に6人ほどの職人さんがいらっしゃいました。
いつに無く大勢の職人さんが居て、活気に溢れています。(笑)
しかし彼らが全てガレージ土間のやり直しの関係者だと思うと、何だか少し申し訳ないような気持ちにもなってきます。

コンクリート
ガレージの壁や窓には養生が施されその下には打ちたてホヤホヤのコンクリートが。

コンクリート
このまま少し放置したあと、目地材を埋め込んだ後、金コテで仕上げていくそうです。
「今回は本当に慎重に丁寧にいきますから、安心しててください!」とは現場監督?俣さんの弁。

土間コンクリートに埋め込む目地材は、こういうのを使います。
目地材


ちなみに、その断面。
この形にガレージのスリットが施工されます。
目地材・断面
台形の短い辺の部分が下側に、長い辺の部分が上側になります。

当初の予定では、「引渡し時には車を乗り入れることが可能」との事でしたが、「打設後5日以上経ってから目地材を外した方が確実」と職人さんからの話があったそうで、引渡しから数日間は車の乗り入れは不可能という事になりました。
「問題無いですか?本当にスミマセン」と?俣さんは謝りますが、イイんです、イイんです!
その方が後々のトラブルが起き難いというなら、いつまでも待ちますから!(笑)
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.20(Tue) 23:26] 1-6 ガレージに関してTrackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

引渡し by Mちゃん
あれ?今日もしかして引渡しでしたっけ?(^^)

by 風神
>Mちゃん

22日午前中に無事引渡しを終えて、午後からは家具や家電製品の搬入、そして23日に引越し・・・・とバタバタしていました。
ネット環境も昨日の夜中にようやっと整い、ホッと一息です。
片づけが一段落したらブログの更新しますので、もう少しお待ち下さい。(笑)

は~い by Mちゃん
は~い待ってま~す(^^)

コメントを閉じる▲

リストマーク 土間の撤去が終了 

2007年02月19日 ()
先週土曜日から、ガレージの土間コンクリートの撤去作業が行われていましたが、日曜を挟んで今日、その作業が再開されました。

今回のガレージ土間コン打ち直しに関して、私が予想していた作業内容は、
1. 鉄筋までハツる。
2. 外れてしまった鉄筋や、外れかかっている鉄筋を組みなおす。
3. コンクリートを流し込む。
・・・・というような流れを予想していたのですが、良い意味で予想を裏切られました。

外した鉄筋
鉄筋は、その全てが外され・・・・

撤去作業
その鉄筋の下にあったはずの防湿シートも剥ぎ取られ・・・・

残骸
更には、その防湿シートの下にあったはずの、スタイロフォームも除去されていました。

ガレージ土間に関して、以前施工されたその全てが撤去されて、転圧された砂利のみを残す形になっています。

そして、新たな土間コンを打つ準備として新しいスタイロフォームと防湿シートがトラックの荷台に載せられていました。
スタイロフォームと防湿シート


修正の為の最低限の工事をすると予想していたのですが、本当にイチからやり直しです。
これには正直、喜び半面、驚きも隠せませんでした。

また、土間のスリットですが、以前の記事にも書いたとおり、当初の予定の2?×2?(横からの断面で見ると正方形)ではなく、上底2?、下底1?、深さ2?の台形(V形)でいくとのことになっていましたが、?俣さんから連絡があり、上底3?、下底2?、深さ2?の目地材と上底2?、下底1.5?、深さ1.3?の目地材の2種類があるが、どちらでいけば良いのかの確認も割と早い段階でありました。
そうです!コレなんです!
今回の我が家の建築にあたって、多分1番欠けていたモノ・・・「報・連・相」(報告・連絡・相談の略ですね)が、ここにきてやっと正常な状態で機能し始めたような気がします。

ただこれに関しては、現場監督1人あたりに対して、かなりの数の現場を持たせている会社側の責任もあるような気がしますが・・・・。
(以前、棟梁からも「可愛そうな位あちこちの現場、走り廻ってるモンなぁ・・・」という話も聞いていましたから)
ただ、これはきっと、東日本ハウスの抱えている問題点・・・というよりも、きっとどこのハウスメーカーも大なり小なり似たような問題点は抱えているような気がします。
もっとも、私は住宅や建築業界に関しては全くの素人なので、詳しいことは判りませんが・・・・・・。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.19(Mon) 23:24] 1-6 ガレージに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ガレージ土間の修正開始 

2007年02月17日 ()
引渡し予定日まで、あと6日。
遂にガレージの土間コンクリートの修正工事が始まりました!

