TOP > 敷地西側の掘削
 ← 黒土客土と民地石の施工 | TOP | 埋め戻し、そしてガラスブロックが・・・

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 敷地西側の掘削 

2007年07月11日 ()
昨日に引き続き、今日も掘削作業が行われました。

午前10時、作業開始です。今日のターゲットは、敷地の西側。
水糸を張った後、重機を使って掘り下げていきます。

西側の掘削

写真右上のスコップ持った職人さんが立っているところは、3000mm×3000mmの広さでGLよりも300mmほど掘り下げられ、その他の部分はGLよりも100mmほど掘り下げられています。

いやぁ~、しかし重機って便利ですね。
実は2ヶ月ほど前に、剣先スコップを使って3000mm×2000mmの広さを100mmほど自分で掘った事があったのですが、大小取り混ぜた石がゴロゴロ埋まっていて、剣先スコップの先端が「ガキッ」という鈍い音で弾き返される確率が高く、ホント苦労したんですよ。
これを契機に「手掘りなんて2度とやるモンかっ!」と、すっかり私の心は折れ曲がってしまいました。(でも、多分またやる事になるんだろうな・・・・(^^;))
しかし、重機を使うと(当然なんでしょうが)スイスイと作業が進んでいきます。

そしてこの後の作業もしばらく見守って居たかったのですが、午後から出かけなければならない為、取材は一時中断。(T T)
帰宅した時には、既に黒土が運び込まれ終わった後でした。

黒土

写真手前の部分は駐車スペースになり、写真奥の部分が庭となる訳です。
そしてこの写真では全く見えなくなっているのですが、重機の下には砂利が敷き詰められています。
そしてその横にはコンクリートの塊が4つ置かれ、更にブルーシートの下には何かがひっそりと置かれています。
以前の記事の中で紹介したパース図や平面図を見る限りは、シャラの木がそこに植えられる予定だったのですが、それが何かに化けようとしています。(笑)

さぁ、それは一体何に化けるのか・・・・・・。
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.07.11(Wed) 20:48] 3-6 外構工事Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 黒土客土と民地石の施工 | TOP | 埋め戻し、そしてガラスブロックが・・・

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/167-983e1488
 ← 黒土客土と民地石の施工 | TOP | 埋め戻し、そしてガラスブロックが・・・

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。