TOP > 前庭の進捗
 ← 新しい家族 | TOP | ガレージ前と前庭の進捗

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 前庭の進捗 

2007年08月21日 ()
昨日書けなかった前庭の進捗状況です。

3週間弱ほど手が入っていなかった前庭ですが、今回は「砂利」と「防草シート」が敷かれました。
防草シート
「後からでもイイかなぁ~」と思っていた防草シートですが、ブログ仲間のyukiyukiさんの記事を見て、「こりゃイカン!同じ苦しみは味わいたくない!」と慌ててY川社長にお願いしました。
ただ、犬走りには既に砂利の施工が敷き詰められているので、ここの部分は自分でやらなくちゃなりません。(大汗)

そして楽しみにしていた砂利の敷き詰め作業が遂に始まりました。
白川砂敷き詰め
まずは白川砂を敷き詰めていきます。
この作業は職人さん2名は見ているだけに終始し、Y川社長が1人で作業をしていました。
敷き詰めていく厚さは3?ほど。敷かれた感じは「白にかなり近いグレー」でしょうか。
なるほど、Y川社長が「敷石に使う石の厚さは最低6?以上で!」と言っていた意味がようやっと判りました。
厚みのある石でないと、砂利と面一(ツライチ)になってしまうからなんですね。
「薄い石でもイイんですけどね、やっぱりどうしても薄っぺらな感じの仕上がりになっちゃうんですよ・・・・」とはY川社長の弁。

ちなみに白川砂はこんな感じのモノです。
白川砂
見た感じは白御影石の細かく砕いたモノに見えます。
ただ、「白川砂」と呼べるモノは産地が決まっているそうで、京都の鴨川の支流の一つである白川で採れるものを「白川砂」と呼ぶそうです。
他の地方で採れる白川砂と同じような白色の砂は「新白川砂」あるいは「白錆砂利」と呼ぶようです。

【参考】
●白川砂
京都市の北東部、大文字山の北を流れる賀茂川の支流の一つである白川の付近で採取される花崗岩質の山砂です。
この白川砂は、京都に存在する多くの神社の境内の敷き砂として、上賀茂神社や大将軍神社の立砂などとして利用されています。また龍安寺や大徳寺、東福寺など禅宗の庭園としての枯山水に欠かすことが出来ない白砂として数多くの社寺仏閣に、昔からしごく当然に利用されています。
微妙な色を帯びた「まぶしくない白」で、塩と同様に清めの意味もあるそうです。
しかしこの白川砂は、近年の材料の枯渇にくわえ、防災のため白川付近の開発に制限が掛けられたため、良質な白川砂の確保が困難になっている様です。

そして、敷石や飛び石の周囲に伊勢砂利が敷かれると、こんな感じになります。
伊勢砂利施工後
「和」のテイストが強い枯山水的な雰囲気です。
だからといって灯篭や石橋とかは置きませんよ、モチロン。(苦笑)

で、伊勢砂利はどんな感じの石かというと・・・・・・・・
伊勢砂利
敷かれた状態で離れてみると、少しベージュに似たような色に見えますが、手に取ってみると色々な色が混じった石だという事が判ります。
なんだか三毛猫みたいですね。(笑)

ただココでアクシデントが発生!
実は施工途中で白川砂が足りなくなってしまったのです!(^^;)
当初のプラン図通りでいけば充分足りるはずだったのですが、予定を変更してココにあった犬走りを完全撤去しているのを忘れていたようです。
ちなみに白川砂と伊勢砂利も、当初予定していたデザインとは変えての施工になっています。
コレが足りなくなってしまった原因ですね。(^^;)

【参考】
●伊勢砂利
伊勢の国(三重県)の北部、鈴鹿山脈より伊勢湾に流れ込む朝明川流域にて産出される砂利です。
多孔質のため、水はけ、水もちがよく、敷砂利として古くより愛用されています。
また、「あさけ砂」という名称で盆栽用土としても広く利用されています。
最近ではイングリッシュガーデンにも使われているようですね。