午後一番で現場に到着すると、「ガガガガガガガ・・・・」とかなりの音量の作業音が辺り一帯に響き渡っています。
ガレージ土間
ガレージの中では3人の方が作業をしています。
1人は重機に乗り土間コンクリートをハツり、あとの2人でネコに瓦礫を載せて運んだり、
ハンマードリルで細かい部分をハツったり・・・・・と、かなり忙しそうです。

重機でハツられ、ネコで運ばれた残骸はコチラ。
砕石の山
これは私が現場に到着直後のモノですが、陽が落ちる頃にはかなりの量になっていました。

ちなみに「ハツる」という言葉、建築用語なのかと思っていたら、実は広辞苑にも載っている言葉でした。
【はつる】[ラ行五段]
削る・斫る・ハツる
少しずつけずり取る。皮などをそぐ。へずる。(広辞苑第三版)

ハツり終わった部分の画像です。
ガレージ土間
ところどころ鉄筋が取れてしまったりしています。
?俣さんによると、土間を完全にハツった後、鉄筋を組みなおして生コンを流すそうです。

そして土間のスリットですが、当初の予定の2?×2?(横からの断面で見ると正方形)ではなく、上底2?、下底1?、深さ2?の台形(V形)でいくとのこと。
その方がスリット部分の欠けや割れ防止という面から見ると有効だそうです。(以前、記事のコメントで本職Zさんもその様な事をコメントしてくれていましたね)

明日で掘削作業を終え、新たにコンクリートを流し込む予定は20日の火曜日だそうです。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.17(Sat) 21:14] 1-6 ガレージに関してTrackback(1) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by mami
お元気ですか?
素敵な家になりそうですね。引越し大変だと思うけど頑張ってください(^^)

レーシングマシンの by 将軍
開発にはダークグリーンの耐油塗料を塗ってますよね。
色が劣化しにくくカラフルなマシンが映えて、ボルトなどの部品が発見しやすいとか・・・。

ただ風神さんの車、カラフルじゃないですけどもwww

by 風神
>mamiさん
ありがとうございます。
家はそれなりに素敵な(?!)感じになってきましたが、それに合わせてその住人も少しアカ抜けなくちゃ・・・と思う次第です。(笑)
引越しは完全に嫁さん任せですので問題無いのですが、パソコンの設定やら、家具の組み立てやらは全て私の持ち分なので、そっちで頑張ろうと思います。(^^;)

>将軍さん
そうだんだよねぇ~。ファクトリーの床色はグリーンっていうのが相場ですよね。
実は当初の計画ではグリーンで行こうと思っていたのですが、「ガレージ=俺の部屋」計画に方向が変わったので、あえてのグレーなのです。
ほら、ショールームはほとんどが薄いグレー色でしょ?w(違ったか?)

あ・・・・もしかして・・・・・。
俺のガレージで、あんなチューニングやこんな整備をしようと目論んでいたりする?w

ちなみに、この先もカラフルな車に乗ることは無いと思います。(だって俺、そういうの似合わないっしょ?w)

コメントを閉じる▲

リストマーク 車庫土間の件 

2007年02月08日 ()
まずはガレージに「こんなのが付いていたよ~」の報告です。

散々悩んだガレージの換気扇。
ついに取り付けがされていました。
ガレージ換気扇
ルーバーはまだ付けられていないので、中身が丸見え状態ですね。(笑)
(選んだ経緯はコチラを参照してください)

そして多目的流しも取り付けられていました。
多目的流し
給水ハンドルがあまりカッコ良くないですが、しばらくはコレで行こうと思っています。

モルタルが塗られ、それまで見えていた基礎パッキンが隠されました。
モルタル施工
そしてこの写真にも写っている土間コンクリートの件ですが、今日、1つの結論が出ました。

