TOP > あれ?勘違い??
 ← 梁表しの量 | TOP | 断熱材施工と配線工事

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク あれ?勘違い?? 

2006年12月20日 ()
最近、"仕事の合間を見つけては現場に向かう"というのが恒例になってきました。
こんな事では会社の責任者としては失格なのでしょうが、一生に一度しか無い家造りの記録を残さずにはいられません。(苦笑)
社員には申し訳ないと思いながらも、今日も現場に行ってきました。

一昨日は1階部分のみ断熱材が施工されていたのですが、既に2階部分の施工も終わっていました。
2階グラスウール


伺った時は、ちょうど天井の下地を付けている所でした。
天井下地
"天井ってどうやって支えているんだろう"と幼い頃から疑問に思っていたのですが、あれから30年後の今、ようやっとその疑問が氷解しました。(笑)



そして、自宅に戻ってこのブログを書いている今、新たな疑問が出てきました。
問題はこの写真を見ているときに気付きました。
リビング表し梁

紙で養生されているのがリビングの表し梁なのですが、私と嫁さんの予定ではコレを15?ほど表す予定でいました。
しかし金具の取り付け位置を見てみると、どうも15?も表せるようには見えません。

慌てて矩計図を見てみると、こんな風になっていました。
矩計図梁表し

どう見ても1?程度の高さでしか表しになっていないように見えます。
図面を見る限りではとても15?前後ではないのは明らかです。
明日大急ぎで、M田さんと?俣さんに連絡をしてみようと思います。
スポンサーサイト

人気blogランキングに参加しています!応援のクリックをお願いします。
読み終わりましたら、このバナーをポチッと押してくれると嬉しいです。

[2006.12.20(Wed) 23:07] 2-3 各種工事(上棟後)Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 梁表しの量 | TOP | 断熱材施工と配線工事

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://champfuujin.blog82.fc2.com/tb.php/78-bfa0f363
 ← 梁表しの量 | TOP | 断熱材施工と配線工事

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。