TOP > ガレージ土間の再塗装
 ← リビング・表し梁の補修 | TOP | 外壁タイルの補修

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ガレージ土間の再塗装 

2007年06月11日 ()
今日、午前中から塗装屋のS田社長さんが来てくれて、ガレージ土間が再塗装されました。

問題になっていたクリヤーの剥離の修正ということで来て頂いたのですが、状態を再確認してもらったところ、塗装の剥離にも見えるし艶引けにも見える・・・・・・ということで、「原因も含めて何とも言えない」ということでした。
そこで、S田社長さんから2つの提案が出ました。

1. もう1度同じ状態になるかもしれないが、当初の予定通りクリヤーの再施工をする。
2. クリヤーを塗装するのを諦め、ライトグレー色での上塗りをもう1度する。

クリヤーを塗布しなければ、厚膜塗料並みの艶は出ません。
しかし、クリヤーを再塗装したとしても万一現状と同じ状態になって、ハッキリとタイヤのパターン跡が残っているのが見えるのもイヤです。
「正直、今までに”トップコートにクリヤーを塗ってくれ”と言われた事無かったんでねぇ。再塗装して同じ問題が起きる可能性は捨てきれないんですよねぇ。
とS田社長、ちょっぴり自信が無さげ。(^^;)
「クリヤーを塗らない場合だと、今までにこういう現象は起きたことってあるんですか?」
と訊いてみると、
「いや、今まででは無かったねぇ。」
という回答だったので、ここは厚膜塗装並みの艶を諦め、クリヤーの再塗装を断念しました。
S田社長さん、こんな五月蝿い施主でスミマセン。
余計な手間ばかりかけてしまって・・・・。

ということで、修正の工程は
1. 清掃
2. プライマーの塗布
3. ボージンテックス5000U(NO.19 ライトグレー)の塗布  ということに決定しました。

S田社長さんは砂等の掃き掃除、私は汚れ等の拭き掃除、と役割分担して清掃を終了させると
シーラーの塗布
まず、ところどころにあった土間の小さな穴などをパテで埋めて、それが硬化したところで前回のクリヤーの上にプライマーを直接塗布していきます。


上塗り開始
3時間弱ほど経過してプライマーが硬化したところで、今度は上塗りを開始します。


上塗り終了
上塗りが終了しました。


艶の具合
気になる艶はこんな感じです。
これはまだ硬化しきっていない状態ですから、硬化後はもう少し艶が無くなるでしょうね。
でも充分かな?

この塗装もガレージを何年も使ってるうちに、剥がれやどうしても取れない汚れなどが付着するでしょうから、いつか再塗装が必要になると思います。
そしてその時は・・・・・・・

個人宅には間違いなくオーバークオリティで費用が大幅に上がるのが判っていても厚膜塗料で塗装してやる・・・・・・!!と、密かな野望を抱いています。(笑)

スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.06.11(Mon) 21:18] 3-5 ガレージTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← リビング・表し梁の補修 | TOP | 外壁タイルの補修

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/152-35f915eb
 ← リビング・表し梁の補修 | TOP | 外壁タイルの補修

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。