本職Zさんのアドバイスを参考に、現場監督の?俣さんに「モルタルだけでの単なる修正では無く、他の方法を探してもらえないか」と相談する前に色々と考えてみました。

自分のガレージに対する想い。
そして”善後策”で自分が本当に納得するのか・・・・。

しばらく考えた後、ある結論私の中で出し、まずはM田さんに電話を入れました。

・今回の話を最後に、ガレージ土間に関しては決着を付けたい。
・本当は最初の計画通り幅2cm深さ2?のスリットを入れたいという事。ただし、それは修正ではなく、完全な施工し直しで。
・それがダメだというなら、修正する際に私の納得の行くデザインと施工方法を提示してもらうこと。
・完全にやり直しとなる場合、引渡し時点でガレージが使えない事があっても異議は唱えない。
・引渡し後、土間の件で度々クレームを付ける事は、私の心情としてもしたくないという事。
・納得がいく回答が貰えない、又は今やっている修正方法しかしない(できない)というなら、話を上に持っていく。


という内容でお話をしました。
実際、M田さん自身は「風神さんが1番納得行く方法で直した方がイイですよ。風神さんのきっと生涯1度の買い物なのですから。やり直しした方が良いと私は思います」と以前から数回言ってくれていたのですが、私自身が「言わなくても、きっと私の納得できる修正をしてくれるだろう」と思っていた部分もあったので、強くは話をしていませんでした。

ただ、やっぱり「家付きのガレージ」が欲しかった私にとっては、ガレージ部分でガマンをするというのは、納得がいきません。
「ただの車の置き場所兼物置」ならそんなにシビアになる事は無いのかもしれませんが、この家(私)にとってガレージは命です。

そして現場監督の?俣さんにも、同じ内容でお話をしました。
その結果・・・・。

「ガレージ土間は、修正ではなくやり直しという方向でいきます」との回答をいただきました。

昨年の11月の半ばから「スリットの幅が違う。どの様にするのですか?」と何回も何回も何回も言い続け聞き続けた結果、最終的に全てやり直す事になったというのは、私にとってはある意味ベストな回答がもらえた訳ですが、何故もっと早くその決断をしてくれなかったのか・・・という気持ちは残ります。
ただ、最もコストの掛かるだろう「やり直し」という選択をしてくれた事に関しては、素直に感謝の意を表したいと思います。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.08(Thu) 23:23] 1-6 ガレージに関してTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

良かったですね(^^) by Mちゃん
ひとまず良かったですね~。(^^)

HMさんも決断は遅かったかもしれませんが最善の対応をしてくれたのではないでしょうか?(勿論、最初からそうならないに越したことはないですが)

正直に言うと、これも風神さんの人柄だと思います。
直球勝負で相手のことも気遣いながら気持ちよく解決したいという気持ちが物凄く伝わってきます。

とてもいいお客さんだと思います。
HMのスタッフと力を合わせて気持ちよく満足の行く家を作ってください。あなたならきっと出来ると思います。

あっそれと風神さんのおかげでまたあの記事を続けるモチベーションがあがってきました。(笑)有難うございます。(^^)v

とりあえずは・・・ by 風神
改善策が見えてきたので、少しホッとしています。
この件さえ解決すれば、あとは(多分)大丈夫だと思いますので。

Mちゃんのところは、コンクリ打設が終わったようですね。
これからの進捗、楽しみにしています。

あ、あと・・・。
誉めていただいてありがとうございます。
そんな出来た人間ではないので、誉められると素直に嬉しかったり・・・・。(照)

コメントを閉じる▲

リストマーク 塗料と壁紙とオーバースライダー 

2007年02月02日 ()
仕事中に現場監督の?俣さんから携帯に連絡がありました。
「風神さん、ガレージの土間の色決めましょう!」との事でしたが、色に関しては、以前営業のM田さんと打ち合わせをして、ボージンテックス5000Uのカタログに載っていたカラーサンプルからNo.19のライトグレーでいくと決めていたはずです。
「あれ?M田さんから聞いていませんか?」と訊ねたところ、「実は塗装屋さんから”調合するから何色でも出来るよ”って言われたものですから・・・・。せっかくだからもう1度サンプル見て選んで頂こうかと思いまして」との事。
おぉ!素敵な心遣いではありませんか!

