TOP > CATEGORY > 2-1 基礎工事
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク とりあえず問題無し!? 

2006年11月29日 ()
防湿コンクリートとガレージの土間コンクリートの件に関して、?俣さんから連絡が入りました。

「防湿コンクリートは問題ありません」との事でした。
他のハウスメーカーや工務店で布基礎で施工した場合、防湿シート(フィルム)を敷き詰めた後、その上に砂を載せるところも多いとの事。
東日本ハウスの場合は、"砂"の代わりに"コンクリート"を施工し、更に防湿などに関して配慮してるとのことでした。
特別、強度が求められる部分でもありませんので、ヒビ、割れ、欠けや、凍害による爆裂など無ければ良しとしましょう。

「ガレージ土間コンクリートも大丈夫です」との事でしたが、排水のスリットの件もあるので、修正はする予定だそうです。
しかし、やはり心配は拭い切れませんので、もう少し様子を見て、納得いかないようであれば、再施工をしてもらうことも含めて話をしようと思います。
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.29(Wed) 23:46] 2-1 基礎工事Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 養生が・・・ 

2006年11月25日 ()
ここ2日ほど、仕事が終わってから夜中に現場を見に行っていたのですが、全く変わり映え無しでした。
そして今日の日中、例によって会社を抜け出し現場に行ってきたのですが、ちょっと心配な感じになっていました。

ブルーシートの上にあった水が少なくなってるのは気のせいですか?
養生シートの上の雪


もしや・・・・と思い、ガレージ土間を覗いてみると・・・・
ガレージ養生
案の定、土間の上に水が被っています。いや、もう水じゃありませんね。"氷"です。
雪と水の重みで養生シートのどこかに切れ目が入ったのでしょう。

今度は北側に回ってみます。
養生シートのズレ
養生シートが捲れています。

そしてここも・・・・
養生シートのズレ


中を覗いて見ると・・・
ズレたシートの下
やっぱり凍っていました。
即座にM田さんに電話を入れます。
折り返し工事課の?俣さんから連絡が来ました。
施工から4日経っているので、防湿コンに関しては問題は無いとの事。
ただし、ガレージ土間も含めて、もう1度きちんと現地で確認してみるとの事でした。

土間と防湿コン打設してから、現場監督であるはずの?俣さんは現地に来ていないのでしょうか。


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.25(Sat) 22:17] 2-1 基礎工事Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ガレージ土間コンと防湿コンの打設 

2006年11月22日 ()
昨日は日中も夜も仕事が忙しく、帰宅したのが午前3時過ぎでしたので、現場を見に行くことができませんでした。

そして今日、仕事の時間を調整し現場を見に行ったのですが、既にガレージの土間コンクリートと、防湿コンクリートの打設が終わっていました。
結局、コンクリートを流し込む作業を1回も見ることが出来ないまま、基礎工事も終盤を迎えてしまいました。

ブルーシートを掛けて養生している上から、雪が降って積もっています。というより、大きな水溜り?(苦笑)
防湿コン養生
物凄く水が溜まってるのですが・・・大丈夫なモンなのでしょうか・・・。

ガレージはこんな風になっちゃってます。
ガレージ養生


ブルーシートの下は・・・・大丈夫なのかな?と、下から撮ってみます。
ガレージ土間コン
これ・・・・大丈夫なんですかねぇ。凍害とか心配になってきます。
木枠が組まれているのは排水用のスリットの位置なのですが、何だか幅が広すぎるような気がします。
スリットの"幅は2?深さ2?"とお願いしていたはずなのですが。
どう見ても幅10cmはありそうな感じです。

慌ててM田さんに連絡を入れます。
「ガレージのスリット、何だか幅が広いんですけど?」と質問すると、「工事課の?俣さんに連絡して折り返し電話します」との事。
そして、その10分ほど後に連絡が入りました。
「?俣さんが現場に伝えた時には、もう打設が終わった直後だったみたいで・・・・。善後策を練るとの事です」

マジですか・・・・。



人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.22(Wed) 23:37] 2-1 基礎工事Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ガレージ土間の配筋と防湿コンクリートの配筋 

2006年11月20日 ()
本当は早起きして、仕事前に現場に行けば良いのでしょうが、1分でも多く寝ていたい気持ちに負け、仕事が終わってから現場を見に行ってきました。

