TOP > ガレージについて考える ~その1~
 ← ガレージについて考える ~その2・必要な広さ~ | TOP | 収穫の秋?!

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ガレージについて考える ~その1~ 

2007年10月15日 ()
ブログタイトルに「ガレージハウス」と高々と掲げているにも関わらず、ここ最近はガレージネタを記事にする事も少なくなっていましたので、今回はシリーズで書いてみようと思います。

ガレージ。
所謂「車庫」ですが、コレに関してはガレージを所有される方によって様々な目的があることと思います。
主だった用途としては
・車を風雨から守る保管場所として。
・車の保管場所でもあるが、物置としての兼用。
・車の保管場所でもあるが、何らかの作業場所としての兼用。
と、まぁこんな感じだと思います。
しかし、最近は「常に愛車を身近に感じられるスペース」としてガレージを設置するケースも増えているようです。
リビング横や寝室、書斎などに大きな窓を設置して、いつでも愛車が眺められる状態にする為の演出などが良い例でしょう。

単にガレージとしての機能だけを望むのならば、カスケードガレージなどに代表される簡易型のガレージでも十分だと思われますし、またそのような簡易型のガレージであっても、使われる方の工夫で非常に快適な空間が生まれると思います。
しかし、「居室から愛車の存在を身近に感じる」という事を優先して考えるならば、やはり組み込み型のガレージが譲れなくなってきます。
私もその1人で、最終的には ガレージ=自分の部屋 というコンセプトで家作りをしました。

我が家の建築においてのガレージを考えた時、まず最初に悩んだのはそのコンセプトでした。
「どんなガレージが望みなのか」ということの方向性だけは予め決めておかなければ、必要な奥行き・幅・天井高さも決められませんし、建築中にしておかなければならない事と建築後でも十分間に合う事の整理も出来ません。

1番最初にアレコレ考えたのが「ガレージの中で何をしたいのか?」でした。
車のチューニングショップに勤務していた経緯を持つ私は、板金・塗装以外であれば一通りの作業を経験した事があります。
足回りやマフラーの交換、タービンの取り付け、エンジンやミッションのオーバーホールをはじめ、溶接機などを使用してのワンオフパーツの製作なども自分自身でやってきた経験があるので、「重整備に耐え得るガレージ」も魅力がありました。
工具や加工機械を置きリフトも設置して、誰にも邪魔されずそこで好きなだけ車をいじり倒す・・・・・・・・・。
機械好きな方やプライベートチューナーであれば、それはもう夢のような空間です。
オイルの匂いの漂う空間で、お気に入りのツナギに身を包み・・・・・。
あぁ、もう考えただけでゾクゾクします。

しかし、ふと最近の自分の状況をよくよく考えてみました。
車は相変わらず大好きです。
だけど、チューニングショップを辞めてからミッションやエンジンを自分でバラした事があったのは、ここ10年で一体何回あったでしょう。
せいぜい2~3度というところでしょうか・・・・・・・・・。
最近では何かの部品の取り付けでも、全てショップにお任せしているのが現状です。
ショップ勤めを辞めてからでも、青空の下でいつも車の下に潜って作業をし続けていたならば、この「重整備に耐え得るガレージ」は必要不可欠です。
しかし40歳になっても50歳になっても60歳になっても自分で自分の車の整備をするならばイイのですが、果たして私はその道を歩むのか・・・・・・。
自問自答した結果は「NO」でした。

じゃぁ、私にとって何故ガレージが必要不可欠なのか。
1番の目的は「愛車の塗装を守りたい」というのが、ここ最近のガレージが欲しい1番の理由だったと思います。
洗車場でピカピカに磨きこまれたボディを見て、一人でニヤニヤとしながら軽く峠を流す・・・・というのがここ数年の私と車の付き合い方で、その「ピカピカ」を維持し続けるのに屋根と壁がある空間が必要だったのです。
「ならばカスケードガレージなどの簡易型で十分では?」と言われそうですが、ピカピカを維持し続けるためにはキチンとした照明設備が必要です。
そして何より「ピカピカに光り輝く愛車を、見たい時にいつでもすぐ見られる」という事を考えると、組み込み型のガレージは譲れないところだったのです。

こうして「軽整備も出来る、魅せるガレージ」というコンセプトが、私の中でだんだんと固まっていきました。

ところで、我が家を訪れた方に時々「リビングの横がガレージとかって考えなかったの?」と訊かれるのですが、実はコレは最初から考えていませんでした。
たしかに「いつも車を眺められる」のですが、コレって私の場合疲れちゃうと思うんです。
車が調子悪い時も、汚い時も、傷やヘコミがある時も、常に車が見える状態だと逆にそれがストレスの原因になっちゃうのではないか・・・・と私は考えます。
車は大好きですし、私自身の生活の中心に在り続けることは間違いないと思いますが、車に振り回される生活ではなく、あくまで生活の主人公は私とその家族・・・・・・・・。
そして何かの作業をしている時にもリビングからガレージが丸見えっていうのも、作業する立場としては何だか気持ちが落ち着きません。
(リビングから見ている方も落ち着かないでしょうけどね。(苦笑))