そこで早速、仕事を終えたその足で東日本ハウスに行ってきました。
到着したのは21時半を過ぎていましたので、駐車場に停まっている車も疎らです。
よくよく見てみると、社屋の明かりの殆どが落とされています。
社員の方の殆どがもう帰路に就かれているのでしょう。
そんな中、ガレージの床色を決める為だけに私を待っていてくれる?俣さん。ありがたいモノです。
これでもっとこまめに現場の監理をしてくれれば言うこと無しですが。(苦笑)

さて?俣さん、早速カラーサンプルを見せてくれました。

・・・・・・・・が、しかし!

カラーサンプル

こんなにあったらそんな簡単に選べる訳ないじゃないですか!(汗

白に黒を混ぜた純粋なグレーだけでも濃淡合わせて4種類。
そこに青や赤、黄や緑などをちょっと混ぜた感じのモノを入れていくと、その数はグレーだけで実に数十種類・・・・・・。

ボージンテックスのカタログに載っているライトグレーと見比べながら、また、ガレージの壁に貼る壁紙と見比べながら、2人で頭を突き合わせて相談する事、20分経過。
途中、「これ、貸しますよ?ゆっくり選んでみては?」と言われても、こんなモノ持って帰ったら興奮して寝れない状況に陥るのは必至です。

結局1番シンプルな、白に黒を混ぜただけの感じにしました。
ボージンテックスのカタログのライトグレーより、ほんの少しだけ白っぽい感じの色です。
・・・・・・・・・・たぶんコレが1番イイ感じだと思うのですがねぇ。

ようやっと色を選んでホッとしたのも束の間。
?俣さん、申し訳なさそうに、そして少し困った表情でこう言いました。
「実はガレージの壁紙が貼りきれないので、オーバースライダーを1度取り外します。レール上部のところの隙間があまりにも無さ過ぎて、クロス屋さんから”何とかしてくれ!”って話が来たんです・・・・。」
「来週月曜か火曜には土間コンの修正を開始して、来週末の午前中にオーバースライダーを一旦外して、昼過ぎに壁紙を貼って、その日の夜までに再度オーバースライダーを取り付けます」との事。
私からの「床の塗装、引渡しまでに間に合うの?」との質問には、「何とか間に合わせます。ただ1番良い方法で行こうと思うので、またご相談するかもしれません」との返答でした。

これって、遠まわしに”間に合わなかったらゴメンね”って言ってる事と同じじゃない?(汗)
まぁ、適当に施工されるよりはずーーっとマシだけど。

クッキーを設置予定の方で壁紙などを貼る予定の方がいましたら、オーバースライダーの設置より先に壁紙などの施工をしてもらった方がイイですよ。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.02.02(Fri) 23:29] 1-6 ガレージに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 換気扇 

2006年12月25日 ()
ガレージに換気扇を付けるという事は契約時点で決定していたのですが、どこのメーカーのどんなのを・・・というのは、まだ決まっていませんでした。
換気扇導入の理由は、
1.排気ガスの排出
2.ガレージ内でバーベキューなどをした場合の排煙
3.雪や雨で濡れた床面を少しでも早く乾燥させる為
4.夏場の熱気抜き
・・・と、こんな理由から導入を検討していました。

当初は壁付けの普通のタイプを勧められていたのですが、壁に穴が空くのはいただけません。
壁付けにするなら一般的な家庭用のモノではなく、有圧換気扇ならば・・・とも一瞬思いましたが、外壁にかなり大きなフードが付くという事なので、これは見送りです。