ガレージ土間に鉄筋が組まれていました。
太さ10mmの鉄筋が20?間隔で縦横に張り巡らされています。
ガレージ配筋


土間コンの厚さのちょうど半分の位置に、鉄筋がくるようにサイコロ状のモノで鉄筋を支えているのが見えます。
ガレージ配筋2


10mmの鉄筋は、玄関の土間にも20?間隔で組まれています。
玄関土間配筋


寝室の下となる部分はこんな感じです。
防湿フィルムの上から直接コンクリートを流すのかと思ったら、ここにも細い鉄筋を敷いています。
寝室下配筋


夕方過ぎに降った小雨がそのまま載っています。
寝室下配筋2


寝室になるところ(右側)と玄関になるところ(左側)。
寝室下と玄関配筋


洗面所になる部分です。
水道関係の配管が見えます。
洗面所下配筋


札幌は、もういつ雪が降ってもおかしくない季節です。
ここ最近の最低気温は5~6℃。
凍害の心配が無いうちに全ての基礎工事が終わって欲しいですね。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.20(Mon) 22:17] 2-1 基礎工事Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 現地へ行ってみました 

2006年11月19日 ()
昨日の夜にも現場には行ったのですが、どうしても明るい時に確認をしたくて、仕事をサボって現場に行ってきました。(笑)

到着してすぐに目に飛び込んできたのがコレです。
工事看板
以前はこういう看板を見るたび、「この家建てるの、○○さんっていう人なんだぁ~。ま、どうせ俺は建てられないけど・・・」と羨望の眼差しで見ていた看板に、自分の名前が書いてあります。
あぁ、俺って本当に家建てるのね・・・と実感した瞬間でもありました。

さて、気になる基礎部分ですが・・・こんな感じになっていました。
基礎全体


大体は綺麗に出来ているのですが・・・
基礎その3


表面、ここだけがちょっと気になりました・・・。
基礎その1


基礎内側、こんな感じで砂利が転圧されています。
基礎その2


さて、肝心のガレージ部分です。
基礎-ガレージ部分
砂利を転圧した上に、断熱材が載せてありました。

部分的に基礎の上端部の仕上げが雑に感じます。
きちんとレベラー流し込んでいるんでしょうかねぇ・・・。
気になったので、現場監督の?俣さんに電話してみました。
「荒れている部分は間違いなく修正します」との事でしたので、まぁ問題は無いのでしょうが。

そして例の北側の土留代わりの塀はこんな感じで・・・。
北側塀


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.19(Sun) 23:31] 2-1 基礎工事Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 未来からきました
今日たまたま、そこで大雪で孤立したご老人の救助にいったので、ついでに拝見させていただきました。

…黒くてでかいですね(笑

見~た~なぁ~ by 風神
ついでにご覧になられたのですね?(笑)

外壁の濃いグレーは、タイル貼りの下地になるサイディングです。
下地の色も、これはこれで嫌いな色じゃないのですが、1月半ばには黒系のタイルと白系のタイルが貼られます。

黒くてでかい・・・と言うと、何だか・・・いえ、何でもありません(苦笑)

また、ついでに見てきてくださいね~。

コメントを閉じる▲

リストマーク 出張から帰ってくると・・・ 

2006年11月18日 ()
2週間に渡る出張が今日で終わり、帰宅後、夕食も摂らずに現場へ直行しました。

地面の漉き取りも遣り方も根切りも、捨てコン打設も、基礎立ち上がり部分のコンクリート打設も、当たり前ですが全て終わっていました・・・・。(涙)
家造りに於いて、非常に大事な部分ですので、施工の経過をこの目できちんと見ておきたかったのですが、仕方ありませんね。

ちなみに我が家は布基礎にての施工です。
スウェーデン式サウンディング試験による地盤調査の結果、非常に地盤が固いとの事で布基礎で充分だそうです。
知人が家を建てたときは、軟弱地盤だった為にかなりの数の杭を地中深く何十本も打ち込んだそうで、それだけで数百万の出費となったそうです。
仕方ないこととはいえ、予算が限られている中での数百万の出費は避けたいところです。
そういう意味では、我が家の場合は非常に助かりました。

そして、私の居ない間にこんな葉書が東日本ハウスから送られてきていました。
基礎検査実施報告

下のコメントの字が、ちょっと達筆でビックリしましたが・・・(笑)

