TOP > アルミホイールの修正
 ← ガレージについて考える ~その4・床~ | TOP | ガレージについて考える ~その3・ガレージドア~

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク アルミホイールの修正 

2007年10月29日 ()
先週末、嫁さんと子ども達を連れて、愛車アルテッツァで久しぶりに遠出しました。
本当は嫁さんの車での移動の方が楽(1BOXのAT車)なのですが、アルテッツァのボンネットとトランクのコーティング剤を変更したので、暴露実験を兼ねての遠出です。
これで施工初期の防汚性能を探ってやろうじゃないか!という魂胆です。(笑)

札幌から車で3時間ほど走り、到着したのはココ。
金森倉庫

嫁さんの高校時代の縄張り。(笑)
いつかココで写真を撮ろうと思っていたのですが、なかなかその機会に恵まれず、今回ようやっと撮影することが出来ました。(^^)
こうやって改めて写真を見てみると、なんか日本っぽくない雰囲気です。
でもココは北海道H市。
あの有名な倉庫街です。
近くにはこれまた有名なハンバーガー屋さんがありますね。

嫁さんの実家があるので余計な宿泊経費が掛からない事もあって、営業マン時代は何十回もこの街に来ましたが、西洋文化と日本文化が入り混じった独特の雰囲気がとても好きです。
ただ、市内の道と町名を覚えるのにはとても苦労しましたがね・・・・・。(^^;)

そして今夜の宿となる嫁さんの実家に到着した時に、その事件は起こりました。

いつも車を停めているスペースが狭かったので、今回は違うところに停めようとしたのが事の発端。
実は嫁さんの家の周囲には高民地石がグルリと敷かれています。
その車道との段差、約10cmくらいでしょうか。
結構古いモノなので、表面は風化しかかってかなりガタガタになっています。
その高民地石に合わせてギリギリに停めようと思ったのが間違いでした。
ハンドルを切ってゆっくりと寄せ、民地石の横3cmあたりに停めようと思ったその時・・・・・。

「ガシュッ」

何かの音がしました。

「げ・・・・・・・・もしかして・・・・・・・・・」と焦る私に、嫁さんは
「小石、タイヤで跳ね飛ばしたんじゃない?」と。
いや・・・・・・今の音は・・・・・・

車から降りてホイールのリムを指でなぞってみると、悪い予感は当たりました。
リムの触感に違和感がある場所があります。
長さは5cmくらい。
ライターで照らしてみると・・・・・・・・・・・・・・・・

ホイールのリムに見事なガリ傷がぁぁぁーーーーっ!!!(号泣)


そして札幌に帰ってきた昨日の夜半に、我が家のガレージでもう1度しっかりと傷の確認をしてみました。
ホイールの傷

くーーーーーっ。
何度見ても泣けてきます。
削れ痕も気になりますが、一部分が削れて平らになってしまっています・・・・。
嫁さんは「どうしてもガマン出来なかったら、1本だけ新しいの買ったら?」と言いますが、
これ1本でラーメン100杯くらい食えますよ!?
そんな金はどこにもありませんって!!(涙)
諦めの悪い私は、せめてガリガリと削れた部分を少しでも目立たなくしようと思い、無駄な抵抗を試みることにしました。

用意したのはコレ。
ホルツ アルミパテ
リペア用品で有名なホルツ社のアルミパテです。
カー用品の量販店で1200円ちょっとで売っているやつですね。
パテ3に対し硬化剤1の割合で混ぜ混ぜして、傷の部分を脱脂洗浄した後ヘラで盛り付けていきます。

パテ盛り
もちろんマスキングはします。
じゃないと、余計なところにパテが付着して、もっと泣きを見ることになります。(^^;)
ザックリと盛り付けたあと、4時間ほどで初期硬化しますので、2時間ほど経過したところでマスキングを外します。
硬化ムラを作りたくないので、パテの上にサランラップを被せて養生します。