中間ダクトファンを設置し、マフラーから直接排気ダクトを設置する排気システムも考えましたが、天井付近にダクトがウネウネと見えますし、コンクリートのガレージなら似合いそうですが私の家のガレージにはちょっと似合いそうもありません。
またマフラーからの排気システム、これが10万、20万という金額ではとても設置することが不可能な程イイ値段がします。
排気システムを導入するなら、リフト購入の方が優先順位が高くなりますしね。
フェラーリにでも乗っているのなら是非とも導入したいところですが・・・。

そこで金額的なモノも含め、少しでもガレージ内をスッキリ見せるには天井換気扇がベストだろうと判断して、できるだけ風量が稼ぐことのできるタイプを工事課の?俣さんにお願いしていました。

実はこの話をしたのは9月15日です。
そして冒頭に書いたとおり、未だにどのメーカーの何っていうモノというのが決まっていませんでした。
これまでに何度も「換気扇決まりましたか?」と?俣さんに質問していたのですが、その度に「今メーカーと相談しています」で話が進んでいませんでした。

そして昨日、ようやっと「換気扇が決まりましたよ~」と?俣さんから連絡が来たので、どんなモノが導入されるのかを確認しに東日本ハウスに行ってきました。

「メーカーの話だと、"これでも充分なんだけど、2箇所設置するとよりベスト"と言われたんですよね」と言いながら、見せてくれたカタログに載っていたのは、こんな感じのモノでした。

換気扇

メーカー:松下エコシステムズ(ナショナルですね)
品番:FY-12PTE7D
本体希望小売価格:14,700円(税抜14,000円)
品名:パイプファン 排気・ターボファン/角形・圧力形 電気式高気密シャッター付・速結端子
【用途】トイレ、洗面所用、居室用
消費電力は10.5w、風量は100㎥/h、騒音32.5dBという仕様です。

一瞬「え?」と言ってしまいました。
予想していたのはもっと大型のモノでしたから・・・。
「これがベストなの?」と?俣さんに聞いてみると、「えぇ、これが1番良いようです」との事でしたので、とりあえずこれを2箇所設置ということでOKは出しましたが、何となく腑に落ちません。

そこで、自宅に戻ってから「ちなみにウチのトイレはどんなのが入っているんだろう」とトイレ天井に付いている換気扇を調べてみました。
東芝換気扇

メーカー:東芝キャリア
品番:DVF-14CLQ3
本体希望小売価格:17,850円(税抜17,000円)
【用途】トイレ、洗面所用、浴室、居間、事務所、店舗用
消費電力は20w、風量は216㎥/h、騒音37dBという仕様です。

・・・・・・2倍以上風量が違うんですけど・・・・・・・・・!

単純計算すると東芝のこれ1基で、?俣サンの言っていたナショナルのソレの2基分の換気量が確保されます。
しかも2基導入するということで、1基だと工事費込みで6万円と言っていたのが10万円に金額アップしています。
(最初は12万円と言われたのですが、2万円引いてもらいました)

4m×8mのガレージを換気するのに、自宅のトイレ換気扇の風量以下でしかない、僅か100㎥/hのパイプファンで充分だと、本当にメーカーの人間が言ってたのでしょうか・・・・。
「ダメだ。もう?俣さんに任せていられない」と判断した私は、各メーカーWebカタログを片っ端から閲覧しまくりました。
そこで見つけたのがコレでした。
ナショナル換気扇

メーカー:松下エコシステムズ
品番:FY-38BK7H/19
本体希望小売価格:52,920円(税抜50,400円)
品名:天井埋込形換気扇 排気〈強-弱〉・低騒音・特大風量形 左排気・ルーバー組合せ品番
【用途】台所用
消費電力は強で116w・弱で88w。そして風量は強/760㎥/h・弱/495㎥/h、騒音は強/45.5dB・弱/35.5dB。
排気ガスやバーベキューの油煙を考えると、ルーバーはステンレス製がベストでしょう。
台所用とあるのは、ルーバーの用途がそれの為なので、ルーバーを他の種類に替えると、トイレ、洗面所用、居室用、事務所・店舗用に早変わり。(笑)
ちなみにナショナルで出ている製品の中で、天井換気扇としては最も風量があり大型のタイプです。

これなら風量も充分ですし、?俣さんが選んでくれたのよりは、ずーっとデザイン性も上だと思われます。
ということで、換気扇はこれに決定です。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.12.25(Mon) 23:51] 1-6 ガレージに関してTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

換気扇の件 by ダクト屋
換気扇だけを付けても上手く換気されませんよ。
換気扇に見合った外気を取り入れなくてはない!