この葉書に載っている写真のアップです。
報告書葉書拡大

この写真だけでは詳細は判りませんが、配筋に関しては大丈夫ということなんでしょうね、きっと。
検査をしてくれた東日本ハウス本社品質検査室の方が、きちんと見てくれたと信じるしかありません。


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.18(Sat) 23:41] 2-1 基礎工事Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 話が違う~ 

2006年11月07日 ()
塀工事の金額の確認と、ガレージのオーバースライダーのカタログを貰いに東日本ハウスに行ってきました。

ガレージドアには三和シャッターの"クッキー"を入れるのは決まっているのですが、やっぱりカタログくらいは欲しいなと思っていたところ、M田さんが入手してくれたようなので、喜んで取りに行きました。

カタログを受け取り、「じゃ、塀の分の追加伝票切りますね~」と言ってM田さんが出した用紙を見て、ちょっとビックリしました。
そこには、「塀工事 H700 19.7m ¥640000」と書いてあったのです。
以前「塀ってどれくらいの金額で作れるの?」と工事の?俣さんに聞いた時には「高さによっても違いますが、高さが900mm以内であれば大体1mあたり2万ちょっと位ですかね」と言われていたので、てっきり「2万円×20m=40万くらい?」と、私自身は思っていたのです。
ところが出てきた金額は60万を軽く超える金額ですから、少々戸惑うのは当たり前です。

「話違うじゃん!」と言う私に、M田さん、動揺を隠せません。
「ちなみにH1100ならどのくらいだったんですか?」と聞いてみると、「72万円くらいだったと思います」との返答。
「10?単位でかなり変わるって聞いてたんですけど、あんまり変わらないんですね」と私が質問すると、M田さん「いや、だから不思議に思ったんですよ。バカみたいに金額変わらないからどうせなら1100mmにしたら良かったのに・・・って思っていたんですよね」と。

営業と工事で言っている内容が違ってきています。
このままじゃ納得はいかないので、工事の?俣さんにも同席してもらい、もう1度話をすることになりました。

?俣さんに「10センチ単位で金額がかなり変わるって言ってたけど、あんまり変わらないじゃないですか!」「900mm以内の高さなら2万くらいって言ってた金額と、随分違う金額が出てきているんですけど?」と矢継ぎ早に質問すると、「少しは金額が変わると言いましたが、かなり・・・とは言っていません」と反論が来ます。
そこで嫁さんにも携帯で電話し確認したのですが、聞いていた内容はやはり私が聞いていた内容と全く同じでした。

この塀工事の話には、M田さんは全くと言っていいほど関わっていません。
M田さんとの話なら毎回必ず筆談が残るので、今まで1度も"言った・言わない"というトラブルは無かったのですが、今回、意外な形でついに出てしまいました。
このまま言った・言わないの論議を続けても仕方がありません。
「このままの金額でしか無理なんですか?値引きは全然出来ないのですか?」と?俣さんに聞いたところ、「ちょっと計算してきます」と言って一旦席を外されました。

実はこのトラブルには伏線もありました。
ガレージの換気扇に関して、「こういう使い方をしたい、こういう理由で導入を考えている」というのは?俣さんに9月15日の時点で伝えてあって、できるだけ早い時期に、どのメーカーの何という機種を採用するというのを教えて欲しいと頼んでいたのです。
ですが、実は今日の時点でも、換気扇の品番はおろかメーカーも決まっていません。
何度換気扇に関して訊ねても「すいません、もうちょっと時間下さい。」と逃げられて、既に1ヵ月半が過ぎようとしています。
そんな事もあって、実は工事の?俣さんにちょっとした不信感が、私の中に生まれていたのです。

?俣さんが戻ってきて、「こういう金額ならどうでしょうか?」と出されたのは"55万円"という金額でした。
「いや、45万でやってください」
静かに、しかもゆっくりとした口調で私は?俣さんに答えます。
「・・・・・・・・・・・。50万では・・・・・?」
粘る?俣さん。
「40万円台じゃないと、俺は納得しませんよ。そうですね48万でどうでしょうか?」
「・・・・・判りました。50万も48万も、あまり変わりは無いですものね」と?俣さんが折れてくれて、交渉成立。