完全硬化までは24時間(10℃)かかるのですが、14時間経過した時点でサランラップを外し、研磨作業に入ります。
パテ研磨
研磨により、ホイールのクリア層が剥離したり傷が入る恐れが多分にあるので、薄手で丈夫なマスキングテープを使って、パテ部分以外を養生します。
使用したのは3M製のマスキングテープです。
値段は少し高いですけど、ノリの後も残らず耐水性もある非常に使い勝手の良い商品です。

そして余計なパテを350番の耐水ペーパーで粗方削ったあと、1000番の耐水ペーパーで形を整えていきます。
コツとしては「一気に削らない。優しく撫でるように削る」でしょうか。
その後は、仕事で使っているナノダイヤの入ったセラミック研磨剤を使って細部を整え、さらにこれまた仕事で使っている特殊なマイクロクロスで乾拭きポリッシュしまくります。

仕上がり
ガリガリの状態よりは随分マシにはなりましたが、やっぱり傷は見えちゃいますね。(^^;)
パテの部分は何をどう頑張って磨いてもピッカピカに輝く事はありませんでした。
ポリパテにアルミ粉が混じっているだけのものなので、当たり前といえば当たり前ですが。(汗)
ただこのホイールのようにポリッシュ仕上げ(鏡面)の上でなければ、かなりキレイに仕上がると思います。
純正のアルミホイールなんかの色であれば、かなり目立たなくなると思いますよ。

最初の状態よりは随分目立たなくはなったので、じきにこの傷も気にしなくなるような気もするのですが、どうしても気になって仕方ない時は、ラーメン15杯分くらいのお金を払って修正してもらおうと思っています。
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2007.10.29(Mon) 18:46] 3-5 ガレージTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

風神さんは by はりモグラ
きっとこの仕上がり程度では我慢できない人だと思います。

にしても、らしくない顛末ですね。もっとも、私もよく駐車場などで1号車をバックさせるときに真後ろのポールにミリ単位でニアミスしたりしてますが(笑)。
免許取立ての時のほうがもっと上手かった。車両感覚は日ごとに低下していると思われる昨今です。お互い気をつけていきましょう。

はりモグラさんへ by 風神
やっぱりそう思いますか?(汗)
でもまぁ、走ればある程度は傷が付いていく部分だし・・・・と自分に必死に言い聞かせています。(苦笑)

全く「らしくない」顛末なのですが、ちょっと集中力を欠いたらコレですもん・・・・。
イヤになってきます。(笑)
コレってやっぱり老化の始まりなんでしょうかねぇ・・・・・。(滝汗)
そんなの認めません!認めたくない!認めたく・・・・ないな・・・・。

コメントを閉じる▲

 ← ガレージについて考える ~その4・床~ | TOP | ガレージについて考える ~その3・ガレージドア~

COMMENT

きっとこの仕上がり程度では我慢できない人だと思います。

にしても、らしくない顛末ですね。もっとも、私もよく駐車場などで1号車をバックさせるときに真後ろのポールにミリ単位でニアミスしたりしてますが(笑)。
免許取立ての時のほうがもっと上手かった。車両感覚は日ごとに低下していると思われる昨今です。お互い気をつけていきましょう。
[ 2007.10.30(Tue) 10:20] URL | はりモグラ #FDdjqe3o | EDIT |

やっぱりそう思いますか?(汗)
でもまぁ、走ればある程度は傷が付いていく部分だし・・・・と自分に必死に言い聞かせています。(苦笑)

全く「らしくない」顛末なのですが、ちょっと集中力を欠いたらコレですもん・・・・。
イヤになってきます。(笑)
コレってやっぱり老化の始まりなんでしょうかねぇ・・・・・。(滝汗)
そんなの認めません!認めたくない!認めたく・・・・ないな・・・・。
[ 2007.10.31(Wed) 20:42] URL | 風神 #xJkBTR9U | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/215-c5bdc0ee
 ← ガレージについて考える ~その4・床~ | TOP | ガレージについて考える ~その3・ガレージドア~

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。