承認待ちコメント by -

コメントを閉じる▲

リストマーク ガレージに照明追加 

2006年10月27日 ()
先日、平面図を見ながら、ガレージの使い方をあれこれ考えていました。
「え~っと、帰宅してから外で洗車して・・・・・・あれ?」
ここで気付きました。
ガレージ前に照明が無いのです。
ガレージの外で作業をする時に、明かりが無いのはちょっとマズいです。
簡易照明を使うのもアリなのですが、どうせならガレージ前にスポットライト導入した方が良いかな・・・と。

それで今日、東日本ハウスに行って照明の追加をしてきました。

選んだのはこれです。
ガレージ前・スポットライト

これをガレージ入り口の上部、左右に1ヶ所ずつ。
これで夜間の洗車もやりやすくなるでしょう。


ついでに(笑)、ガレージ横にもこれを追加しました。
ガレージ外・人感スポットライト

ガレージに賊が侵入するのを警戒した為と、庭で焼肉とかやる時に、ここに照明があると何かと便利だと思ったので、導入しちゃいました。


ついでに・・・・・・といっては何ですが、ガレージ内で光を使って演出をする為に、こんなのも付けちゃいます。
ガレージ・レール

これにスポットライトを数個吊るして・・・な~んて考えています。
スポットライトは、別段急いで購入する必要がないので、のんびり選んで施主支給するつもりです。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.10.27(Fri) 22:13] 1-6 ガレージに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク バンザイさんと打ち合わせ 

2006年09月14日 ()
大光電機さんと打ち合わせが終わり、ガレージがすっかり第2のリビング状態になったところで、今度はバンザイさんと打ち合わせです。
私が導入しようとしているコンプレッサーは、よく市販されている1馬力~2馬力の商品ではなく、最低3馬力以上のモノ。
それに伴う電源も、家庭用の100Vではなく工業用の200V3相電源が必要になるシロモノです。
そういう理由で、M田さんが打ち合わせする業者さんを探してきてくれたのです。
完全に私個人のワガママにも関わらず、一生懸命対応してくれるM田さんには頭が下がる思いです。
打ち合わせの内容自体は、エアーコンプレッサーの種類の選定と、それに伴う配管がメインです。

バンザイさんの営業担当の方が来られて打ち合わせをしたのですが、これが意外と苦戦状態に。
コンプレッサーのメーカーとしてはアネスト岩田さんが勧められるとの事。
理由は「アフターメンテナンスが迅速」という理由だそうです。
コンプレッサーのメーカー自体に拘りは無いので、まぁ良しとします。
ただ、「個人向けに販売はしていないので、どこかの部品商を通して欲しい」との事。
私個人では、札幌の大手部品商に知り合いはいません。
実家のある釧路ならば、中学の時の同級生がかなり大規模に部品商として商売をやっているので、そちらの話をしてみると、「出来れば札幌の会社で・・・・」と。
「バイクの部品会社に勤務している友人がいるので、そこではダメですか?」と聞くと、「2輪の会社とは余り取引が無いんですよねぇ」。
ただ、車のディーラーを通しての購入も可能という話も出てきたので、愛車アルテッツァを購入したネッツ札幌に問い合わせをしてみました。
「値引きは10%しかできませんけど、それで良ければ・・・・」との返答が来ました。

問題外です!