正直、あまり後味の良いものではありませんが、出された金額に腹が立ったのではなくて、最初と話が違うということに腹が立ったのです。
M田さんとの交渉では、今まで1度もこういうことが無かったので、余計目だってしまうのでしょうけれども・・・。

今後はこういう事が無いことを祈って止みません。


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.07(Tue) 23:14] 2-1 基礎工事Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

先日はお邪魔致しました。 by 将軍
ども。今日から仕事はじめだったのですが、悪天候により明日から仕事はじめとなりました。
おかげで隠れ家ブログを全て読みきることができましたw

すっごく面白くて、昨日はいつも9時過ぎに就寝するんですが夜中の1時を過ぎてもやめられなく、腹が減ったのでインスタントラーメンを啜りながら拝見させてもらいましたよw

もしも我が家で家を建てるとすればガレージ付きの家だと思うのであまりここを参考にできないかもしれませんが、着工までのやりとりがものすごく勉強になりました。

引越し終わったら新築祝い持って行きますのでまた泊まらせてください。


是非とも遊びに来てください by 風神
睡眠時間を削ってまで読んで頂き、非常に光栄ですw

着工までは色々ありましたが、これも良い勉強だったと思っています。

ウチの隣の土地が空いていますので、ガレージ付きの家を建ててください。
都心部までが遠いのが難点ではありますがww

コメントを閉じる▲

リストマーク 着工(地鎮祭はナシよ) 

2006年11月05日 ()
記念すべき着工日を迎えました。

・・・・とはいっても、設計担当のA部課長、工事担当の?俣さんと私と嫁さんの4人で、現地で位置確認した程度で終わってしまいましたが・・・・。(苦笑)
ちなみに担当のM田さんは体調不良のため来ることはできませんでした。
契約直後は、着工に合わせて地鎮祭も行う予定だったのですが、M田さんに聞いたところ「地鎮祭は施主全体の70%、上棟式は全体の半分くらいしかやってませんね」との話もあったので、もともと神仏信奉者でも無い私はアッサリと「じゃ、やめます」と地鎮祭も上棟式もやらないことにしてしまったのです。
これに関しては皆さん賛否両論あるでしょうし、実際私の両親や義理の両親にしても「何でやらないの?あんた、そういうもんじゃないよ?」と言われるのですが・・・・。

現地で打ち合わせと合わせて、北側隣地とは200mm~400mmの高低差があるので(私の土地の方が高い)敷地北側に土留を兼ねた塀を廻すかどうかの相談もしたのですが、当初の計画にあった高さ1100mmというのを変更して高さ700mmで決定しました。
「高さ10センチ単位で結構金額変わりますよ?」と工事の?俣さんに言われ、「どの位変わるものなんですか?何万単位?」と聞いたところ、「いえー、何万単位じゃないですよ」と言われたのが最大の理由です。
H1100mmの方が「塀」としての機能も持つのは判っているのですが、多分この後掛かるだろう外構費用に予算を少しでも残しておきたいのです。

詳しい見積り金額は7日に判るとの事。
どのみち数十万単位の出費になることは間違いありませんが、後々のトラブルを避ける為にも仕方ないですよね。


人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.05(Sun) 21:15] 2-1 基礎工事Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 出張命令 

2006年11月04日 ()
いよいよ明日、着工を迎えます。
ようやっとこの日を迎えられる!と思っていたのも束の間。

11月8日から2週間の予定で出張に出なければならなくなりました・・・。(涙)

もうね、アレです。
結婚を目の前にして、急遽戦地に赴くことになった兵士の気分です。
もっとも、私の場合は2週間後には確実に戻ってくることは出来るのですが・・・。

家造りで最も大切な部分でもある"基礎工事"が、私が留守中に行われることになります。
掘削も捨てコン施工も、基礎の型枠作りも見れません。
基礎工事から竣工まで、デジカメで記録を取っておこうと思っていたのですが、その計画すら水の泡です。
 
・・・・ということで、このブログに基礎工事の初めの部分を残すことが出来なくなりました。
当初、基礎工事の記録を嫁さんに頼もうかとも思ったのですが、家事・育児・仕事の3つを担当している嫁さんにこれ以上の負担はかけられません。

基礎工事に関しては。東日本ハウスさんに全てお任せという状態になります。
無事に基礎がきちんと施工されていることを祈るしかありません。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.11.04(Sat) 23:21] 2-1 基礎工事Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。