TOP > 3ヶ月点検後の補修
 ← オール電化の電気料金(ドリーム8) | TOP | 感謝

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 3ヶ月点検後の補修 

2007年06月03日 ()
3ヶ月点検で見つかった不具合などの補修の為、昨日、外壁のタイルを貼った業者の方とクロス屋さん、そして現場監督の?俣さんが家に来てくれました。

まず外壁のタイルで表面が一部欠けている数枚は後日貼り替えすることになり、接着剤などが付着して汚くなっているところは砂消し(ボールペンで字を書き損じた時に使う、アレです)で擦って消していました。
それでも消せない数枚は、やはり後日貼り替えという事になりました。
十数年ぶりに”砂消し”を見ましたが、こういう使い方もあるんですねぇ。

壁紙の隙や不陸はこんな感じで直していました。
腰壁の壁紙補修
まず補修部分の壁紙を剥がし取り・・・・

壁紙補修時のパテ
パテを練って・・・・

腰壁の不陸修正
コテを使ってパテを塗りつけ、均していきます。

腰壁の壁紙の修正後
で、この通り綺麗になりました。
本当は修繕前と修繕後の比較の写真を撮る予定だったのですが、写真を撮りに行った時には既に壁紙を剥がし始めていたので、断念。(^^;)
ちなみにこの補修された部分に新たに貼られた壁紙ですが、何と!キッチン腰壁に貼られていた壁紙を綺麗に剥がし移植したとの事。
同じ品番の壁紙でも、微妙に厚さや色が違う時があるとの事で、こういう処理になるそうです。
もちろんキッチンの壁紙は全面に新しい壁紙が貼られました。(^^)

一方?俣さんはコーキングとガンを持ってクロスの隙を埋めていきます。
~Before~
天井部分の壁紙の隙


~After~
天井部分の壁紙の隙の修正後
こんな感じで、あちこちの隙が埋められていきました。
壁紙自体の不陸などは他にもまだ色々あるのですが、6ヶ月点検もしくは12ヶ月点検が終わった後に一気にやっつけるとの事です。
まぁ、家自体がまだまだ動くでしょうし、ある程度動きが収まったところでの補修の方が能率が良いと思うので、しばらくは放置することになりました。

これ以外では、寝室クローゼットの建具のズレは?俣さんが調整し問題解決。
トイレドアの部材の剥がれは、後日ドアごと交換という形で対処するそうです。
スケルトン階段の床鳴りは、階段の板を後日交換して様子を見るとの事。

そして明日からは塗装屋さんがやってきて、ガレージ土間のクリア塗装の修正とリビングの表し梁の補修が行われる予定になっています。


他のハウスメーカーさんで建てられた方のブログなどを見ていると、「3ヶ月点検後、補修に来るまでに3ヶ月以上放置されたー!」という記事なども見かけますが、我が家の場合、3ヶ月点検から約2週間後に補修が入っているので、かなり早い方なのかもしれません。

ちなみにアフターで補修作業をしてくれるのは全て、我が家の建築に直接関わっていただいた業者さんたちだそうです。
アフター専門の部隊を抱えているメーカーさんもあると思いますが、私は個人的に東日本ハウスのこのスタイルの方が良いと思っています。
何故かというと、「業者や職人が自分の仕事に最後まで責任を持つ」という印象を受けるからに他なりません。

スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.06.03(Sun) 21:25] 3-4 アフター・メンテナンスTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by はりモグラ
>「業者や職人が自分の仕事に最後まで責任を持つ」という印象を受けるからに他なりません。

まったく同感です。ポチポチッ。

私が以前見た建築日記関係のブログでは、ハウスメーカーが点検補修に来るたびに別のところを壊していく、と嘆いている方がいらっしゃいましたよ。

はりモグラさん by 風神
ハウスメーカーが点検補修のたびに別のところを壊していくっていうのも凄い話ですね~(^^;)
ドアの建て付けを直しに来たら、フローリングを傷つけて帰った・・・みたいな感じなんですかねぇ。

コメントを閉じる▲

 ← オール電化の電気料金(ドリーム8) | TOP | 感謝

COMMENT

>「業者や職人が自分の仕事に最後まで責任を持つ」という印象を受けるからに他なりません。

まったく同感です。ポチポチッ。

私が以前見た建築日記関係のブログでは、ハウスメーカーが点検補修に来るたびに別のところを壊していく、と嘆いている方がいらっしゃいましたよ。
[ 2007.06.05(Tue) 11:51] URL | はりモグラ #FDdjqe3o | EDIT |

ハウスメーカーが点検補修のたびに別のところを壊していくっていうのも凄い話ですね~(^^;)
ドアの建て付けを直しに来たら、フローリングを傷つけて帰った・・・みたいな感じなんですかねぇ。
[ 2007.06.05(Tue) 23:47] URL | 風神 #xJkBTR9U | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/147-fb14e3f4
 ← オール電化の電気料金(ドリーム8) | TOP | 感謝

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。