ネットで買えば軽く30%オフ以上で買えます。
とりあえずコンプレッサーの話は後回しにして、今度はエアー配管の話になりました。
「ガレージ内をスッキリ見せたいので、壁の中に配管を通したい」
「できれば天井からリールを吊るし、左右の壁にもエアーの取り出し口を設置したい」
私からの要望は、以前にM田さんに伝えてあり、M田さんからバンザイさんへその話が行き、今回正式な見積りが出てきました。

33万円・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「ちょっと高すぎじゃありませんか?」
さすがに私もビックリした声を上げてしまいました。
事前にM田さんから「東日本ハウスの配管屋さんに頼むと10万ちょっとでやってくれるそうです。ただ、"正直言うと余りやりたくない、何かあった時に困る"との話も出てきているので、保証外ということで良ければそれで・・・」と話がありましたので、「東日本ハウスとしては、何かあっても知らないよ~って事?」と質問したら、「単純に言うと、そういうことになります」との事でしたので、専門の会社の話を聞こうと思ったのです。
東日本ハウスに払う紹介料みたいなものも含まれての金額でしょうが、それでも高すぎると判断しました。

仕方ありません。
エアーはホースを使って引っ張りまわすことにします。
コンプレッサーと配管で60万近い金額を拠出するのは、さすがの私も気が引けました。
バンザイさんとは、これでサヨナラすることにしました。
さて、これから方々の知り合いにあたって、コンプレッサーを販売してもらう方法を考えなくちゃならないですね。
最悪はネット販売を利用・・・・ということにもなりそうです。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.09.14(Thu) 22:47] 1-6 ガレージに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 大光電機さんとの打ち合わせ 

2006年09月14日 ()
ガレージに関しての照明関係などを決定する為、東日本ハウスのショールームに行ってきました。

まず13時から大光電機さんとの打ち合わせです。
打ち合わせに来ていただいたのは、札幌ハウジング営業所のS田所長さんと札幌TACT課長代理のO場さんの2名でした。
2名も来てくれるんですか・・・・。正直ビックリです。

そのお二人に、まずはガレージをこう使いたい、こう過ごしたいという私の要望を伝えます。
・車の塗装磨き時、蛍光灯では見えない傷を発見するのに有効な照明が欲しい。(要望としては水銀灯)
・整備などの作業時にメイン照明となる蛍光灯の設置。
・魅せるガレージも意識しているので、スポットライトやダウンライトなどの設置。
・ガレージ奥は、自分の趣味の空間として使いたいということ。
(友人を呼んで、ガレージ内に停めた車を眺めながらの談義スペース)
こんな感じで要望を伝えました。

そこで、まずO場さんから「水銀灯ではなくてメタルハライド(セラミックハライド)の方が良いでしょうね」と提案がありました。
水銀灯だと演色性(色が自然に見える度合い)がRa40~50だそうで、メタルハライドではそれが70以上にはなるそうです。そう、俗に言うHIDってヤツです。ガレージにHIDですか・・・。何とも贅沢であります。
そこで、「オススメは何ですか?」と聞いたところ、コレが良いのではないでしょうかと言われたのが・・・・
メタルハライド
平均演色評価数がRa95で、太陽光に非常に近いそうです。
「明る過ぎるくらい明るいですけど、良いですか?」だそうです。(笑)

ただ、電球だけでは当然ダメですから、これを組み込む為のダウンライトのベースを設置します。
セラメタ・ベース


しかし、これだけではまだ点灯できません。
専用のインバーターが必要になります。
インバーター


以上を1セットとして、2箇所埋め込むと車全体を完全にカバーできるとのことでした。
定価でざっくりと計算しても10万円を超えてきます。
ある程度の値引きはあったとしても、かなり高い買い物です・・・。
じゃぁ、それを見送るか・・・・・。

そんなことする訳がありません!(笑)

即決で「じゃぁ、それでお願いします」とニコやかに返答する私。
あぁ、嫁さんに何て言いましょう・・・・・・。

そして、更に話は進みます。
今度は"魅せる"為の照明です。
またまたO場さんから提案がありました。
「店舗演出と同じノリで行ったらどうでしょう?かなり雰囲気でますよ~?」
・・・・・・・どうも、私の考えていることがお見通しの様です。
O場さんが勧めてくれたのは、これです。
首振ダウンライト
350°回転、片側35°首振するダウンライトです。
ショールームなどで使われているケースが多いそうです。
これらを調光スイッチで光量をコントロールします。

