TOP > パーテーション
 ← 建具など内装に関して | TOP | 土地契約

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク パーテーション 

2006年10月01日 ()
M田さんに「無事土地契約になりましたよ~」とは、契約直後に電話で連絡を入れていたのですが、改めて今日、その報告と建具の打ち合わせの為に東日本ハウスへ行ってきました。
今回は、リビングと和室を仕切る建具をパーテーションに変更するかどうかが最大の目玉でした。

実は数日前、平面図をじーーーっと眺めていたところ、ちょっと気になる数値があったのです。
<内法高>
1F:外まわり-2128 室内-2000(特記ナキ折戸-2315)
2F:外まわり-2383 室内-2000(特記ナキ折戸-2315)

ちょっと待て・・・。
和室:CH=3012
リビング:CH=3012

・・・・ということは、もし和室とリビングの間を間仕切る建具が2000なら、和室の天井とリビングの天井の間に約1mほどの壁が出現することになります。
嫁さんに「気付いてたか?」と確認すると、嫁さんは判っていたようです。
ちょっと頭の中で想像してみます・・・。
別に「変」って訳では無いですが、私が求めていた「開放感」の弊害にはなる気がします。
そこで、そのことをM田さんに相談すると、「当初のプラン通りに建具を造作しても良いですし、それとも他に何か良い代わりになるパーテーション選んでも良いですし」という事だったので、今日改めて相談に行ったのです。

改めてサイズに関して質問してみると、やはり2000で設計されているとの事。
いくら頑張っても折戸サイズ(2315)までしか高さは上げられないという話でした。

「パーテーションはどの様なものがあるの?」と質問したら「これなんかが良いと思うんですけどねぇ~」と見せてくれたのはYKKapのカタログでした。
「結構な値段しますけどねぇ・・・」と少し脅されながら(笑)見せてもらうと、これがなかなかカッコイイんです。
気になる高さはというと、2142、2442、2732の3種類あります。
2732を選択すると、単純計算して天井からの壁は28センチほどになるということになります。
「どうします?これかなりカッコイイですけどねぇ~」とM田さん、私の目を見つめます。

1分後。

「決定です!これ入れます!」

それで、和室とリビングの間には、パーテーションが入ることになりました。
Nタイプのコンビパネル、カラーはビターブラック。
障子っぽく見えるTタイプと悩みましたが、結局これで。
フローリングにレールが付くのを嫌って、上吊タイプので決定です。

スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.10.01(Sun) 22:31] 1-3 設備・仕様決めTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 建具など内装に関して | TOP | 土地契約

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/49-4345f696
 ← 建具など内装に関して | TOP | 土地契約

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。