いくら大好きな人やモノであっても、時には時間や距離を置きたい・・・・・・ということが人にはあると思います。
特に私は「誰にも邪魔されない独りの時間」というのを生活の中で欲しがるタイプなので、リビングからガレージが見えるというのは避けたかったのが本音でしょうか。
それによって我が家の間取りに「スキップフロア」が採用されたのでした。

私がガレージで過ごしている時、嫁さんや子どもたちも自分達の飲み物や食べ物を持ってチョコチョコ遊びに来ます。
黙って作業を見守っている時もあれば、それに飽きてリビングに戻っていく事もあります。
もちろんガレージの中で談笑している時もあります。
エアーコンプレッサーを使用している時も、ガレージの真上がリビングなのでその作業音は殆んど届きません。
コレで「ガレージ内での作業音がテレビの音を掻き消す」事もありません。
こうやって我が家は、良い意味で家族それぞれの空間が守られている間取りとなっています。


沢山の応援ポチ、ありがとうございました。(^^)
おかげでランキングの順位も回復しました。
また宜しくお願い致します~♪
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.10.15(Mon) 17:42] 3-5 ガレージTrackback(0) | Comments(6)
↑TOPへ


COMMENT

どうも~ by Mちゃん
こんばんは~(笑)

何かいい記事ですね~。読みながら「そうだよな~」とうなずきました。私のガレージハウス検討中のある友人にもこの記事勧めておきます。(^^)


少し話は変わりますが、たまに私はブログに追われる気分になるとパソコンを見るのも嫌になったりします。(笑)

義務にならずに自分が楽しんで出来るのが一番いいのかな~何て思ったりします。

何かいい記事、に同感 by はりモグラ
Mちゃんの感想にあった言葉に同感です。
そしてまた、このシリーズのスタートがランキングのアップに貢献するであろうことも保証します。

それにしてもガレージをリビングと切り離す、というのは素晴らしい考え方で、今後のガレージライフの白眉となるものですね。
リビングからクルマが丸見えという、よくありがちなプランには常々首を傾げていたんです。理由は風神さんが記事に書かれた通りのものです。

ひょっとして風神さんのお宅はそのリビング・ガレージプランによるものかな~と勝手に思っていたので、今までそのことには口をつぐんできたのです(なかなかブログの記事から間取りを想像することはできませんし、私はヒントを頼りに人ん家の中の探検に想像をめぐらすような野暮ではありません)。

なので今回の記事にはすっかり心を打たれました。
さっすが風神さんだ。

ああ、そういえば、かつてショップに勤めておられた経験があるとかで。溶接などもしてたとかで。ゴホンッゴホッ…ウチの2号機のマフラー折れたまんまなんですけどどうしましょう?(笑)

by zamis
ポチポチッ☆ヾ(^-^)
シリーズ楽しみにしてます。

Mちゃんへ by 風神
家作りもガレージ作りも、その人それぞれの考え方やスタイルがあるので一概に「これが正解!」っていうのは無いのですが、まぁ「私の場合はこう考えます」というのをこれから書き綴っていきたいと思っています。

何せ初の「シリーズもの」なので、少々緊張気味ですが・・・・。(笑)

私も気分が乗らないときはブログの更新をサボっています。(苦笑)
強迫観念に近いものや義務的なものだと、私の稚拙なブログに余計拍車がかかりそうで・・・・。(^^;)


はりモグラさんへ by 風神
このシリーズ、ランキングアップに繋がると嬉しいですね。(^^)

リビングや和室から望む愛車・・・・というのも悪くはないと思いますし、それが1番の希望の方も沢山居ると思うんです。
でもね、やっぱり・・・・・それが毎日毎日そしてこの先ずーっとになってしまうことも考慮すべきかなと思いまして・・・・。
もしも私がリビング横にガレージを作るとしたら、車を見る事が出来る窓にはガレージとリビングの両方にロールスクリーンを着けていたと思います。
私の家の来客全てが車好きとは限らないですしね。

マフラーの件ですが・・・・。
溶接機が無いんですよぉ~。
そして折れた場所がとても重要になってきます。
実はタイコの部分って鉄板がかなり薄くなっているので、溶接しようとも穴が開きまくるというケースが多いです。
まぁかなり大き目の当て板を使えば何とかならないことも無いのですがね。
フランジ部分や膨張管のあたりの断裂だと、同じパイ数の鉄パイプがあれば何とかなっちゃうんですけどね。
あ・・・・そうなると高速カッターも必要か・・・・。(汗)

少しずつこういう機材も買い揃えていきたいなぁ~。
でも本気で買い揃えると、魅せるガレージから整備メインのガレージに変貌を遂げそうでちょっとドキドキです。(^^;)

あ・・・・・・・余裕が出来たら家の空いているスペースに小屋作ればイイのか!

zamisさんへ by 風神
愛のポチありがとうございます!(^^)

終着点がどんな風になるか、書く側としても未だ想像出来ていませんが、ツラツラと思ったことを書いていこうと思います。

出来れば今後ガレージハウスを考えている方にとって、少しでも役に立つ内容になれば・・・・と思っています。

コメントを閉じる▲

 ← ガレージについて考える ~その2・必要な広さ~ | TOP | 収穫の秋?!