球は別売だそうで・・・・
首振りダウンの球


これらを1セットとして4箇所に埋め込むと、光を使ってかなり遊べるそうです。
しかし・・・・4箇所で5万円を超えた金額になります。
ここまで来たら、もう半分ヤケクソです。
「これでお願いします」
そう答える私の横で、苦笑いするM田さん・・・・・・・・・・。(笑)

作業用にはこれを2箇所設置。
ガレージの蛍光灯
2つで定価4万6800円・・・・・。

それと、他に普通のダウンライトを3箇所設置します。
ガレージ・ダウンライト
そして、これも調光スイッチで光量をコントロール。

費用は合計で20万円を軽く超える計算です。
M田さんが心配して「奥さんに怒られませんか?」と聞いてきます。
「怒られるも何も、ガレージに金掛けられないなら、家作りそのものを止めるし」と答えると、M田さん、慌てて「そ、そうですよね!どんどんいっちゃいますか!」と態度を急変。
・・・・・・・M田さん、やっぱりアナタ面白いです。(笑)



人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.09.14(Thu) 22:17] 1-6 ガレージに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ガレージへの想い 

2006年09月10日 ()
ガレージに対しての想いは人それぞれだと思います。
物置代わりに考え方もいらっしゃるでしょうし、あくまでも車の保管場所という方も少なくないと思います。
いや、むしろその考え方の方が大勢を占めるかもしれません。

それ以外の"ガレージに拘る"方の、ガレージに対する考え方も、誤解を恐れず大別するなら"作業スペースとしてのガレージ"という考え方と、"ショールームとしてのガレージ"それと"そのどちらにも当てはまるガレージ"に分けられるのではないでしょうか。

愛読書でもあるガレージライフ誌を拝見すると、実に様々なガレージが登場します。
どれも拘りが見える素敵なガレージ達です。
これからガレージ造りを考えられている方は、是非ご覧になられると良いと思います。

そして、私自身も"家付きのガレージ"が欲しくて、今回マイホームの建築に踏み切ったのですから、多少の拘りは持っています。
しかし、「ああしたい、こうしたい」というのは沢山あるのですが、予算やスペースの関係で取捨選択をしなくてはいけませんでした。

以下、諦めたモノ一覧です。

・掘込ピット
作業をするなら非常に有効になるピット。
しかし、冬に雪がついたままガレージに車を入れ、その融けた雪がピットの中に浸入する恐れを捨て切れませんでした。
使用頻度を考えても、私の場合は多分多くて月に2~3回。
ピットは諦め、その他の物に予算を充てた方が良いと判断し、見送りました。
最終的にジャッキとウマを使うことを厭わなければ、あれば良いけど無くても良いモノとも思いますし。
・リフト
これは正直言うと物凄く欲しかったです。
実は私、前職がチューニングショップ勤務だったので、これにエアコンプレッサーと工具一式があれば大概の事は出来てしまいます。
しかし予算が許しませんでした・・・。
いつか・・・いつか付けたい!(あくまでも願望です)


諦めたくないモノ一覧
・エアーコンプレッサー
洗車時の水切り、タイヤ交換時、そして車の塗装の肌調整時にエアツールを使用するため、どうしても欠かせません。
エアツールを充分に稼動させる為に3相200Vを使用する3~5馬力程度のコンプレッサーを導入予定です。
・床塗装
床面保護と見栄えの両面から採用決定です。
掃除もしやすいですし、万一オイルなどが漏れても染み込まないですしね。
・水銀灯もしくはメタルハライドランプ
車の塗装の肌調整時に威力を発揮します。
蛍光灯では見えない細かな傷も、これがあればハッキリと確認が出来ます。
燦々と輝く太陽の下での磨き作業は避けたいですから・・・。

以上の事でお判りになると思いますが、私のガレージの使用目的は軽整備まで。
エンジン下ろしたり、ミッション下ろしたり・・・といった重整備はこのガレージではすることが無いと思います。

ズバリ、コンセプトは"軽整備もこなせる、魅せるガレージ"です。
どちらかというとショールーム的な考え方。
そして、私の隠れ部屋としての要素も取り入れていきたいと思っています。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.09.10(Sun) 22:34] 1-6 ガレージに関してTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。