TOP > 塗装の剥離・その3
 ← Y川造園さんのプラン | TOP | 塗装の剥離・その2

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 塗装の剥離・その3 

2007年05月09日 ()
余り喜ばしくないこのシリーズも3回目を迎えました。(^^;)

そして気になる実験結果は・・・・・



やっぱり剥がれていました。



3日間で合計3箇所・・・。
クリヤーの剥離
車の重みに塗装が耐えられず剥離したんですかねぇ・・・。

ん?
重み?
重さによって剥がれ方が変わっているのでしょうか。
幸い(?!)このガレージには、車以外で既に置かれているものがあります。
ガレージに置いた他の物。
それは出入り用の階段とガラステーブル、そしてイス。
モノの重さで剥離状態が変わるのかどうか、それを調べる為のちょうど良い実験材料が揃っています。(苦笑)

まず階段をズラしてみると、荷重が掛かる部分は所々剥がれています。
そしてガラステーブルをズラしてみると・・・・。
テーブルの足の底の形で、しっかりと剥がれていました。
イスの下は・・・・ワカリマセン。
もしかしたら剥がれているかもしれませんが、その剥がれを探したところで意味は無いでしょう。

これで、硬化(乾燥)不足が原因ではないことと、違う重さのモノでも剥がれる事はハッキリしました。
まぁ、原因が少し絞られた訳ですから、ある意味明るい材料として捉えられるかな?(苦笑)
素人が出来るのはココまでです。
ここから先の原因究明は、プロであるS田社長に全て委ねたいと思います。
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.05.09(Wed) 22:25] 3-5 ガレージTrackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

ペンキ屋さんの言葉 by あぶりしゃけ
クリヤーのことは良く分からないのですが、前にウチにいらしたペンキ屋さんが、こんなことをおっしゃってましたよ。

「ペンキは、半製品。塗装する時は、まだちゃんとした製品になっていません。塗装してから、ちゃんとした製品になるまでに約1週間。1週間もすればちゃんと乾いて、初めて製品になるんですよ」

それから、
「人が毎日乗るようなところは、確実に剥がれてきます。塗り方によって、それが五年後に来るか十年後にくるかの差はあると思いますが」
だそうです・・・。

クリヤーは、またちょっと違うのかなぁ。

う~ん by Mちゃん
なんとも切ないですね~。(^^;)

何か良い手があればいいんですけどね~、テーブルの重みでも剥がれるというのはやっぱり何か他の種類じゃないと駄目なのかな~、う~ん。

塗装は奥が深いですね by 風神
>あぶりしゃけさん

コメントありがとうございます!

なるほど、ペンキは半製品ですかぁ。
確かに完全硬化してこそ製品として初めて機能するものですよね。
さすがプロ、上手い言い方をされるものですね。

ガレージの床塗装といっても水性、アクリル、ウレタン、エポキシ、1液性、2液性、そして薄膜、中膜、厚膜・・・・。
もうとんでもないくらい種類があるし、それぞれ長短所もあり・・・・。
硬化速度も、3時間で充分な物もあれば3日以上を要求する塗料もあって、それはもう膨大な種類があるようです。

まぁ剥がれに関しては、水性やアクリル塗料などを使っていた場合は、3日で剥がれても「あぁ、やっぱり・・・」と思うのですが、今回導入したのは自動車の整備工場やフォークリフトの入る倉庫などで使用する床専用の塗料だったので、正直「あれれ?」とは思ってしまいます。(^^;)
それであっても経年劣化や使用状況で剥がれが出るのは仕方ないとは思っていますが。

まぁ、どのみちここから先はプロでしかわからない領域ですので、良い意味でしばらく成り行きを静観しようと思っています。

どうなんでしょうね by 風神
>Mちゃん

切ない気持ちはあるのですが、「どうせ綺麗に直してくれるっしょ」という楽観的な気持ちが結構あります。(笑)
自分の中で、「このHMさんならきちんと対応してくれるだろう」という気持ちがあるんですね、きっと。

中塗りと上塗りの施工間隔を空け過ぎると、塗料が剥離しやすいというのは以前聞いたことがあるのですが、空けたのは中1日ですしねぇ。
何だか私もよく判らなくなってきています。(^^;)

一旦塗った物を剥離してから再施工というのは考え難いので、同じ物を何かしらの方法で塗装するか、クリヤーの塗料自体を変更してさらに上塗りという感じになるのかもしれませんね。

コメントを閉じる▲

 ← Y川造園さんのプラン | TOP | 塗装の剥離・その2

COMMENT

クリヤーのことは良く分からないのですが、前にウチにいらしたペンキ屋さんが、こんなことをおっしゃってましたよ。

「ペンキは、半製品。塗装する時は、まだちゃんとした製品になっていません。塗装してから、ちゃんとした製品になるまでに約1週間。1週間もすればちゃんと乾いて、初めて製品になるんですよ」

それから、
「人が毎日乗るようなところは、確実に剥がれてきます。塗り方によって、それが五年後に来るか十年後にくるかの差はあると思いますが」
だそうです・・・。

クリヤーは、またちょっと違うのかなぁ。
[ 2007.05.10(Thu) 11:40] URL | あぶりしゃけ #MY55Xq8c | EDIT |

なんとも切ないですね~。(^^;)

何か良い手があればいいんですけどね~、テーブルの重みでも剥がれるというのはやっぱり何か他の種類じゃないと駄目なのかな~、う~ん。
[ 2007.05.10(Thu) 16:38] URL | Mちゃん #- | EDIT |

>あぶりしゃけさん

コメントありがとうございます!

なるほど、ペンキは半製品ですかぁ。
確かに完全硬化してこそ製品として初めて機能するものですよね。
さすがプロ、上手い言い方をされるものですね。

ガレージの床塗装といっても水性、アクリル、ウレタン、エポキシ、1液性、2液性、そして薄膜、中膜、厚膜・・・・。
もうとんでもないくらい種類があるし、それぞれ長短所もあり・・・・。
硬化速度も、3時間で充分な物もあれば3日以上を要求する塗料もあって、それはもう膨大な種類があるようです。

まぁ剥がれに関しては、水性やアクリル塗料などを使っていた場合は、3日で剥がれても「あぁ、やっぱり・・・」と思うのですが、今回導入したのは自動車の整備工場やフォークリフトの入る倉庫などで使用する床専用の塗料だったので、正直「あれれ?」とは思ってしまいます。(^^;)
それであっても経年劣化や使用状況で剥がれが出るのは仕方ないとは思っていますが。

まぁ、どのみちここから先はプロでしかわからない領域ですので、良い意味でしばらく成り行きを静観しようと思っています。
[ 2007.05.11(Fri) 01:42] URL | 風神 #xJkBTR9U | EDIT |

>Mちゃん

切ない気持ちはあるのですが、「どうせ綺麗に直してくれるっしょ」という楽観的な気持ちが結構あります。(笑)
自分の中で、「このHMさんならきちんと対応してくれるだろう」という気持ちがあるんですね、きっと。

中塗りと上塗りの施工間隔を空け過ぎると、塗料が剥離しやすいというのは以前聞いたことがあるのですが、空けたのは中1日ですしねぇ。
何だか私もよく判らなくなってきています。(^^;)

一旦塗った物を剥離してから再施工というのは考え難いので、同じ物を何かしらの方法で塗装するか、クリヤーの塗料自体を変更してさらに上塗りという感じになるのかもしれませんね。
[ 2007.05.11(Fri) 01:51] URL | 風神 #xJkBTR9U | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/137-ffe48dc3
 ← Y川造園さんのプラン | TOP | 塗装の剥離・その2

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。