そして1袋だけあった、那智黒石はココの為だったようです。
那智黒石
門塀裏のこの部分。
ココには門塀に埋め込まれたガラスブロックを裏側から照らすライトが設置される予定なのですが、「普通、ライトの本体って黒いでしょ?それが目立つとあまりカッコイイもんじゃないから・・・。だからココは黒い砂利入れましたから」という事だったようです。

【参考】
●那智黒石
熊野市神川町神上の峡谷から産出される非常に細かな粒子の水成粘板岩で、硯石・碁石・置き石などが作られています。那智黒石が商品として用いられたのは歴史的にも古く、遣唐使が碁石原料として土産にしたとされています。
他には試金石(現在では、試金石という言葉は、一般に、なにかの価値や能力をためす基準や物事を示すものとして用いられています。しかし本来は、金の品位を鑑定するために、擦って、その条痕を見るための石そのものを指していたそうです。)としても古くから有名だったようです。


歩道側から見た前庭
最後にもう一度、歩道側から見た前庭です。
完全に砂利は敷き詰められていませんが、明後日にはチラッと見えている防草シートも、その姿を完全に隠す事になっています。
その後は、植樹ですね。(^^)
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.08.21(Tue) 16:32] 3-6 外構工事Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

防草シート by Baz
こんにちは。
先日のNHK番組「住まい自分流」で初めて「防草シート」なるものを知りました。
すごい物があると感心していたのですが、風神さんもご存知でしたか。f^^:
もちろん、うちも使いますよ。小さい家なのでちょいちょいと済みそうですけど。^^v

スゴイ by shinpurumodan
石 きれいですねー 勉強になります。
一見和風の感じですがそこは風神さんのこと。きっと
モダンなテイストの要素を加えていくのでしょう。出来上がりがみたいです。我が家も参考にしたいです・・・

Bazさんへ by 風神
テレビ番組でも取り上げていたんですね。
私が初めて防草シートを目にしたのは、まだ家を建てる気が全く無かった数年前でした。
その時は「何だコレ?」と、気にも留めなかったんですけどね。(^^;)

地面から生えてくる雑草はかなり防いでくれるようですが、防草シートの上にも雑草は生えるようなので、雑草取りの魔の手からは逃れられそうもありませんが・・・・。(苦笑)

shinpurumodanさんへ by 風神
ね、和風でしょ?(笑)
でもこの手の庭って、植える樹木によって雰囲気をガラリと変えることが出来るんです。
最近は個人宅で石庭を作る人がめっきり減ったらしいので、逆に目立つかもしれません。(笑)



コメントを閉じる▲

 ← 新しい家族 | TOP | ガレージ前と前庭の進捗

COMMENT

こんにちは。
先日のNHK番組「住まい自分流」で初めて「防草シート」なるものを知りました。
すごい物があると感心していたのですが、風神さんもご存知でしたか。f^^:
もちろん、うちも使いますよ。小さい家なのでちょいちょいと済みそうですけど。^^v
[ 2007.08.21(Tue) 23:55] URL | Baz #- | EDIT |

石 きれいですねー 勉強になります。
一見和風の感じですがそこは風神さんのこと。きっと
モダンなテイストの要素を加えていくのでしょう。出来上がりがみたいです。我が家も参考にしたいです・・・
[ 2007.08.22(Wed) 08:26] URL | shinpurumodan #- | EDIT |

テレビ番組でも取り上げていたんですね。
私が初めて防草シートを目にしたのは、まだ家を建てる気が全く無かった数年前でした。
その時は「何だコレ?」と、気にも留めなかったんですけどね。(^^;)

地面から生えてくる雑草はかなり防いでくれるようですが、防草シートの上にも雑草は生えるようなので、雑草取りの魔の手からは逃れられそうもありませんが・・・・。(苦笑)
[ 2007.08.22(Wed) 16:31] URL | 風神 #xJkBTR9U | EDIT |

ね、和風でしょ?(笑)
でもこの手の庭って、植える樹木によって雰囲気をガラリと変えることが出来るんです。
最近は個人宅で石庭を作る人がめっきり減ったらしいので、逆に目立つかもしれません。(笑)


[ 2007.08.22(Wed) 16:56] URL | 風神 #xJkBTR9U | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/188-85c69955
 ← 新しい家族 | TOP | ガレージ前と前庭の進捗

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。