TOP > 残工事その7 ~ガレージ床塗装・後編~
 ← ガレージの完成 | TOP | 残工事その7 ~ガレージ床塗装・中編~

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 残工事その7 ~ガレージ床塗装・後編~ 

2007年05月05日 ()
通常のガレージの床塗装であれば、上塗りを2回したところで終了なのですが、今回の風神’sガレージの床塗装では、この先に最後の1工程がありました。
とは言っても、何も特殊な事ではありません。
最後の仕上げにお願いしていたのは「クリヤー塗装」。

今回、ガレージの床塗装に使用したのは水谷ペイントのボージンテックス5000Uですが、これは俗に言う2液性ウレタン塗料というヤツです。
耐油性、耐摩耗性、耐候性、耐久性が高く、乾燥が速い。そして屋外にも使用できるタイプの塗料なのですが、短所として挙げられるのが、タイヤマークが付き易い、弾性はあるが引っかき傷に少し弱いという点があります。

その中で私が最も避けたいのがタイヤマークの付着。
せっかくの塗装なのに、タイヤの跡が黒々~♪じゃ、洒落になりません。
そこで、上塗りの上に更にクリヤーを塗ってもらうことでタイヤマークの付着を避ける事にしたのです。
クリヤーを塗ることによって、厚膜塗装並の艶が出ることも見逃せないポイントです。

あとは引っかき傷の対処ですが、実は中塗りの上に珪砂を散布したのは防滑仕様にする為だけではなく、強度と厚みを補い引っかき傷を防止するという理由もありました。
珪砂を散布することによって、塗装時の気泡の発生を抑えるという効果もあるようです。

今回使用するクリヤー塗料はコレです。
クリア塗料
上塗りにも使用した、ボージンテックス5000U。2液性のクリヤーです。
1液性のクリヤー(ボージンテックス・マークストップ)を使うのだと思っていたら、コレは予想外でした。
1液性のクリアでは、屋外では変色するのでコレを選択されたのでしょうね。
ただ、塗装硬度や耐摩耗性は明らかにボージンテックス・マークストップの方が性能が上なので、屋内部分のみの塗装ならこちらのほうが有利だと思われます。
・・・・しかし、5000Uのクリヤーって水谷ペイントのカタログには載っていなかったような気がするのですが・・・・、コレもプロに依頼するメリットの1つなのでしょうね。

主剤と硬化剤を混合し、まずは縁の部分を刷毛で塗っていきます。
クリア塗料


基礎立ち上がり部分を塗装したあとは、床塗りの開始。
クリア塗装開始
ローラーを使って手早く、しかし丁寧に塗っていきます。

クリア塗装
よーーく見ると、S田社長の手前と壁側で色が違うのが判るでしょうか?

クリア塗装(アップ画像)
上の写真のアップ画像です。
写真中央を境に、右側がクリヤー塗装済みの部分で、左側が上塗りのみの部分です。
判り辛いかな・・・・・?(^^;)

これでようやっとガレージに関しての施工が全て終わりました。
と、同時に我が家の残工事も全て終了を迎えたことになります。

ただ、最後の難関の「外構」がまだ残されていますが・・・。(^^;)
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.05.05(Sat) 23:23] 3-5 ガレージTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ガレージの完成 | TOP | 残工事その7 ~ガレージ床塗装・中編~

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/133-fc1ac2e8
 ← ガレージの完成 | TOP | 残工事その7 ~ガレージ床塗装・中編~

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。