COMMENT

こんばんは~(笑)

何かいい記事ですね~。読みながら「そうだよな~」とうなずきました。私のガレージハウス検討中のある友人にもこの記事勧めておきます。(^^)


少し話は変わりますが、たまに私はブログに追われる気分になるとパソコンを見るのも嫌になったりします。(笑)

義務にならずに自分が楽しんで出来るのが一番いいのかな~何て思ったりします。
[ 2007.10.18(Thu) 00:56] URL | Mちゃん #- | EDIT |

Mちゃんの感想にあった言葉に同感です。
そしてまた、このシリーズのスタートがランキングのアップに貢献するであろうことも保証します。

それにしてもガレージをリビングと切り離す、というのは素晴らしい考え方で、今後のガレージライフの白眉となるものですね。
リビングからクルマが丸見えという、よくありがちなプランには常々首を傾げていたんです。理由は風神さんが記事に書かれた通りのものです。

ひょっとして風神さんのお宅はそのリビング・ガレージプランによるものかな~と勝手に思っていたので、今までそのことには口をつぐんできたのです(なかなかブログの記事から間取りを想像することはできませんし、私はヒントを頼りに人ん家の中の探検に想像をめぐらすような野暮ではありません)。

なので今回の記事にはすっかり心を打たれました。
さっすが風神さんだ。

ああ、そういえば、かつてショップに勤めておられた経験があるとかで。溶接などもしてたとかで。ゴホンッゴホッ…ウチの2号機のマフラー折れたまんまなんですけどどうしましょう?(笑)
[ 2007.10.18(Thu) 12:00] URL | はりモグラ #FDdjqe3o | EDIT |

ポチポチッ☆ヾ(^-^)
シリーズ楽しみにしてます。
[ 2007.10.18(Thu) 13:54] URL | zamis #CR2qkmnU | EDIT |

家作りもガレージ作りも、その人それぞれの考え方やスタイルがあるので一概に「これが正解!」っていうのは無いのですが、まぁ「私の場合はこう考えます」というのをこれから書き綴っていきたいと思っています。

何せ初の「シリーズもの」なので、少々緊張気味ですが・・・・。(笑)

私も気分が乗らないときはブログの更新をサボっています。(苦笑)
強迫観念に近いものや義務的なものだと、私の稚拙なブログに余計拍車がかかりそうで・・・・。(^^;)

[ 2007.10.20(Sat) 00:16] URL | 風神 #xJkBTR9U | EDIT |

このシリーズ、ランキングアップに繋がると嬉しいですね。(^^)

リビングや和室から望む愛車・・・・というのも悪くはないと思いますし、それが1番の希望の方も沢山居ると思うんです。
でもね、やっぱり・・・・・それが毎日毎日そしてこの先ずーっとになってしまうことも考慮すべきかなと思いまして・・・・。
もしも私がリビング横にガレージを作るとしたら、車を見る事が出来る窓にはガレージとリビングの両方にロールスクリーンを着けていたと思います。
私の家の来客全てが車好きとは限らないですしね。

マフラーの件ですが・・・・。
溶接機が無いんですよぉ~。
そして折れた場所がとても重要になってきます。
実はタイコの部分って鉄板がかなり薄くなっているので、溶接しようとも穴が開きまくるというケースが多いです。
まぁかなり大き目の当て板を使えば何とかならないことも無いのですがね。
フランジ部分や膨張管のあたりの断裂だと、同じパイ数の鉄パイプがあれば何とかなっちゃうんですけどね。
あ・・・・そうなると高速カッターも必要か・・・・。(汗)

少しずつこういう機材も買い揃えていきたいなぁ~。
でも本気で買い揃えると、魅せるガレージから整備メインのガレージに変貌を遂げそうでちょっとドキドキです。(^^;)

あ・・・・・・・余裕が出来たら家の空いているスペースに小屋作ればイイのか!
[ 2007.10.20(Sat) 00:37] URL | 風神 #xJkBTR9U | EDIT |

愛のポチありがとうございます!(^^)

終着点がどんな風になるか、書く側としても未だ想像出来ていませんが、ツラツラと思ったことを書いていこうと思います。

出来れば今後ガレージハウスを考えている方にとって、少しでも役に立つ内容になれば・・・・と思っています。
[ 2007.10.20(Sat) 00:40] URL | 風神 #xJkBTR9U | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/212-5adda2aa
 ← ガレージについて考える ~その2・必要な広さ~ | TOP | 収穫の秋?!

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。