TOP > こんな葉書が届きました
 ← 断熱材施工と配線工事 | TOP | 夜中の探検

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク こんな葉書が届きました 

2006年12月11日 ()
基礎検査の葉書に続き、今日このような葉書が家に届きました。

構造・雨仕舞検査の葉書


前にM田さんに連れて行ってもらった現場のように、釘の打ってある場所がズレているとか、釘打ちの間隔が違うということは、私自身も目を皿のようにして探しましたが1箇所もありません。
大工さんは、釘打機で「タン・タン・タン」とリズミカルに、そして傍目から見ると適当に(!?)打っているようにも見えるのですが、近寄って見てみるとビックリするくらい等間隔で、隣のパネルと比べてもほぼ同じ位置に打たれています。
これが"職人芸"といわれるモノなんですね。

外壁の防風・防湿シートの上に付いている木材、「これでシートを押さえているのかな?」と思っていたのですが、色々調べてみるとこれが通気層になるということを知りました。
だからなんですね、それぞれに等間隔でクリアランスがあるのは・・・。

家作りに関して、私自身知識は皆無に等しいので、色々驚いたり感心したりすることが沢山あります。
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.12.11(Mon) 22:35] 1-5 構造などに関してTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 断熱材施工と配線工事 | TOP | 夜中の探検

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/77-201ddc86
 ← 断熱材施工と配線工事 | TOP | 夜中の探検

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。